転生姫様の最強学園ライフ! 〜異世界魔王のやりなおし〜

作者 灰色キャット

35・一味違う決闘」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 先輩も貴族に絡まれた人かぁ。
    少なくともこの学園内に碌な貴族生徒はあまり無さそうですね。そして貴族の権力が王族より遥かに大きく見えるですけど?不思議過ぎる。。。今回先輩の決闘要求は身分差の故に制限されたけど、何故王族である主人公さんがこの前に次々とちょっかいを掛けられた時は身分差別が働かなかったですかね。都合悪い時だけの嫌がらせの感じです

    作者からの返信

    感想ありがとうございます!
    あまり気にしない主人公ですが、本来なら厳罰されてもおかしくありません。
    この辺りの違和感はいずれ解消する予定です。……綺麗に出来ればいいのですが(^^;

    2021年7月20日 14:03

  • すべてのエピソード 23
  • 1・終わりと始まり 1
  • 2・ある朝の一コマ
  • 3・学園の入学式
  • 4・狼人族の馬鹿貴族 1
  • 5・ホームルームの時間
  • 6・初授業 1
  • 7・初訓練の一幕
  • 8・豚さんと遊ぶ少女
  • 9・はじめてのけっとう
  • 10・後悔先に立たず
  • 11・決闘前の授業
  • 12・家族の絆
  • 13・穏やかな時間と不穏の始まり
  • 14・貴族の誇り
  • 15・最初の決闘の終わり
  • 16・才能の塊(レイアside) 1
  • 17・疑惑の放課後
  • 18・裏切りの証
  • 19・悲しみを抱いて 1
  • 20・大切な人 1
  • 21・嵐の前の静けさ 1
  • 22・本当に大切な事(レイアside)
  • 23・裏切り者が託す物 2
  • 24・卑怯者への鉄槌 前 1
  • 25・卑怯者への鉄槌 後 1
  • 26・仲直りの友達 2
  • 27・エールティア、呼び出しを受ける
  • 28・特待生のクラス
  • 29・理解できない憎悪
  • 30・特待生達の訓練
  • 31・下校の寄り道
  • 32・お休みの朝
  • 33・休日の使い方
  • 34・苛立つ瞳
  • 35・一味違う決闘 1
  • 36・努力の天才(ハクロside)
  • 37・激戦の銀狐 1
  • 38・覚醒
  • 39・九尾の狐 1
  • 40・決着の刻
  • 41・銀狐族の仲間 1
  • 42・ある日の出来事(???side)
  • 43・スライム契約の時期
  • 44・スラファムの風景
  • 45・スライム族の長老
  • 46・初めての契約
  • 47・スライム族の転校初日
  • 48・不満な毎日(ジュールside)
  • 49・ビーリラの終業式
  • 50・対処方法の相談
  • 51・夏休みの計画
  • 52・初めて見る飛竜
  • 53・雪の名を冠する国
  • 54・歴史ある城
  • 55・策略の二人(ラディンside)
  • 56・出会った二人
  • 57・売り言葉に買い言葉
  • 58・ぶちぎれスライム 1
  • 59・反省を促す者(ジュールside)
  • 60・理解出来ない心境
  • 61・ただ一つ強者の為に(雪雨side)
  • 62・始まりし宴
  • 63・恐怖の敗北(ジュールside)
  • 64・ストレスの溜まる戦い
  • 65・喜びの中
  • 66・気付かなかった感情
  • 67・溢れ出す衝動
  • 68・遠き彼方の光景
  • 69・屋敷への訪問
  • 70・翌日の再会
  • 71・お祭りの日
  • 72・送魂祭①
  • 73・送魂祭②
  • 74・送魂祭③
  • 75・雪桜花を離れる者
  • 76・中継都市オルトリア
  • 77・得られた物
  • 78・踊る熊の花蜜亭
  • 79・悪質な宿屋
  • 80・吹っ掛けた喧嘩
  • 81・馬鹿の撃鉄
  • 82・人質奪還大作戦①
  • 83・人質奪還大作戦②
  • 84・人質奪還大作戦③
  • 85・人質奪還大作戦④ (ジュールside)
  • 86・宿屋の主との戦い
  • 87・騒動の後
  • 88・シルケット流
  • 89・夏の猫人族の国
  • 90・隠れ話
  • 91・中庭のお茶会
  • 92・国王陛下と出会う
  • 93・巡らせる策謀(???side)
  • 94・シルケットのお兄さん
  • 95・猫人族の忠告
  • 96・中庭のひと時
  • 97・ジュールの懺悔
  • 98・もう一人の王族
  • 99・襲ってくる者達
  • 100・成敗される者 1
  • 101・策謀のお時間(ベルンside)
  • 102・特訓スライム 1
  • 103・夏の終わり
  • 104・魔王祭の季節
  • 105・試験当日
