わたしの魔王さま

作者 士事人

120

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この作品は、主役2人が物語のほとんどを占めているのだが、読んでいて飽きない。むしろどんどんと2人に魅せられていくので、読んでいて楽しい。

 ヒロインの一人称の語りは高校生らしく、難しい言葉を使わずに、それでいて出来事に対する反応や心情を豊かに表してくれている。
 普通の女子高生である彼女のことを、徐々に魅力的に感じるこちできる、大きな要因になっているだろう。

 もう1人のメインパーソンである柊くんという男子のときは、また雰囲気が少し違った彼らしい語りを見ることができる。

 作品を通じて、作者がメインの2人の性格をよく理解して書かれているのが伝わってくる描写。

 恋愛感情の発展は本当にゆっくりだが、しかし確実に進んでいくので、読む側も主役の2人ことを理解しながら、2人のことをそばで見守る友人的な距離で楽しめる作品だ。

★★★ Excellent!!!

文章も読みやすく、内容も凝っているという素晴らしさ!
最初は「おや、王道かな?」と思いましたがそんな単純じゃありませんでした!上手く見せているもの隠しているものがあり、予想しながら読むのも良し!ドキドキワクワクしながら読むのも良し!
二重で楽しめる作品です!

★★★ Excellent!!!

人と話せない主人公と話ずらい雰囲気をまった魔王とよばれる少年の話でした。
今は、夏休みを読んでいますがここから主人公はもっと心の中に入ってきそうですね。
お互いが何んらかの理由で今の状況になっていて。
どちらもどれだけ相手の心の中に踏み込んでいいか考えているのがとても良かったです。

★★ Very Good!!

拝見いたしました。
引っ込み思案のゆいちゃんの繊細な心の機微が丁寧に描かれており、これからの魔王との関係がどう変化するのか楽しみな作品です。
第7話で視点が主人公から切り替わったときに、あれ?となったので、※マークなり、行間が開けたらよいのかなと思いました。

素敵な作品をご紹介下さりありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

・面白かった点
 ・キャラに対するこだわりの強さが際立っていました。こんな女の子を描く、こんな男の子を描くと決めて、それを絶対に崩さない意志を感じられました。
 
 ・ゆいが可愛い。本当にいいキャラをしている。色々理由をつけてしないとか、かっこつけてしない、という方向に持っていきがちなこのキャラを、本当に心底怖いのだと。一歩踏み出す勇気が湧いてこないのだとしつこく表現する所にキャラへの愛を感じました。

 ・魔王 (柊くん)も良いキャラしている!やれやれ系のような長文を吐くこともせず、似ていないはずなのにコミュニケーションが乏しいという似た点も炙り出していました。

・期待している点
 ・是非、今の徐々に変わっていく雰囲気を崩さずに、最後まで描き切ってください!!私はスマホの前で拝みながら拝読いたします!!

★★ Very Good!!

 Mein Vater, mein Vater, und hörst du nicht?
 彼を見るたびに脳内に流れるのは、シューベルトの『魔王』だった。

 同級生の柊匡也は、威圧感あふれる寡黙な青年。
 対人恐怖症の少女、花鈴ゆいは過去の偶然から彼と知り合っており、勇気を振り絞って声を掛ける。過去は現在へ、そして、二人の未来へとつながる物語。

 一人称で展開される、気弱な少女の日々。
 常にびくびく、おどおどしているけれども、それでも前に進もうとしている。そして、彼もまた薄暗い過去を抱えており――。
 まるで、ベートーヴェンの『田園』のように穏やかに流れる、日常の小説。

★★★ Excellent!!!

引っ込み思案な主人公に萌え死にそうになります。
主人公の性格を反映しているような彼女の独白、地の文から滲み出る繊細さ。
一体、彼女はこれからどう成長していくのかがとても楽しみになる作品です。

わかる。
わかるぞその気持ち。
相手を想うからこそ、相手に自分を開示できない。
そんな、誰でも持っている普遍的な感情を呼び起こしてくれるような良作です。