記号たちは明日へ進む

作者 八番出口

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 爆笑王決定トーナメント 6/7へのコメント

    何故日本人は正座を作ってしまったのでしょうか………

    春心ちゃん大丈夫、私も座右の銘の上下はわからん!
    今日も笑わせていただきました!笑

    作者からの返信

    肥前さん

    いつもコメントありがとうございます!m(_ _)m 笑っていただけてとても嬉しいです!

    正座の歴史って意外と浅いみたいですね。奈良時代からあったけど、普及させたのは明治政府みたいな説が。明治政府め……

    座右の銘には上下はないはずだと私自身は思ってます(笑)

    2021年6月14日 13:07

  • 爆笑王決定トーナメント 5/?へのコメント

    徹子の部屋かなって思ったらなんかもう全裸トークで笑ってしまいましたwwww

    作者からの返信

    肥前さん

    コメントありがとうございます!
    なんかもう二行も持たずにお題から逸れていきますよね(笑) 万が一R18判定されたら、この回を削除しなきゃいけないのかなあと不安になりながら書きました!!!

    2021年6月8日 00:44

  • 爆笑王決定トーナメント 4/?へのコメント

    〉俺が、姉さんの代わりに、姉さんに関わるすべてのことをやってあげればいいんだ! そうすれば、姉さんはボロを出さずに済む!
    やべえ弟出てきたなあ…


    ルシアちゃんかわいい! けど、この流れからすると……?

    作者からの返信

    肥前さん

    いつも読んでくださってありがとうございます!

    弟の方はいつか愛ゆえに犯罪を起こしそうな臭いがしますね。

    ルシアについては、ちゃんとかわいいボケになってるかどうか、結構不安でした。
    流れはあってないようなものなので、あんまりまともな方向にはいかないような気はします……(笑)

    2021年5月30日 23:10

  • 羞恥心とミステリー(事件編)2/2へのコメント

    これはまた新しいボツキャラクターの登場ですね。
    通学路のエロ本ってありましたよねえ。今なら汚く感じすぎて近寄ることも出来ないですが(笑)
    あと、途中で誤字らしきものとして「ゴミを拾いを」という表記がありました。

    作者からの返信

    アクリル板Wさん

    誤字報告と、あと先日は素敵なレビューをありがとうございました!

    捨てられてるエロ本の類って最近あまり見ないですけど、この前ショッピングモールのゴミ箱にTo LOVEるの画集が捨てられているのを見かけたので、ある所にはまだあるんだなあという気がします(笑)

    2021年5月30日 00:34

  • 爆笑王決定トーナメント 3/?へのコメント

    だめだおかしすぎて笑いが止まらないwwww

    作者からの返信

    肥前さん

    いつもありがとうございます!m(_ _)m
    なるべくめちゃくちゃなお話になるよう、続きもがんばります!(笑)

    2021年5月24日 02:43

  • そして夏服。青春。 1/2へのコメント

    これは面白い! このキャラたちが没になったなら、いったい本編の連中はどんななのやら笑

    作者からの返信

    ここプロさん

    感想ありがとうございます!そして素敵なレビューまでいただけて、本当に嬉しいです。

    没になる理由って単につまらないからというだけじゃなくて、大人の事情というのもあるのかもしれませんね。

    2021年5月16日 19:35

  • 爆笑王決定トーナメント 1/?へのコメント

    5分後に爆笑王決定トーナメントってもうわけがわからないよwwwww

    ルシアちゃんふぁいとー!

    作者からの返信

    肥前さん

    結構間が空いたのに、またコメントをいただけるなんて……ありがとうございます!m(__)m

    5分後開催って、本当にできるんですかって感じですよね(笑)

    2021年5月10日 03:39

  • 余白の居住者 3/5へのコメント

    >ギャグとホラーってすごく近いときがある
    すっごくよくわかる。
    怖いの苦手なんですが、どうしてもギャグにしか思えなくて笑っちゃうことがあるんですよね……

    >実を言うと、私、春心と朱音が怖くなるときがあるんですよ

    これもよくわかる……

    しかしはるちゃん、それは違う。ホラーぜってーちがう。

    作者からの返信

    肥前さん、コメントありがとうございます!

    ギャグとホラー、似てますよねぇ。しかも「一周してギャグになる」みたいな、一周するという現象もあるので、ほんとややこしいなと思います。

    「これもよくわかる……」というコメントに笑ってしまいました。やっぱりあの二人、怖い時あるんですね(笑)

    春心は回が進むごとにボロが出ますね!

    2021年3月29日 04:46

  • こんにちは、クレイジー師匠 4/4へのコメント

    焼いてはいるね!!!
    チキンカレーなら焼き鳥ワンチャン!!()

    作者からの返信

    そうです!焼いてはいるんですよ!

    でも考えてみたら鳥って基本焼いて食べますよね(笑)

    2021年3月22日 03:39

  • お前の守備範囲すげーな!へのコメント

    すごすぎじゃない春心ちゃん!?
    円周率までわかっちゃう……は、「嘘」もボケなら嘘発見器出来るんじゃ!!!?

    久しぶりのギャグ、楽しいです!

    作者からの返信

    ロンズさん!楽しいと言っていただけて嬉しいです!

    なんかサブキャラになった途端おかしな人になる説ありますね……。嘘かどうかを見極めるために、わざとボケてもらう……ややこしいシチュエーション(笑)

    2020年10月19日 00:27

  • 同じ記号を背負った少女 3/3へのコメント

    五人で来るのは100年ぶり…
    対して沙杏は1人きり……

    中々しんどいですね…

    作者からの返信

    肥前さん、コメントありがとうございます!

