孤島で詐欺師は第六感を覚えるか

作者 今村ポン太

超能力芸人:佐藤キタロー vs 超能力者軍団

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公、佐藤来太郎は超能力芸人である。手品と心理テクでお茶の間を賑やかす、人気のTV芸人なのだ!もちろん、超能力など持ってはいない。そんな彼が、美人超心理学者に招かれ、孤島でバカンスと実験の日々を過ごすことに。しかし、一緒に集められた面々はホンモノの超能力者で・・・。
 超能力と密室殺人という相反する要素を同居させた推理物作品。主人公はもちろん、その他の面子も一癖も二癖もあり、誰が犯人なのか分からない展開が良い。超能力も空気にならずバンバン活用されますが、それでいて犯人確定に至らない匙加減が絶妙でした。
 各自の独白シーンや内面描写の重点が重めで推理パートはやや軽めかな?しかし、驚愕アンド納得の真相で、なるほどそうきたか、と膝を叩きました。
 変則の推理ものが読みたい夜におすすめです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@a_bird_in_cageさんの他のおすすめレビュー 960