第22話 特別な君に

 部活終わり。

 武史のアイスクリーム屋の前で、玖馬は中に入るか否かで悩んでいた。

 武史に確認したいことがあったが、どうにも勇気が出ない。店の前で立ち尽くす玖馬は、中の様子を覗いた。

「あれ?」

 しかし玖馬の目には、武史の姿は入ってこなかった。

「今日は休みなのかな?」

 そう独り言をつぶやくと、どこかほっとした気持ちになった。

―じゃあしょうがないな!―

 玖馬はもやもやを吹っ切った顔でその場を立ち去ろうとした。

「あれ?玖馬君?」

 歩き出したその足を止める声がした。振り返ると、そこには來樹がいた。

 暖かそうなコートを着た來樹は、玖馬の顔を見ると嬉しそうに微笑んだ。

「どうしたの?武史に会いに来た?」

「あっ、來樹さん、えっと…」

 近づいてくる來樹に、玖馬は嬉しさと驚きで言葉が出なかった。

「今日、武史は休みみたいなんだよね」

「そ、そうみたいっスね…!」

「玖馬君は部活終わりだよね?あ、…お腹空いてる?」

 來樹は、玖馬はアイスが食べたかったのだろうと勘違いしていた。

「アイスじゃ寒いでしょ?…玖馬君、たい焼き好きだったよね?」

 來樹は玖馬の表情を伺うように見た。

「はい。好きです」

 玖馬は來樹に見つめられ、どきどきしながら答えた。その瞳に、いつまでも慣れない。

「今、期間限定でたい焼き売ってるところがあるんだ。みんな美味しいって言ってて、気になってたんだけど、玖馬君もどう?おごるよ」

「えっ、食べたいです…!」

 玖馬は反射的に目を輝かせて返事をした。

「じゃあ行こうか」

 來樹はそう言うと歩き出した。玖馬は、その後ろに嬉しそうに続いた。

 駅前まで歩いた二人は、少しだけ列に並んで、たい焼きを買った。

「すみませんおごって頂いて、…いただきます」

 玖馬は、ぺこりと頭を下げると、嬉しそうにたい焼きを口に運んだ。

「…!美味い…!」

 一口食べて、思わず歓喜の声が漏れた。

 來樹はその様子を見て、嬉しそうに笑った。

「美味しい?良かった」

「はい!めちゃくちゃ美味しいです!え…、また買いに来ようかな…。來樹さん、ありがとうございます!」

 玖馬は興奮した様子で感謝を伝えた。

「…うん、確かに美味しい」

 來樹もたい焼きを一口食べ、頷いた。

「玖馬君寒くないの?」

 そして、マフラーもつけずにコートも着ていない玖馬を見て、そう尋ねた。

「全然平気です!めっちゃ走ってるんで、代謝上がりまくりです!」

「ははは、いいな。俺も運動しようかな」

「來樹さんはそのままでも…いいと思いますよ?」

 玖馬はコート姿の來樹を見て、照れを誤魔化しながら言った。

「はは、ありがとう」

「へへへ」

 來樹の笑顔に、玖馬もつられて笑った。相変わらず、色々と思い悩むこともあるが、來樹を目の前にすると、やはりただ純粋に嬉しかった。

 沈んだ心が軽くなって、暖かい光に包まれるようだった。

「來樹さんは今日大学行ってたんですか?」

 他愛のない話がしたくて、玖馬は何でもないことを聞いてみた。

「うん。今日は大学行ってただけ。バイトもなかったから」

「來樹さんはやっぱり、病院とかで働くんですかね?」

「うーん。今ちょうど悩んでるところだけど、そうできたらいいかな?」

「そうなんですね!」

「玖馬君は、来年受験生だけど、もう何か決めてるの?」

「俺は…まだ全然決まってないっス…!大学受験はするつもりなんですけど、方向性とかは、まだ悩みがあるっス」

 玖馬は眉をキリッとさせた。

「でも俺、こう見えて理系なので、そっち系がいいですね。機械とか、そういうの面白そうっス」

「そっか。まぁまだすぐには決めなくてもいいと思うけど、ある程度形が見えてた方が、きっと楽しいよね」

 來樹はそう言うと、たい焼きを食べほした。玖馬は、とっくに食べ終わっていた。