    そうですね、この境遇の違いが、今後のわかりやすいテーマの1つかもしれません。続きを楽しみにしていただけたら嬉しいです。

    まあ次回はギャグ回なんですけどね……(笑)

    2020年10月8日 23:25

  • そして夏服。青春。 2/2へのコメント

    没キャラの感情というのが面白いです

    作者からの返信

    静内さん、コメントありがとうございます!面白いと言っていただけて嬉しいです!!!

    2020年10月8日 23:19

  • 暗がりの奥から 3/3へのコメント

    ルシアの話はシリアス目だ……

    そして見知らぬギャルは一体!?

    作者からの返信

    ふざける人がいませんからね……(笑)。ただ、この小説でシリアスをやる意味をちゃんと考えながら書いていきたいとは思っています!

    謎のギャルの今後に注目です!

    2020年9月20日 21:54

  • ある夏の群青 8/9へのコメント

    朱音のセリフに感動する日が来るとは……

    作者からの返信

    宮本さん、ここまで読んでくださってありがとうございます!嬉しいです!

    たま~に、シリアスになります(笑)

    2020年9月1日 22:41

  • 少女たちはどこへ行ったのか 3/3へのコメント

    八番出口様、こんばんは。コメント失礼します。

    面白い論理パズルでした。一連のやりとりには、米澤穂信や麻耶雄嵩を想起させられました。(作家名を出すことが失礼に当たっていたらすみません)

    『自らの思考だけが、光の速さで遥か先まで飛んでいってしまう。言葉が置いていかれないように、メーベルは必死で喋り続ける』
    この表現から畳み掛けるように続いていく正解への論理。この無意味なゲームに強烈な意味を感じさせる筆致でした。

    部長の推論もぜひ見てみたいですね。

    作者からの返信

    白湊さん、コメントありがとうございます。

    無意味なゲームに強烈な意味を感じさせる、と言っていただけるのはとても嬉しいです。言ってしまえば、小説を書くのも無意味と言えば無意味ですからね。

    意識してそうしてるわけではないのですが、私が普段買って読んでる小説はだいたいミステリなので、そういう先生方の名前が出て来るのは間違ってないです。というか、恐れ多すぎます(笑)

    だからこそミステリの難しさはわかっているので、私は書けないし、書かないぞと思ってたんですけど、メーベルが主人公の場合はコメディに逃げたらだめだなと思ってがんばって挑戦してます。うーん、難しいです。部長の推論を描写する気力はいまのところありません(笑)

    2020年8月17日 01:45

  • 少女たちはどこへ行ったのか 1/3へのコメント

    八番出口様、こんばんは。コメント失礼します。

    この面子でどんな『九マイルは遠すぎる』が繰り広げられるのか、どきどきします。
    エクストリーム・アイロニングって実在する競技なんですね! 高所、水中……なんとも凄まじい。おかげで一つ知識が増えました。

    作者からの返信

    白湊さん

    コメントありがとうございます。
    九マイル形式は読んでいる方よりも書いている方が絶対に楽しいと思います(笑)。同時に上手く書く難しさも痛感しました。

    今回の話を書くまで、エクストリーム・アイロニングは有名なマイナースポーツだと思い込んでいたのですが、色々な方の感想を見る限り、そうでもないようで驚きました。まあ、有名なマイナースポーツって字面がおかしいですもんね(笑)。

    2020年8月16日 02:35

  • ラフ&ピース部誕生秘話 2/2へのコメント

    ……イイハナシカナ-?
    取り敢えず創立秘話は秘話のままでよかったかもしれない……(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    涙なしには語れない回でしたね。いい話でした。そうですよね。ね?(圧力)

    2020年8月9日 23:36

  • ラフ&ピース部誕生秘話 1/2へのコメント

    これが原因で倒れたとしか思えないほどの熱量を感じました。ステイ・クール、エイス・イグジット!

    作者からの返信

    この校長式辞で倒れたのかと思うと、私の人生よくわからないですね……(笑)。

    それは冗談として、今回は体力的にきつかったので、熱量の部分を褒めていただけたのは嬉しいです。

    黒巻さんに受ける話がどんな話か、なんとなくわかってきた気がします。気がするだけです(笑)

    2020年8月4日 00:15

  • 少女たちはどこへ行ったのか 3/3へのコメント

    エクストリーム・アイロニング

    そんなバカなヤツあるか!
    と思って検索かけたら……


    ホントにあった……( ゚д゚)

    とてもためになるミステリーでした。世間ってば懐広い

    作者からの返信

    ためになるミステリーとは、温かいコメント、ありがとうございます!

    エクストリーム・アイロニングって本当にあるんですよね。今回、知らなかったという方が結構いらっしゃったので、意外と知名度は高くないんだなということがわかりました。そりゃそうか(笑)

    2020年7月22日 08:34

  • ある夏の群青 9/9へのコメント

    シリトリドラゴンで呼吸困難になるほど笑って、
    こんな素敵なオチが来るなんて思わないじゃないですか!!!!

    順哉の行動原理もなるほどなあ、と、思ったし、
    何より朱音ちゃん、あなたいい事いいますね! クレイジーなのに!!!(笑)

    素敵なお話をありがとうございます!

    作者からの返信

    なんかいい話になってしまいましたね(笑)。素敵だという言葉がとても嬉しいです。

    なんだかんだで、朱音はすごく美味しいポジションにいますよね。

    ここ数日で一気に最新話まで読んでいただき、本当にありがとうございます。やはり読んでいただけることが一番嬉しいです。

    2020年7月16日 20:29

  • ある夏の群青 4/9へのコメント

    それはやめなさーーーーーーーーーい!!!!!
    お前はスサノオか!!!!

