君を待つ

作者 新菜いに

君のいない春の中で、君のいる春を今もずっと待っている。

  • ★★★ Excellent!!!

『植えた種から芽が生えて、その芽が小さな若木になった。
 花が咲くのはまだまだ先で、早く大きくなるようにと、来る日も来る日も声をかける。
 そのうち若木は大人になって、私の身長を追い越した。
 今では優しい木陰をくれるのに、この背中をそっと受け止めてくれるのに、まだまだ蕾は見当たらない。
 数え切れないほどの春が、巡った』

この詩のような、幻想的な一節から始まる物語。
何が起こるんだろうと期待させながらも、同時に作品の雰囲気を一気に作り上げる。
想像と期待感が混じり合う中で、本筋の物語に入って行く。


魔女候補として生まれたココは、村の人々から腫れ物扱いをされている。
居心地の悪い村で、唯一ココが心を許せるのは、フィンという少年だった。

ココとフィンの出会い方が、私は好きだ。
日常の何気ないドジを見て、フィンがココを『異質』という印象から、『普通の少女』というイメージに変わる。
ひとつのささいな出来事が、ココとフィンの関係を変える。
人間関係の変化なんてこんなもの。
大げさではない、変化の仕方が私は好きだ。

物語が進んで行くにつれ、雲行きが怪しくなってきて、遂に事件が起こってしまう。
そこで、ココとフィンはどうするのか。どうなってしまうのか。
それを是非、自分自身の目で確かめてほしい。

そして、読み終わった後、また最初に戻って、プロローグ的な一節を読んでほしい。
きっと印象が変わるはず。
感じるものが違うはず。
幻想的だったそれが、なんだか違うものになるはず。


魔女と少年のふたりの心が温かくなる、出会いの物語。
読み終わった後、必ず余韻に襲われるはず。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

聖願心理さんの他のおすすめレビュー 499