記号たちは明日へ進む

作者 八番出口

記号化された少女たちのアオハル・ストーリー

  • ★★★ Excellent!!!

本作はコメディであり、ハートフルであり、チートである。

それらは、読者の感性や経験値によって様々な色彩に見えるだろう。が、すべては幻想でありながらも、我々の心の中で確かに存在する虚構であり、されど、むなしさだけではなく、しっかりとぬくもりを感じることができる生命なのだ。

記号を与えられて生を受けたはずの少女たちは、作者の都合によりボツキャラクターにされて〝この世界〟へやって来る。それは、少女たちの終わりを意味するものではなく、希望と可能性に満ちあふれた新しいはじまりだ。

そんな記号少女たちの日常風景と成長の軌跡を、あなたは知りたくありませんか?

『記号たちは明日へ進む』

カクヨムにて絶賛公開中です♡(ニコッ)





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ボツになったキャラクターは一体どうなるのか?
僕も一度は想像したことはありますが、たたそれで終わっていました。
 しかし、この作品は一味違います。
僕達読み手にとっても、そしてもちろん書き手にとって… 続きを読む

黒巻雷鳴さんの他のおすすめレビュー 15