    追伸
    スサノオは、お姉さんの天照大神とバトルで勝った後、お姉さんの仕事場である高天原の神殿にうんこをしまくったのです。
    マイナーなネタ振ってごめんなさい(>_<)

    ちなみに、スサノオは海の神様です!!!

    作者からの返信

    スサノオ伝説に疎いのでよくわからないのですが、もしかしてスサノオって排便の神だったりするんでしょうか……。

    追記
    いえいえ、お気にならさず!

    それにしても、よかった。排便の神じゃなくて……。でもその行動を見る限り、やっぱり排便の神の素質はあると思いますよ……(笑)

    2020年7月16日 20:22 編集済

  • ある夏の群青 2/9へのコメント

    >餅を焼かずに食べてみた!
    どぉしてそんなことするの……???

    そして志保ちゃんあなたも中々クレイジーだと思います。

    作者からの返信

    それは登山家に「どうして山に登るんですか?」と尋ねるようなものですよ。そこにクレイジーがあるから、です。

    いや、やっぱなんか違いますね。全然違いますね。

    2020年7月16日 20:17

  • ある夏の群青 1/9へのコメント

    >織田信長なんて、どぉお~でもいい
    わかる~~~~~~!
    それよりエアコン作った人の方が重要だよね~!

    土踏まずの時といいセンスあるなあ朱音ちゃん。

    作者からの返信

    肥前さん、コメントありがとうございます。

    そうですよね、日常で「織田信長がいてよかったぁ~」と思う瞬間ってないですよね。エアコンの方が大事だと思います。……呪われたりしないか急に心配になってきたので、一応こう言っておきます。信長サイコ~!

    そして、素敵なレビューをありがとうございました。すごく熱のこもった文章で書いてくださいまして、本当にもう、肥前さんには頭があがりません……!

    2020年7月16日 20:16

  • いざないマンモス 1/4へのコメント

    コメントを失礼します。

    ちょうど今、夏の盛り、七月ですね。駄菓子屋と云うノスタルジック空間から繋がる研究施設。偶然、白百合研究室なる舞台で『白百合の病』の関連作を書いている最中、何か通じ合う「記号」を見付けてしまった気分です。

    先生の発明品に、また後程お目にかかりたいと思います。

    作者からの返信

    ここまで読んでくださってありがとうございます。ちょうど、物語の中の季節と重なりましたね。

    今回のエピソードから、何か少しでも共通点のようなものを感じていただけたのなら嬉しいです。

    2020年7月16日 21:40

  • 地図のない世界で 2/2へのコメント

    八番出口様、先日は、あたたかい御返信をありがとうございました。

    魔法少女と言えば箒ですかね。怖くない七不思議。地図の無い世界。バリエーションが豊かで、コミカルとシリアスの幅が広く感じられ、楽しませていただきました。

    「法律(しょうがい)なんていくらでも乗り越えられる」という百合ごころの後に、「生き方や、生まれた意味を考えることは、著しく精神を疲弊させる。哲学という学問が、誰かが仕掛けた一種のトラップなのではないかと勘繰ってしまうほどに」という真面目な問いが置かれているところ、殊に興味深かったです。文学も或る種、トラップなのではないかと思いながら拝読しました。

    作者からの返信

    宵澤さん、コメントと評価をありがとうございます。

    この小説は基本的にはコメディですが、やはり生きていたら楽しいことばかりではないと言いますか、どこかでシリアスもやるざるを得ないなと感じています。

    なるほど、文学も確かに罠だなと思ってしまいました……(笑)。そうですよね、確かに罠です。

    2020年7月16日 14:39

  • あなたの心に異世界転生へのコメント

    題名がとてもオシャレですね。
    文化的すぎます。
    とても洗練されたセンスで素晴らしいと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    オシャレという方向の褒め言葉をいただいたのは初めてなので、とても嬉しいです。ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。

    2020年7月16日 01:32

  • 羞恥心とミステリー(解決編)2/2へのコメント

    八番出口様
    このたびは『白百合の病』を読み進めて頂き、ご評価も賜りまして、誠に有難うございます。

    少女たちを「記号化する」という試み、興味深く拝読しておりました。或る意味、この記号化された少女たちは、八番出口様の「コレクション序説」の味わいを醸しているのかもしれませんね。
    もう少し先を拝読してから、☆を置かせて頂きますね。失礼しました。

    作者からの返信

    宵澤ひいなさん、初めまして。

    『白百合の病』、よかったです。今度そちらのコメント欄に伺いますね。

    コレクション序説、と例えられたのは初めてです。言われてみればそうかもしれないなという気がします。

    言うまでもありませんが、読むペース、評価するしないはどうぞ宵澤さんのご自由になさってください。読んでいただけるだけで嬉しいです。

    わざわざご丁寧なコメント、ありがとうございました。

    2020年7月15日 04:45

  • 遅すぎた胎動へのコメント

    20ぷーん!?
    無理だーーーー!!

    作者からの返信

    はい、無理でした(確定)。

    2020年7月14日 19:09

  • お尻ザウルスへのコメント

    会話のテンポがとても速くて読みやすかったです。
    生きているなという感じが伝わってとても良いなあと思いました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    生きていると感じていただき、とても嬉しいです。また気が向いたら読みに来てください!

    2020年7月12日 16:47

  • 少女たちはどこへ行ったのか 1/3へのコメント

    エクストリームアイロニング部が健在で良かったです。……あれ? もしや、まさかの!?( ゚∀゚)フアッ!?

