記号たちは明日へ進む

作者 八番出口

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

登場人物たちが記号的といわれればそうなのですが、その概念を突破するような、恐るべき何かがこの作品には宿っています。
正直、作者のセンスから繰り出される、読者を飽きさせない物語に、最初からこちらもフルスロットルでかからないと、脳が焼かれます。
腹がよじれる、ともいいますが、それだけではありません。
共感できるエピソードが存在し、それは愛すべき記号たちと読者の距離を縮めてくれます。
どこかにいそうな、そんな親近感のある登場人物たち。

ギャグやコメディとあなどることなかれ、恐るべき名作です。

★★★ Excellent!!!

ボツになったキャラクターは一体どうなるのか?
僕も一度は想像したことはありますが、たたそれで終わっていました。
 しかし、この作品は一味違います。
僕達読み手にとっても、そしてもちろん書き手にとっても何か新しい視点に気付かせてくれる。
 そして、沢山の個性豊かな登場人物達それぞれには独特の世界観があり、一つの作品であるにも関わらず、いろいろな作風の世界観が味わえるのです。
これはそんな素晴らしい物語なのです。

ある作品を連載していて、
最近先の展開に行き詰まってしまった。
そういう経験のある書き手さんはいませんか?

もしそのような経験があるのでしたらこちらの作品を是非読んでみてください。

この作品はその展開の行き詰まりを起こしにくいよう非常に上手く工夫されています。