JKラノベ作家の幼馴染がイラスト担当の俺を虐げるので、新人ラノベ作家(美少女)と組んで天辺を目指すことにした。

作者 日富美信吾

幼馴染JKラノベ作家は、何を勘違いしたのか、俺のイラストの力を軽視した

  • ★★★ Excellent!!!

 流行ラノベ作家の仲間入りを果たした幼馴染は、匿名イラストレーターの俺にはひどく当たるようになってしまった。
 彼女の作品のイラストを描きまくる日々に、疲れ切ってしまった俺は、彼女の新作発売を機会に、訣別することを決めて、実行した。
 ……ああ、やっと地獄のような毎日から解放されそうだ……
 これで平穏な日々が訪れる……そう思ったのだが、妹の不吉な言葉が頭の中で響く……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Yuuyouさんの他のおすすめレビュー 458