    作者からの返信

    エクストリームアイロニング部は少数精鋭でなんとか存続してます。部活に目をつけるのは正解というか王道という感じはしますよね。最初にあんなに羅列してるんで……(笑)

    2020年7月12日 00:57

  • 檸文高校の七不思議へのコメント

    ごめんなさい、笑いすぎてなんてコメントすればわからないのwwwwww

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    すいません、学校の七不思議の話じゃなくて、ただの不思議なおばちゃんの話になってましたね……

    2020年7月11日 20:44

  • 無機質の温度 2/2へのコメント

    クレープウーマン……ここはアンパンマン方式でクレープンナでどうでしょう。

    初コメがこんなのでごめんなさい( ¯•ω•¯ )

    作者からの返信

    肥前さん、はじめまして。
    その方式は初めて聞きました(笑)。

    考えてみればなんでしょうね、あの○○パンナって。なんとなくノリでやってる気がします。

    どんなコメントでも構わないですよ。読んでいただけるだけで嬉しいです。

    2020年7月9日 21:51

  • そして夏服。青春。 1/2へのコメント

    初めまして。企画から参りました!
    企画参加作品の中でも特に設定が面白そうで目を引かれました!

    没キャラといえど、とても個性的なキャラクターだなと思います!会話も面白かったです。

    少しずつ読ませていただければと思います。

    今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    作者からの返信

    白藍京さん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    読むペースはご自由にどうぞ。読んでくださるだけで嬉しいです。

    こちらこそ、よろしくお願いいたします。

    2020年7月9日 14:38 編集済

  • 喫茶店にて 2/2へのコメント

    八番出口様、コメント失礼します。

    うって変わってシリアス寄りのファンタジーテイストな物語になりましたね。
    それにしても、中心が春心からルシアに移ったことで描写がガラッと変わりましたね。二人の世界の見え方の違い、と言ったところでしょうか。素晴らしいです。

    ルシアのお話も楽しみにしてします。オ・レ・グラッセは飲み方が、難しい……。

    作者からの返信

    白湊さん、コメントありがとうございます。

    実は今回、複数の方から文章が変わったとか、変なギャグがないとかって感想をいただいているのですが、残念ながら(?)私は感覚的には何かを変えたつもりはないんですよ。
    つまり、狙ってやってるわけでないんです……(笑)。

    どう考えてもルシアの性格に引っ張られたんだと思います。三人称でもそういうことって普通にあるんだなあと、今回はすごく勉強になりました。

    今回は予告編のようなもので、ルシアのメイン回が始まるのはもうちょっと後になりますが、始まったらぜひ注目してください。

    オ・レ・グラッセの飲み方は、確かにちょっと気を遣いますよね(笑)。

    2020年7月8日 04:53

  • そして夏服。青春。 2/2へのコメント

    ボツになったキャラクターの視点から描き、1つの作品にする。非常に興味深く、かつ愉しいアイデアだと思いました。

    創作つながりの友達が、「ボツにした文章でも、いずれどこかで何かしらの形で使いたいと思う」というようなことを言っていました。
    ボツになったと言っても、それはたまたま今書いている作品にそぐわないものだったというだけで、必ずしもアイデア自体が悪いわけではない。だから、それを時間が経ってからでも良いので拾い上げて形にしていきたい、みたいな話だったと思いますが、個人的に共感できましたね。この第2話を読んで、そんなことを思い出しました。

    作者からの返信

    設定の部分を丁寧に掘り下げてコメントしてくださり、本当にありがとうございます!

    ありがたいことに、他の方から「どうしてこんなに濃いキャラがボツになったのかわからない」というような感想をいただくことがあります。

    しかし私は、キャラクターがボツになるのは「駄目だから」という理由だけではないと思っています。色々な事情があるはずなんです。

    そのことについて言及してくださったのは、たぶんサンダルウッドさんが初めてだと思います。

    とは言え、捨てられた方は捨てられたとしか思ってないのでしょう。

    ボツキャラクターだからこそ持ち得る感情を、要所要所で描けていけたらなと思っています。コメディなので基本は明るい話なんですけどね。

    2020年7月4日 22:25

  • 喫茶店にて 2/2へのコメント

    難しい漢字の苗字が覚えられなかったので、アイリッシュ・ポリスメンと心の中で呼ぶことにしました(ヽ´ω`)

    作者からの返信

    それただのアイルランド警察じゃないですか……。

    復習です。狩欺(かりのぎ)さんです。

    次回から彼が再登場するたびにルビを振ってはルビを振り、そしてルビを振り続けるので、どうか許してくだちゃい……。

    2020年7月3日 20:59

  • 喫茶店にて 1/2へのコメント

    文章力が数段階上がって、別人のように……日々努力されてたのですね。ウ○コとかチ○コを連呼して一緒に遊べない大人になっちまったぜ!(´;д;`)

    作者からの返信

    そもそもウン○とかチン○を連呼して一緒に遊んでましたっけね!?