  • 106・実技試験
  • 107・試験発表
  • 108・集まった者たち
  • 109・寄り道センチメンタル
  • 110・暗がりの向こう
  • 111・怒り心頭のお姫様
  • 112・話を聞かない兵士
  • 113・滲み出る父の愛情
  • 114・反対する父親
  • 115・遊びに行く二人
  • 116・予想外な客(???side)
  • 117・ご機嫌ジュール
  • 118・初めて出会う者 1
  • 119・きっかけの言葉
  • 120・初めての他人視点
  • 121・初めて見る決闘内容
  • 122・一人演舞
  • 123・銃を愛する者
  • 124・始まる道のり
  • 125・獣人国ガンドルグ
  • 126・ココロノキズ
  • 127・遅れた観光
  • 128・どこか見覚えのある顔
  • 129・魔王祭最終予選(雪雨side)
  • 130・夢の跡
  • 131・妖精族と獣人族
  • 132・空で吐露する気持ち
  • 133・中継都市センウェス
  • 134・素人の目利き
  • 135・好意の視線
  • 136・竜人の国ドラグニカ
  • 137・ひとりぼっちの黒竜人族(レイアside)
  • 138・考えなしの少女
  • 139・エンドラル学園の朝+α
  • 140・竜人族の学園長
  • 141・判断を下す者(フィレッドside)
  • 142・黒竜人族の皇子
  • 143・怒りの矛先
  • 144・みんなのアイドル
  • 145・魔王祭本選
  • 146・激戦の本選会場
  • 147・二重魔法(ベルンside)
  • 148・少女の可能性
  • 149・渇いた心(雪雨side)
  • 150・戦いの鼓動
  • 151・歓喜の中の鬼
  • 152・戸惑う者(アルフside)
  • 153・渇望する魂(雪雨side)
  • 154・激闘の末
  • 155・過去世界の男
  • 156・魔王祭の事情
  • 157・一日の終わりの夜
  • 158・魔王祭の裏(ガルドラside)
  • 159・準決勝突入
  • 160・準決勝の行方
  • 161・静かなる怒り
  • 162・感謝する者される者
  • 163・忘れていた大切な事
  • 164・妖精との戯れ
  • 165・形なき敗北(ガルドラside)
  • 166・全力の一撃
  • 167・蠢く者(ライニーside)
  • 168・水を差された優勝
  • 169・郷愁の思い
  • 170・別れは再会の約束①
  • 171・別れは再会の約束②
  • 172・去り行く学園
  • 173・久しぶりの故郷
  • 174・ただいまとおかえり
  • 175・来襲、鬼人族
  • 176・実力を測るは聖黒族
  • 177・『風阿・吽雷』
  • 178・王都で過ごす事
  • 179・お熱い二人
  • 180・熱い二人のその裏(アルシェラside)
  • 181・中央都市(王都)リティア
  • 182・有名税
  • 183・幼き暗殺集団
  • 184・命乞いの末
  • 185・特別ではない日
  • 186・既得権益層『貴族』
  • 187・彩られる城
  • 188・エスリーア公爵令嬢 1
  • 189・オーク族の貴族 1
  • 190・聖黒族の女王
  • 191・女王の観察眼
  • 192・敵愾心(アルティーナside)
  • 193・新年のガネラ
  • 194・悪夢の尾
  • 195・謀略の使徒(???side)
  • 196・夜闇の殺し屋
  • 197・見極め、刃を振るう
  • 198・奇妙な符号点
  • 199・同胞(???side)
  • 200・春の日差し
  • 201・初恋話
  • 202・誕生祭前のトラブル
  • 203・上がり続ける株
  • 204・安堵の吐息
  • 205・お披露目の時
  • 206・パーティーの中
  • 207・広場での演説
  • 208・襲い掛かる接吻
  • 209・真夜中の会談(ラディンside)
  • 210・上の空
  • 211・そして伝(わる一)説へ……(ジュールside)
  • 212・暴走竜『レイア』
  • 213・始竜の黄泉返り
  • 214・黒き決闘
  • 215・竜人の戦い
  • 216・未知の本気
  • 217・黒竜の告白
  • 218・鈍感なる夜明け
  • 219・新たな予兆(ファリスside)
  • 220・目覚めの竜人族
  • 221・夢見るままに揺蕩う存在(レイアside)
  • 222・帰ってきた日常
  • 223・特別待遇な歓迎戦
  • 224・合同訓練
  • 225・学園生活の素晴らしさ
  • 226・言い訳と特訓
  • 227・違和感ある転入生
  • 228・動き出す歯車(ガルドラside)
  • 229・避けられぬ決闘
