彼女が欲しかった俺が、恋のキューピッドになるまで。

作者 小倉桜

小説の累計PV数

4,286 PV

エピソードごとの累計PV数

第1話 「あんたのせいよ!」 涙目の少女は、俺を指差しそう言った。 8 425 PV
第2話 「よかったわね」 ドヤ顔でそんなことを言われても、俺には効果がない。 6 286 PV
第3話 「席を立つのは許しません」 どこからか、怯えたような声がした。 5 230 PV
第4話 「……なんでもない」 俺は思わずドキッとした。 5 222 PV
第5話 「ん~おいしぃ~♪」 とろける笑顔でほっぺを押さえた。 4 192 PV
第6話 「……きも」 蔑んだ目で見られた。 4 193 PV
第7話 「ららちゃん変身第一弾」 謎のメッセージと共に、画像が送られてきた。 4 181 PV
第8話 「あ、じゃあ……麗さん」 少し控えめに、名前を呼んだ。 6 181 PV
第9話 「お兄ちゃんおかえりぃ」 エプロン姿の妹が、出迎えてくれた。 4 182 PV
第10話 「顔が聞いてきた」 斬新すぎる物言いだった。 5 167 PV
第11話 「こう呼んだりもしてるんだ……」 わざとらしくタメを作り、言葉を紡いだ。 4 167 PV
第12話 「たしかにそれもありだねぇ」 納得するように頷きながら答えた。 4 154 PV
第13話 「いいわよ別に」 ちょっと照れたように、でも誇るように微笑んだ。 5 170 PV
第14話 「やだっ」 それは小さくも、大きな抵抗だった。 5 180 PV
第15話 「ごめん。起こしちゃった?」 変な態勢で固まっていた。 4 159 PV
第16話 「ん? アタシ?」 あまりの驚きに言葉が詰まった。 3 162 PV
第17話 「じゃーん!」 元気に見せてくるが、俺からは見えないんだが。 6 161 PV
第18話 「楽しむぞー!」 天高く、拳を突き上げた。 3 158 PV
第19話 「おはよぉ」 二人は、ハイタッチまでしていた。 4 172 PV
最終話 「あんたのせいよ……」 涙目の少女は、顔を上げてそう言った。 7 279 PV
後日譚 「「こいつに」」 お互いに相手を指した。 7 265 PV