    と突っ込んだところで、改めまして、コメントありがとうございます。

    自分では文章力が上がった感覚がまったく無いので、今回たまたま調子がよかったのか、ルシア目線の話って今回が初めてなんですけど、ルシアのしっかりした性格に文章が引っ張られたのか、そのどちらかな気がしています。

    2020年6月28日 11:07

  • そして夏服。青春。 1/2へのコメント

    いつもノベルアッププラスのほうで大変お世話になっております。
    『半笑いの情熱』は自分にとって特別な作品でもあるので、継続して読んで下さりコメント等いただけること心からありがたく思っています。

    こちらも作品を拝読したいと思っていましたが、なかなか伺えず遅くなってしまい申し訳ありません。
    カクヨムのほうが使い慣れているので、この先もこちらで読ませていただきたいと思います。

    しょっぱなから、ボツになったのが不思議に思えるほど愉快なキャラクターで楽しかったです。
    朱音と春心の掛け合いがテンポよく、とても気持ちのいいリズムで読めました。突き刺さっていながら足が揃い、かつパンツが見えていないという場違いに整然とした佇まいが笑えましたね。作者様の発想力に感服します。

    この先もゆっくりになるかと思いますが、読ませていただきたく存じます。

    作者からの返信

    丁寧なご挨拶と好意的なコメント、ありがとうございます。すごく嬉しいです。

    どうぞお好きな方でお読みください。

    実は『半笑いの情熱』は、実際にスタンプを押してる話よりも先まで読んでるんですよ。でもポイントシステムの悪い所と言いますか、ポイントが無いときにリアクションをしにくくて、どうしてもスタンプやコメントを残すまでに時間差ができてしまうんです。

    そういう意味では、カクヨムの方がリアクションをしやすいのかもしれませんね。

    読むペースについても、どうぞご自由に。
    どんなに好きなプロの作家の小説だって、毎日毎日読むわけではないと思います。web小説もそんなものです。気が向いた時にお越しください。

    これからもよろしくお願いいたします。

    2020年6月23日 21:10

  • ある夏の群青 9/9へのコメント

    八番出口様、コメント失礼します。

    ああ、どんな動画なんでしょう。姉弟の幸せな姿を想像してしまいます。

    ところで、ラフ&ピース部って良い名前ですよね。そのまま春心と朱音の関係を表しているみたいで。

    とてもすっきりした読後感でした。

    作者からの返信

    白湊さん、ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。そして素敵なレビューも。

    人の小説にレビューを書くのって、結構勇気がいることだと思うんです。だから、レビューの内容は当然として、その勇気を出してくださったことに対して、一番の感謝を申し上げたい気持ちです。

    動画の内容ですが、いつか答え合わせをする時が来るのかもしれませんが、今しばらくは秘密です(笑)。

    ラフ&ピース部って、最初はギャグでつけたんですけど、今ではダサ良い名前だなと思っています。

    今回のエピソードで最終回みたいな雰囲気になってますけど、ここからまだまだ彼女たちの日常は続いていきます。

    不定期更新ではありますが(だいたい週1ペース)、また気が向いた時にでも読みに来ていただけたら嬉しいです。

    2020年6月23日 16:35

  • ある夏の群青 6/9へのコメント

    八番出口様、コメント失礼します。

    突然シリアスでびっくりしました。順哉にとっては、どんな思いをしても、常識外れの行動をすることが唯一の居場所だったんですね。
    そこに割って入るラフ&ピースの面々。熱い説得が始まるのかと思いきや——、

    朱 音 渾 身 の ク レ イ ジ ー

    ギャグ漫画出身は伊達じゃないですね……! 戦々恐々としています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    そうですよね、びっくりしますよね(笑)

    順哉も朱音も、そうするしかなかった……とまでは言い切れませんが、二人ともその時その時で一生懸命だったのは確かだと思います。

    雰囲気だけでいい感じのことを言うのなら、『人は一生懸命になればなるほど、ギャグとシリアスの境目がぼやけていくのかもしれません』ですね。

    2020年6月23日 16:34 編集済

  • あなたの心に異世界転生へのコメント

    「踊ろうぜ」で噴きました。

    作者からの返信

    踊らなきゃやってらんないですよね。さあ、踊ろうぜ。

    あとこっちでも言いますけど、実名ですよね。

    おかげさまで、その辺のラインについてまたちゃんと考えるきっかけができました。

    色々な情報やモラルを総合的に判断しつつ、変更が必要そうなら直していこうかなと思います。

    んー、なんか真面目な返事になっちゃいましたね(笑)

    2020年6月19日 23:20

  • 遅すぎた胎動へのコメント

    八番出口様、コメント失礼します。

    朱音パートの間の取り方は秀逸ですね。彼女も自由人なりに、周囲の人たちのことを真剣に考えているんだなぁと思いました。



    んん——あと二十分……!?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    もう遅いですね、これは終わりました(確定)。
    朱音はある意味何やっても許されるようなポジションなので、時々一発ギャグみたいな回になったりします。

    2020年6月11日 21:19

  • 地図のない世界で 1/2へのコメント

    八番出口様、コメント失礼します。

    しづく=クレープ狂が板についてきたなぁと思って読み進めていたら、とんでもない男子生徒がぶっ込まれてきましたね……っ。粒揃いのボツキャラクターたちに負けない破壊力を感じました。

    作者からの返信

    すいません!このコメントを見逃していました!

    なんでしょう、この小説の男キャラは、基本的にまともじゃない人が多いです。そうしようと思ってるわけではないのですが……。

    メインキャラである女子陣にはできないことを無意識に背負わせてしまっているのかもしれません。

    2020年6月19日 00:09

  • 同居人は魔法使い 1/2へのコメント

    八番出口様、コメント失礼します。

    毎度、個性的で魅力的な子が登場しますね。ルシアが春心を気遣いながら散歩をするシーンでは、一緒に空を飛んでいる気分になりました。

    ところで、朱音の長台詞からの「数 学 だ よ 。」に完全にやられました。ボケとツッコミの勢いがすごいです笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    私が他サイトに主軸を置いて活動しているせいか、カクヨムの方でコメントをいただけるのは結構珍しくて、びっくりしてます。当然ですが、すごく嬉しいです。

    この小説では色々やってますが、軸になっているのはコメディなので、やはり笑っていただけるのが一番ですね。

    最近、白湊さんの小説を読み始めました。今度コメント欄に遊びにいけたらなと思います。

    他サイトに主軸を置いていると言っても、更新自体はこちらでも続けているので、これからも気軽に読みに来ていただけたら嬉しいです。

    2020年6月9日 21:24 編集済

  • ある夏の群青 8/9へのコメント

    バァブゥ、バブブー、ハーイ!