  • 230・外れた道を知らぬ者(アルティーナside)
  • 231・考える瞳
  • 232・抗議するスライム
  • 233・怪しい魔人族
  • 234・広がる噂
  • 235・シルケット流(ベルンside)
  • 236・隠密部隊(フィンナside)
  • 237・過ぎゆく日々の中で
  • 238・親友の集い(リュネーside)
  • 239・再びの魔人族
  • 240・戦いまでの一か月
  • 241・刺客との攻防(雪風side)
  • 242・決戦の時迫る(イシェルタside)
  • 243・揺れ動く心
  • 244・決闘の日の意外
  • 245・嘲笑する王位継承者
  • 246・この世の地獄
  • 247・未熟な聖黒スライム①(ジュールside)
  • 248・未熟な聖黒スライム②(ジュールside)
  • 249・未熟な聖黒スライム③(ジュールside)
  • 250・ドワーフの激震①(レイアside)
  • 251・ドワーフの激震②(レイアside)
  • 252・始竜レイア(レイアside)
  • 253・激昂に触れたがる行為
  • 254・逆鱗
  • 255・子孫達の戦い
  • 256・決着の時
  • 257・違和感の原因
  • 258・決闘後夜
  • 259・逃走劇(イシェルタside)
  • 260・いなくなった夫人
  • 261・エスリーア家の妹令嬢
  • 262・妹は気にしない
  • 263・訓練スライム(ジュールside)
  • 264・エスリーア公爵、発見
  • 265・アルティーナの実力
  • 266・勝敗が決した後
  • 267・それぞれの道
  • 268・妖精の国フェリシューア
  • 269・鬼人族は知っている
  • 270・女王との謁見
  • 271・女王との遊び
  • 272・退屈な日々(ファリスside)
  • 273・予選開始
  • 274・圧勝の姫君
  • 275・激戦の二人
  • 276・否定する力
  • 277・困った襲来者
  • 278・ディエダムの外交官
  • 279・妖精達との別れ
  • 280・予想以上の国
  • 281・人混みを進んで
  • 282・盛り上がる魔王祭
  • 283・つまらない遊び(ファリスside)
  • 284・驚きと賞賛
  • 285・孤高のガンマン
  • 286・従者の成果(ジュールside)
  • 287・戦いの証明
  • 288・中盤戦突入
  • 289・黒竜人族の激闘(レイアside)
  • 290・黒竜乱舞(レイアside)
  • 291・かつて弱者だった者(レイアside)
  • 292・赤と黒の竜(レイアside)
  • 293・どんでん返し
  • 294・再開した戦い
  • 295・焦燥のスライム
  • 296・運命の決闘
  • 297・素早く撃ち抜く者
  • 298・色属性の混ざり合い
  • 299・全てが白に染まりゆく
  • 300・魔王祭の合間
  • 301・唐突の訪問者
  • 302・対照的な二人(レイアside)
  • 303・飢渇絶刀(雪雨side)
  • 304・鬼の血(雪雨side)
  • 305・振り返る者達
  • 306・南西地方の猫人族の意地
  • 307・本気の猫人族
  • 308・準決勝前のお姫様
  • 309・(不)穏やかな時間
  • 310・余計な事(ローランside)
  • 311・準決勝の幕開け
  • 312・偽りの純粋
  • 313・偽物の黒
  • 314・興奮の瞳(ファリスside)
  • 315・届かぬ刃
  • 316・敗北を刻む者
  • 317・鬼の戦い
  • 318・激戦?の中(雪雨side)
  • 319・広がる恐怖(雪雨side)
  • 320・雄々しき漢(ファリスside)
  • 321・意外な結末
  • 322・本の中の君
  • 323・垣間見える真実
  • 324・待ち焦がれし者
  • 325・凄まじき攻防
  • 326・エールティアの剣戟
  • 327・過去の少女
  • 328・気付いた感情
  • 329・愉悦の戦い
  • 330・決着宣言
  • 331・光の後ろの影(ファリスside)
  • 332・舞台に上がるその前に
  • 333・心溢れる感謝
  • 334・似てない複製体
  • 335・副都への道
  • 336・光にある影
  • 337・闇から討つ者
  • 338・生み出された者
  • 339・原初の黒
  • 340・暗闇の中の記憶
  • 341・必要とされるもの
  • 342・斬り捨てられしスライム
  • 343・時間稼ぎ
  • 344・語るダークエルフ
  • 345・明けた日の事
  • 346・新年を迎える準備
  • 347・街並みの光景
  • 348・満足なの?
