半妖(はんよう)

作者 きくらげ

81

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 才能がないと言われながらも、陰陽師を目指す主人公。最初のエピソードで、ショッキングな事件が起きるが、それでも卑屈にならず、純粋に夢を目指す……というより、どちらかというと無鉄砲で、悪者まで助けてしまうところは、どこかの海賊王を思い浮かべる。
 主人公だけでなく、どの登場人物もひと癖、ふた癖あり、とても魅力的。気が付くと頼もしい仲間になっています。
 展開も早い! 一話毎に見せ場があるので、読み飽きない作品です。

★★★ Excellent!!!

まず読み始めて驚いたのは、綿密に設定された世界の図。
妖魔、陰陽師、そして半妖。それぞれに含まれた独自の考察に心がくすぐられ、燃えてきます。
異世界ファンタジーでありながらも王道を進む物語。
努力・友情・勝利をしっかりと体現して、主人公「要」の生き様を応援したくなります。
ついつい、続きが読みたくなる一作です。

★★★ Excellent!!!

人と妖(あやかし)の狭間にいる存在である半妖。人は己と違うものを恐れ拒んでしまう。それは人の味方であるはずの半妖も例外ではないのです。
人々を救う。一見聞こえは良いが裏での苦悩は図り知れず綺麗事だけではなく、妖より人の方が恐ろしく、罪深い存在なのかもしれません。

そんな世界に飛び込んできた「要」は自身の生まれも知らず、半妖であることすら知らなかった少年。
悲しい別れを経験して尚、明るく前向きに人も妖も半妖も全て救おうとする彼の生き様をご覧いただきたい。

和と妖の魅力溢れる物語。この空気感の表現、戦闘や会話、周囲の場所や建物まで拘りを感じさせてくれる丁寧な世界観。
そのなかで要を始めとする人々の生き方、苦悩、そして成長が描かれています。

是非一読してこの世界を味わっていただきたいです。

★★ Very Good!!

主人公はなんと半妖!
呪術が使えない主人公だが、いつか父親のような陰陽師になることを夢見て都の陰陽学院に通いだす。
同じく半妖の学友や神巫女と一緒に、妖魔と呼ばれる怪物を討伐していく、まさに純正和風ファンタジー!

そして注目するべきは、物語に出てくる呪文。
声に出して読みたくなるような格好良さがあります!!
和風な世界観好きにお勧めです!

★★★ Excellent!!!

主人公の要やその仲間達にも戦う理由や陰陽道を学ぶ理由があり、強い決意を感じました。
主人公だけではなく、その周りにの人々にも悲惨な過去がありそれが彼らの人生に大きく関わっていくのが、大きな意思を感じました。
要は、まだ彼の刀の事や自分の親についてどうなるか分かりませんが展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

和風ファンタジーで、義理父の憧れで陰陽師になりたくて頑張ってる主人公。
ただ、そんな日常を奪う出来事あって、主人公の成長過程が気になります!
半妖の力もあってこの先の展開が気になります、敵対となるのかならないのか

和風ファンタジー好きな人はおすすめです