    (期待を裏切らない神回シリーズに、股間が熱くなりました。今からオムツを替えてもらうので、その点はどうかご安心を。次話のエピローグも楽しみにしてバブね!)

    ──都内在住・96歳男性


    作者からの返信

    生後6ヶ月と96歳からコメントを貰うってどういうこと!?この小説の読者層ってその辺りだったの!?

    という新鮮な驚きと発見に見舞われています。

    人は歳を重ねるほどに徐々に胎児に戻っていく、みたいな話もあるので、そういう意味ではこの方の言動も不思議ではないのかもしれませんね。

    ただ熱くなるのが股間な辺り、やはりこの人はしっかり『大人』を経た子供なんだなという、変なリアリティがあります。

    と言うか、言動がエキセントリックなだけで、感想の内容はすごく嬉しいです。ありがとうございます。

    2020年6月9日 20:04

  • ある夏の群青 5/9へのコメント

    何度読んでも〝排便〟のパワーワードが凄まじい……しかもショタですからね。私もド変態ですけど、排便までは……まあ、放尿はさせましたけど。でもさすがに排便まで発想が至りませんでした。そう考えると、排便はタブーと思う頭があるのかもしれません。それはつまり、物書きを志す者としては非常につまらないリミッターで、排便ひとつで大きな〝損〟をしているなと。自らの成長を抑制しているなと。私もこれからは、なるべく積極的に排便を使いたいと思います。それと、もし時間があれば、このコメントに何回〝排便〟が出てくるのか数えてみてください。八っあん、愛してるよ。

    作者からの返信

    こっちにもコメントありがとうございます!しかもレビューまで!

    最近ほとんどカクヨムで活動してないので、気づくのが少し遅れました。

    どんだけ排便のくだり気に入ってるんですか!排便の回数、八回かと思って数えてみたんですけど、七回ですよね?ひっかけでしたか……。

    排便の回数とか、ひっかけとか、字面がヤバいですね。

    っていうか百合カップルにならないと脱出できないやつ、この前公式レビューになってましたよね。やっぱあの作品面白いんですよ。いいねが途中で途切れてますけど、ケツバット村の一番最初のやつも全部読んでます。

    これを機にもうちょいカクヨムでもがんばろうかなぁ。アツい排便へのコメント、ありがとうございました。

    2020年5月25日 12:16

  • いざないマンモス 4/4へのコメント

    ペンさんの正体、結局わからず仕舞いでしたね😅
    でも、そこがイイ😆

    原始人は僕達現代の人達が想像するよりも文化的な生活をしていた😆

    素晴らしい着想ですね😊
    旧石器時代にはあるはずの無いオーパーツの存在、
    古代超科学文明の伏線の匂いがします😳

    作者からの返信

    ペンさんって呼び方なんですね、いいですね(笑)

    この時代がどうなっているのかは、あとはご想像にお任せします。
    そしていつもコメントありがとうございます。

    2020年4月17日 10:42

  • いざないマンモス 3/4へのコメント

    ペンタトニックさん、タイムトラベラーでしょうか?
    22世紀のタイムパトロールにペンタトニックさん通報されちゃったりして😆

    作者からの返信

    その発想というか、そういう解釈もあるんですね。あぁ、なるほど……。

    2020年4月17日 10:40

  • いざないマンモス 2/4へのコメント

    『永遠に回り続ける駒』は回転運動エネルギーに対して抵抗する様々な要因の存在から物理的に永続不可能だとしても、『理論上は永遠に回り続けることが出来る駒』は宇宙空間でわりと簡単に実現出来るかもしれませんね。
    また、『どんな汚れでも絶対に取れる布巾』は、取り扱い資格がいる危険物指定で化学研究所や特殊な工場等には案外あったりして😆
    例えば、人体に有害な放射線を放出する特殊な素材で出来ていて、
    使用者は宇宙服並みの装備が必要だったりして。
    僕の勝手な想像です(笑)
     でんじろうさんとかその辺の分野詳しそうですよね😊

    タイムマシンですか!
    五万年前のヨーロッパ、シートン学園のネアンデルタール人のアンちゃんが生活していた時代かもしれないですね😳



     

    作者からの返信

    さすが、SF関連はかなりお詳しいですね。
    そうこともあるかもしれないのか、と勉強になります。

    2020年4月17日 10:39

  • いざないマンモス 2/4へのコメント

    「キャラクター小説集まれーっ!」企画主催のUsumyです。
     企画への参加ありがとうございました。

     没キャラにフォーカスを当てた作品というのが個性的ですね。
     物語のキャラクターたちがごく普通の日常に紛れ込むと、上質のコメディになるという事を知りました。
     彼女たちが空から落ちてきたという謎も気になります。
     彼女たちの日常がどう続いていくのか楽しみな作品だと思います。

     素敵な作品をありがとうございました。
     もしお暇があれば、自分の作品も読んでいただけると嬉しいです。

    作者からの返信

    嬉しいコメントありがとうございます! しかもここまでがっつり読んでレビューまで……。

    レビューにあった、『物語から零れ落ちたキャラたち』という表現が素敵だなと思いました。

    usumyさんもコメディを書いてらっしゃるようですね。読まさせていただこうと思います。

    2020年4月12日 06:22 編集済

  • いざないマンモス 1/4へのコメント

    遥か未来の科学者夏目もキャラが立ってますね😆
    「じゃあいいさね」
    喋り方が好きです♪

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    まさか夏目先生を褒めていただけるとは……!