  • 349・からかわれる少女
  • 350・スライムとの和解(ジュールside)
  • 351・唐突の和解
  • 352・戦いの鐘
  • 353・仲間との戦い
  • 354・妖精演舞(ローランside)
  • 355・複製体の戦い(ローランside)
  • 356・暗躍した者との邂逅①
  • 357・暗躍した者との邂逅②
  • 358・ようやくの戦闘
  • 359・一区切り
  • 360・無色透明な戦い
  • 361・切り上げられた戦い
  • 362・戦いの後
  • 363・西地区の治療院
  • 364・図に乗る護衛
  • 365・癒し手の力
  • 366・悔しさの押し殺し
  • 367・召喚される姫
  • 368・北の国の王
  • 369・情報交換の場
  • 370・感じざるを得ない疲労感
  • 371・賑わいの宿
  • 372・意外な言葉
  • 373・ようやくの一息
  • 374・再始動
  • 375・再会した者達
  • 376・チーム『エールティア』
  • 377・北西の国へ
  • 378・ヒューザードの隠れ家
  • 379・生き残り
  • 380・管理人
  • 381・隠された秘密
  • 382・邪悪な研究
  • 383・オルコーの手記
  • 384・別れの言葉を
  • 385・帰る場所へ
  • 386・チーム『アルフ』(アルフside)
  • 387・小国に存在する拠点(アルフside)
  • 388・子供の喧嘩(レイアside)
  • 389・気まぐれの力(ファリスside)
  • 390・拠点捜索(ファリスside)
  • 391・模擬戦場(ファリスside)
  • 392・先祖の複製(レイアside)
  • 393・最強の一角(レイアside)
  • 394・力の証明(レイアside)
  • 395・認められし者(レイアside)
  • 396・昔の自分(レイアside)
  • 397・合流に向けて(ファリスside)
  • 398・気まずい関係(雪風side)
  • 399・騒動の発端(雪風side)
  • 400・ウルウェーズの拠点(雪風side)
  • 401・最凶の一人(雪風side)
  • 402・違い過ぎる価値観(雪風side)
  • 403・単独にて夜を駆ける(雪風side)
  • 404・具現化した死神(雪風side)
  • 405・間近の死(雪風side)
  • 406・鬼人族として(雪風side)
  • 407・死してなお(雪風side)
  • 408・不完全燃焼(雪風side)
  • 409・生還した鬼人族(雪風side)
  • 410・飲兵衛共の哲学(レアディside)
  • 411・帰還の鬼人族(雪風side)
  • 412・集合の刻
  • 413・エールティア派、集結
  • 414・動き出した父(ラディンside)
  • 415・再び訪れた地
  • 416・宿屋での話し合い
  • 417・攻略編成
  • 418・森の中の闇
  • 419・エールティア達の拠点侵入
  • 420・一方その頃の三人(ヴァティグside)
  • 421・雪風へのメッセンジャー
  • 422・再び見えた武人
  • 423・荒ぶる魂(雪風side)
  • 424・鬼神族VS聖黒族(レイア&雪風side)
  • 425・決着の瞬間(雪風side)
  • 426・救われた命
  • 427・一つの区切り
  • 428・監視の日々
  • 429・まるで悪党みたい
  • 430・薄っぺらい厳重
  • 431・女王陛下と聖黒族の複製体
  • 432・二カ国会議の模様
  • 433・会議の疲れ
  • 434・予想外の来訪者
  • 435・親子水入らず
  • 436・聖黒族の思惑(ラディンside)
  • 437・思いを馳せる
  • 438・失くした気持ち
  • 439・帰ってきた故郷
  • 440・母の温もり
  • 441・穏やかな暮らし
  • 442・不穏の始まり
  • 443・母の心眼
  • 444・公爵家の力(ラディンside)
  • 445・雪風の憂鬱
  • 446・ジュールの不安
  • 447・出発の時間
  • 448・子爵領クルテル
  • 449・仕方がないから攻めていく
  • 450・潜入、ティリアースの拠点
  • 451・接敵のエールティア
  • 452・一方その頃のジュール(ジュールside)
  • 453・奇襲させてみよう!(ジュールside)
  • 454・越えられない一線(ファリスside)
  • 455・迷走した先
  • 456・誰も操れない
  • 457・少女への使者
  • 458・近づいて行く面倒事
  • 459・異様な町の空気
  • 460・貴族の殴り合い
  • 461・転じた攻め
  • 462・無知の人形
  • 463・一筋の光
  • 464・次に向かうは
  • 465・ルーセイド伯爵領
  • 466・到着した町の違和感
  • 467・幻惑の町
  • 468・魔導具の力
  • 469・祭りばやしが夢の跡
  • 470・新しい町へ
  • 471・(拠点への)中継都市ザインド
  • 472・今までと違った場所
  • 473・闇の中の更に奥
  • 474・舞い散るもの
  • 475・鉄の獣