第24話 玖馬の休日

 休日、玖馬は來樹に勉強を見てもらう約束を取り付け、待ち合わせ場所の玖馬のバイト先に向かった。玖馬は弾むような足取りで店内へと入っていった。

 來樹はまだバイトの時間なはずだった。

「こんにちはー!」

 玖馬の声に、來樹はカウンターの中でマシンの掃除をしていた手を止め、反対側の手を振った。玖馬は嬉しそうにその手に自分の手を振り返した。

「玖馬君、ごめん、もう少し待ってね」

 來樹はそう言うと、再び作業を始めた。

 玖馬は入り口近くの空いている席に座り、待ちきれないような表情で來樹を追っていた。

 すると、來樹の同僚である女性に呼ばれ、來樹は店の奥に消えてしまった。

「…?」

 玖馬は、その女性の申し訳なさそうな表情が引っかかり、首を傾げた。しばらくした後に店内に出て来た來樹は、玖馬の顔を見ると、そのまま近付いてきた。

「玖馬君ごめん」

 來樹は制服のエプロンの紐を結び直しながら、ばつが悪そうな顔をしながら斜め下を見た。

「どうかしたんですか?」

 玖馬が來樹の表情を伺おうとすると、來樹は眉を下げ、そのまま玖馬に頭を下げた。

「ごめん玖馬君。次のシフトの人が、急病で来れないみたいで、…代わりに出れるの俺しかいなくて…」

 來樹は申し訳なさでいっぱいの声だった。

「折角来てくれたのに…。俺…」

 なかなか頭を上げない來樹の肩を、玖馬は慌てて引き上げた。

「そんな謝らないでください!勉強はいつでもできますから!」

 玖馬は來樹の顔を見た。玖馬に対する罪悪感で、瞳が少し潤っていた。

「ごめんね」

 來樹の、責任感に押されている表情に、玖馬は胸が苦しくなった。

「次は必ず見るから」

「はい。それまでに俺、もっと勉強しておきます」

「…ありがとう、玖馬君」

 來樹は微かな笑顔を見せると、玖馬の肩を叩いた。

「今度は他に何も予定入れないから」

「……はい。楽しみにしてます!」

 玖馬は、來樹の言葉を噛みしめながら、明るい笑顔で頷いた。

「でもほんと申し訳ないな…。…あ、そうだ」

 來樹は何かを思いついたようで、玖馬にそこでちょっと待ってて、とだけ言い残し、再びバックヤードへと引っ込んだ。

「?」

 玖馬は訳が分からないままその場に座り直した。そして数分後、來樹は玖馬の元に戻り、嬉しそうな顔でこう言った。

「玖馬君、模試受けてみるって言ってたから、今日勉強する気だったでしょ?伊鶴さんに相談したら、代わりに伊鶴さんが見てくれるって」

「へ?」

 玖馬は、驚きのあまり間抜けな表情で止まった。

「ほんと、俺のせいでごめん。でも伊鶴さん、俺よりもよっぽど優秀だから」

 來樹の無邪気な笑顔だけが、玖馬の頭の中に情報として入ってきた。

「え?え?伊鶴さん、来るんですか?」

 どうにか頭を整理して、本題に入れた。

「うん。事情を説明したら、来るって」

「伊鶴さんが…俺のために?」

 玖馬は到底信じられないような表情をしていた。

「うん。近くに居たみたいで、もうすぐ着くって」

「嘘だぁ…」

「あはは。二人とも、いつの間にか仲良くなってたんだね」

 來樹が玖馬の反応を面白がると、玖馬は必死に首を横に振った。

「多分、それは、気のせいです!」

「ふふ。はいはい」

 來樹は和やかに笑うと、カウンターに目をやった。

「あ、ごめん、俺そろそろ…」

「すみません!なんか引き留めてしまって!」

「いや、もともと俺が…。本当ごめんね。伊鶴さんに、よろしくね」

 來樹はそう言うと、軽く頭を下げてから仕事に戻った。

「…まじか」

 來樹の背中を見送った後、玖馬はぽつりと声が漏れた。

 玖馬がとりあえず思ったことは、伊鶴を店内に入れないということだった。

 來樹と伊鶴が話している場面を、今の玖馬は見たくはなかった。

 玖馬は店の外に出て、伊鶴を待つことにした。いくら得意ではないとはいえ、わざわざ来てくれる人から逃げるわけにはいかない。

 玖馬は憂鬱なため息を吐いて、寒空の下で伊鶴を待った。


 「あれ?クマ君何で外に?」

 二十分ほど経った頃、伊鶴が現れた。

 ロングコートを着た伊鶴は、店の前で鼻を赤くしている玖馬を見た。

「…長居するのも悪いので」

 玖馬は店の中にちらっと目をやると、マフラーに鼻を当てた。

「寒かったんじゃないの。…じゃあ、違う店でも行くか」

 伊鶴は玖馬の肩をぽんっと叩くと、どこかに向かって歩き出した。

「もともとどこで勉強するつもりだったんだ?」

「武史さんの店、とか?」

「ははは。確かに今の時期なら余裕がありそうだ。でも良かったのか?」

「何がですか?」

 玖馬は伊鶴の横を歩きながら、目線だけを伊鶴に向けた。

「せっかく來樹と二人なのに、武史がいて」

「別に、武史さんは…」

「ああ、もうバレてるのか」

 伊鶴は納得したような余裕のある笑みを浮かべた。

「いや、まだちゃんと聞いたわけじゃ…」

 玖馬は困惑しながらも、諦めて息を吐いた。

「たぶんその通りなんですけどね…」

「いいじゃない。武史なら」

「伊鶴さんとは天と地っスよ」

 玖馬は恨めしそうに伊鶴を見上げた。

「それは悪かったね」

 伊鶴はくすくすと笑いながら玖馬の言葉を受け入れた。

「今日は残念だったね。そんな僕と一緒で」

「それは…いいんです。仕事ならしょうがないですし。というか、伊鶴さんなんで来てくれたんですか?」

「暇だったし」

 伊鶴は玖馬の疑念に満ちた目に、あっさりと答えた。

「え?でも俺のこと…」

「前も言ったでしょ。別になんともないって」

「それもなんか寂しいっすね…」

 玖馬は相変わらずの伊鶴の態度に肩透かしを食らい、肩を落とした。

「それに、クマ君が勉強したいって言うんなら、協力してあげたいなって思ってさ」

「…それは、ありがとうございます…」

「ははは、クマ君はほんといい子だなぁ」

 慣れない伊鶴のペースに、玖馬は困惑しながらもついていった。たまにはこういう会話も悪くはない気がしてきた。

 伊鶴が以前よく行っていたというカフェについた二人は、ドリンクを注文し、席に着いた。

「ここはフリーランスの人とか来るところで、長時間利用を前提に作られたカフェだから、大学生とか、試験前に来ることも多くて、僕も利用してたんだ」

 伊鶴はきょろきょろしている玖馬に説明をした。

「なるほど。だから一人で作業してる人が多いんスね」

「そう。だから勉強するのにちょうどいいだろ」

 玖馬は斜め向かいに座った伊鶴を見て、小さく頷いた。

「で、クマ君、理系らしいね?今日は何するの」

「あっ、英語っス」

 玖馬は鞄から勉強道具を出しながら言った。

「英語か」

「伊鶴さん得意そうっスね」

「まぁ一応ね」

 伊鶴は玖馬の撮り出したテキストをぱらぱらと見た。

「じゃ、はじめようか」

 テキストを置いた伊鶴は、賢そうな、嫌味のない笑顔で玖馬に呼びかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る