    2020年4月11日 05:51

  • 中国四千年の土踏まずに翼が生える話へのコメント

    朱音とルシアのツッコミ不在、イイですね〜😆
    どんどんやっちゃってください。

    そんな落としどころの無い煮え切らない会話を聞いて、ツッコミ入れたくてヤキモキしている春心も可愛いですね😆

    更新されたらまた読ませていただきますね😆

    作者からの返信

    ありがとうございます。今までは春心と誰か、という組み合わせが多かったのですが、これからは少しずつ違う組み合わせにスポットが当たることも増えてくるかと思います。

    思い出したときでいいので、またコメント欄に遊びに来ていただけると嬉しいです。

    2020年4月2日 03:23

  • 遅すぎた胎動へのコメント

    おやおや!?
    朱音、珍しく真面目に頑張ってるんですねー!

    てっきり、

    よし、いっちょやってやるか!↑……明日から⤵︎

    ってのび太みたいに弱気なこと言うかと思ってました。
    意外です!
    頑張れー😆


    作者からの返信

    すいません、オチがわかりにくかったかもしれません……。

    テスト勉強を始めたのがテスト二十分前だったっていうアレなんですよ(笑)

    そしてその結果は……まあ、よくないでしょうね。多分補習でしょう。

    2020年4月2日 03:20

  • 地図のない世界で 2/2へのコメント

    しずくとルシアに告白した男子生徒とのシュール過ぎる会話、めっちゃウケました😂

    後半は哲学的ですね😊

    作者からの返信

    あの二人、今後廊下とかですれ違ったら大変なことになりますね。

    メーベル視点の話では、今後難しい話も多くなるかもしれません。難しく考えがちな人なので。

    2020年3月28日 02:08

  • 地図のない世界で 1/2へのコメント

    え、えー!?😳
    なんちゃう超展開!!
    読んでいて思わず自分の目を疑いましたよ。
    続きが気になります😆

    作者からの返信

    どうなるんでしょう。

    心配するようなことにはならないと思います。いや、なるかもしれないです。わかりません(笑)

    2020年3月26日 00:11

  • 檸文高校の七不思議へのコメント

    七不思議とはwww
    七不思議、
    全部購買部のおばちゃんかーい😆(笑)
    アハハ、ハハハ、マジウケました😂

    購買部のおばちゃんの存在感すげぇ😂
    おばちゃんの台詞を追ってみたら、
    「はいよっ」

    「喧嘩しなさんな」

    「腐った蜂蜜の五度塗り&六度塗り」

    ほとんどこれしか言ってないのに。
    なんなんでしょう、このおばちゃん特有の謎の存在感😆


    購買部のおばちゃん、もはやドラクエに出てくる伝説の武具を装備した勇者ですやん😂
    ある意味戦闘力高そう。
    特に闇属性とかに耐性ありそう!
    ただし、アホな意味で🤣


    それに、
    「お願いです……クレープを置いてくださいっ……!」
    空気を読まない娘のメタ発言、
    キタコレ😆
    ハジけちゃいましたね〜、
    でもしずくちゃん可愛いから許す♪
    可愛いは正義😆

    それと、
    僕の作品に最高の評価までいただきありがとうございます😆✨

    追記
    最高の褒めの言葉をいただき第1章読了いただきありがとうございます😆✨

    購買部のおばちゃんイイキャラしてますね♪
    僕の作品『りけじょ!の奇妙な日常』
    サブタイトル
    もしも、りけじょ!のキャラクター達が幕末にいたら

    に出てくる大阪のおばちゃんと是非コラボしてバトルしてみたいです😆


    作者からの返信

    めちゃくちゃ褒めてくださってありがとうございます。

    ちなみに購買部のおばちゃん、他の日は普通の温厚なおばちゃんです。不思議ですね。

    しづくはクレープ狂です(確定)。

    憮然野郎さんの作品はテーマと世界観に独特のスケール感があって面白いです!

    2020年3月22日 18:08

  • 教えてやるよ、凍える大地の厳しさをへのコメント

    そっちですかー!😆
    そう来ましたか!!
    行間による空白がシュールさを強調していますね😆
    イイ!
    DIOのザ・ワールドみたいで逆にイイ!

    この熱が完全に奪われ一瞬時間が凍りついたような逆な意味でイイ感じのネタ、普段のギャグのセンスが高い作者だからこそ為せる技ですね😆✨

    読者に、くるの?また来ちゃうの?
    今外出中だから、人前で爆笑させられるのはちょっとタンマ!
    と期待させるだけ期待させて置いて、

    落ちの意外さで
    上げて⬆︎😆 落とす⤵︎😅
    オイっ♪😆ハハハ
    流石です、師匠😆✨


    作者からの返信

    これは、教室でいきなりダジャレを叫んだらこうなりますよっていう、現代の若者への警鐘です。嘘です。

    2020年3月22日 18:03

  • 檸文高校の七不思議へのコメント

    企画からこんにちは。そーやです。

    一通り読みました。

    「望まれなかったもの」「捨てられたもの」という暗い背景をミリも感じさせないパワープレイの数々、俺もイロモネアの観客のごとく笑うの我慢してたんですが結局屈してしまいました。あーもう100万円持ってけよ!(賛辞)

    気に入ったのは朱音と妖怪クレープマンです。

    作者からの返信

    どうも初めまして。10話も(!)読んでくださって本当にありがとうございます。

    やっぱり文章で笑ってもらえるのが一番嬉しいですね。

    ただ、一つだけ言わせていただけるのなら、妖怪クレープマンではなく妖怪クレープウーマンです(超細かい)。

    近々そーやさんの作品の感想欄にも遊びにいこうと思います。感想ありがとうございました!

    追伸

    イロモネアの笑わない枠の人ってどんな人脈で採用されてるのでしょうね。

    2020年3月22日 00:49

  • 同居人は魔法使い 2/2へのコメント

    今回の話も心がほっこりしました😊

    作者からの返信

    毎回ガチのギャグ回だと疲れてしまいますからねえ。ほっこり回も必要だと思います

    2020年3月22日 00:43

  • 同居人は魔法使い 1/2へのコメント

    今度は魔法使いの美少女ルシアちゃんですか😆
    イイですね〜😊
    今回の話では心がほっこりさせられました😊
    青春ですね〜😆

    作者からの返信

    ほっこりする回になるかどうかは、登場キャラクター次第みたいなところがありますね(笑)

    2020年3月22日 00:42

  • 羞恥心とミステリー(解決編)2/2へのコメント

    部室のロッカーきらオナラの様な着信音ってとこ一番ウケました😂
    やっぱ朱音(笑)
    今回登場すらしてないにも関わらず、
    しれっとアホなことやらかしてくれますね😂

    追記
    だが、そこがイイ😆です♪
    アホでも可愛いから許す。
    アホの娘最高ー!😆
    あれ、何だか僕までテンションおかしくなりました(笑)

    作者からの返信

    朱音はアホなんで(直球)

    2020年3月20日 00:29

  • 羞恥心とミステリー(事件編)2/2へのコメント

    正座部のレースww
    本当にツッコミ所満載ですね😆
    そしてまた、春心のツッコミがまるで慣れっこみたいにそっけないところも笑わせ方が上手いです😆


    はじめて見たエロ本で
    「ぱぁうっ!?」には思わず吹きましたよ😂
    面白すぎです(笑)
    どうしてくれるんですか😂

    メーベルさん、探偵なんですね。
    なんかまた変なの出た!的な嫌な予感しかしないんですが😂

    メーベルさん、春心さんの羞恥心の部分ちゃんと気を遣ってあげられるんでしょうか(笑)
    余計に春心の印象を悪くしそうな気がしてならないんですが😂


    作者からの返信

    「ぱぁう」は本当にびっくりしたら出ます!(断定)

    メーベルはどっちかと言うと数少ないツッコミ側の人間なので、春心とはそんなに相性が悪くないんじゃないのかなと思います。でも物事をハッキリ言うので誤解はされやすいかもしれないです。

    2020年3月20日 00:27

  • 無機質の温度 2/2へのコメント

    しずくちゃんも個性強いですね😆

    そして。絶対に敵に回してはいけない女子高生
    《《の一人》》ですね。←ココ大事

    ※なんとなく、超人はこれから他にも出てきそうな気がしますので😆(笑)

    作者からの返信

    敵に回してはいけないというのは当たってるかもしれないです(笑)

    超人はどうでしょう、出るんじゃないでしょうか……?

    2020年3月17日 01:18

  • 無機質の温度 1/2へのコメント

    もしもオリンピックの種目に、『クレープを楽しむ』があれば……。

     時代が時代なら、この子は世界を獲っていた――

    春心はツッコミ担当の良識人かとてっきり思っていましたが、流石です。

    そこは、僕の期待を良い意味で裏切ってくれました😆


    面白いから時間が経つのを忘れてするする読めます♪
    連載中とのことで続きが楽しみです。
    続きも応援させていただきますね😊

    作者からの返信

    一話からたくさんのコメント、ありがとうございます。とても嬉しいです。いや本当に。初のコメントなので。

    最近、起承転結の激しすぎる話に疲れてきまして、もっと胃に優しい、日常系の小説を求めていたので、企画に参加させていただきました。

    憮然野郎さんの作品もこれから読んでいこうと思います!

    春心はあれでしょうか、ツッコミボケみたいなところがあるのかもしれませんね。

    どうぞこれからよろしくお願いいたします。

    2020年3月16日 00:58

  • 恋はナマモノへのコメント

    話の展開が神がかっていますね😆
    朱音のたこわさを想う一途な愛情に
    僕まで影響うけちゃいそうです イマココ←オイ(笑)

    たこわさ〜😭

  • そして夏服。青春。 2/2へのコメント

    アハハ、ハハハ😂
    朱音ウケる🤣

    しかし、こんな面白い娘をボツにするなんて、
    全く作者は一体どういう神経してるんでしょうか😭

    『チョンチョン♪』

    憮然野郎(僕)「はい!?
    何ですか?
    僕今忙しいんですけど😧」

    『あの〜、
    はじめまして。
    僕が作者です😊』←you氏

    「あ、え〜とあの、
    こ、これはですね😅」

    『はい?😊』←you氏


    「ご、ご、ご……😓」

    『ご!?😳』←you氏

    「五体投地!!🙇‍♂️」


    作品の世界観といいギャグのセンスといい、
    正に僕の好みです。
    最高に素晴らしいです😆
    続きも楽しく読ませていただきますね😊