「あの、これからも、來樹さんに、相談とか…してもいいですか?」

 玖馬は恐る恐る聞いた。

「全然いいよ。役に立てるといいんだけど」

「話を聞いてもらうだけでも、十分です!」

「はは。確かに誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるよね」

「…來樹さんも、そういう時ありますか?」

「そりゃそうだよ」

「……伊鶴さん、とか?」

 玖馬は小さな声で聞いた。心なしか、來樹が誰かを思い浮かべているように見えた。

「ん?ああ、伊鶴さんもそうだね。かなりお世話になってるな。あと武史とか」

 來樹がそう言って笑うと、玖馬の表情が沈んだ。

「…そう、ですよね。二人とも、頼りになりますし」

「玖馬君?」

 來樹は暗い表情の玖馬の顔を覗き込んだ。

「あっ、いや、なんか俺、最近よく人に相談されるんですけど、全然うまく返せないなって思ってて…自分の相談はどんどんして、人の優しさに頼るのに、俺は全く、そういうことできないなって、ちょっと、落ち込んでるんです」

 玖馬は頑張って笑顔を作った。

「本当は、もっともっと頼れる人になりたいんだって、実感してます。…武史さんには焦るなって言われたんですけどね」

 玖馬のわざとらしい笑顔に、來樹は小さく息を吐いた。

「玖馬君、武史の言う通りだよ。それに、相談されてるってことは、その人たちは少なくとも玖馬君のこと信頼してるってことだよね?どうでもいい人には、そんなことしないし。玖馬君は、例え自分が期待したような返しが出来なくとも、その相談をしっかり聞いて、その人のことをそうやって思えるってだけで、十分頼りになるんじゃないかな」

 來樹は玖馬に笑いかけた。玖馬は顔を上げて、その眼差しを求めた。

 その時に吐いた玖馬の息は、外気の寒さで白くなっていた。

「それに俺も、玖馬君と話してると楽しいよ」

「…!」

 來樹の言葉に、玖馬は耳が赤くなった。寒さのせいということに出来ないだろうか。

「今日もね、大学で、……ちょっと疲れてたんだけど、玖馬君と話せて、元気を貰ったよ」

 玖馬は嬉しさに顔が歪みそうになり、ぐっと口の中を噛んだ。

「お、俺の元気なら、いくらでもあげますから…!」

「はははは」

 思わず、意味不明なことを口走ったが、來樹がそれを笑い飛ばしてくれた。


 末樹は、意を決して”発信”の文字を押した。

 耳に近づけると、呼び出し音が鳴っている。

 出てくれるだろうか。

 今まで、電話をするのにここまで緊張したことはない。

 しかし、直接会話しないと駄目だと考えていた。

「出ないかな…」

 呼び出し音を長いこと聞いていると、末樹は半ば諦めモードに入ってきた。

 深いため息をつき、緊張で力の入っていた肩を落とした。すると。

「…末樹?」

 聞き飽きていた呼び出し音が消え、電話の相手の声が聞こえてきた。

「糸村…!」

 末樹は意図せず大きな声が出た。ここは自分の部屋で、他に誰もいなかったが、自分の声に驚いた末樹は、反射的に口元を手で覆った。

「悪い、今ちょうど予備校で…」

 紺は電話の向こうで申し訳なさそうな声を出した。

「ごめん、そうだよね。…いま大丈夫なの?かけ直す?」

 末樹はハッとして眉を下げた。

「いや大丈夫」

 紺は控えめな声で答えた。今、講義中だったのだろうか。

 予備校のどこかで、こっそり電話しているのかもしれない。

「でもかけ直した方が…」

「いや、今でいい。今じゃないと、もう、出れない気がする」

 紺は含みを持たせた言い方をした。末樹が何故電話をしてきたのか、分かっているようだ。

「…そっか。ありがとう」

 末樹はこれからの紺との会話に、覚悟の意思を持った。

「……悪かった」

 先に口を開いたのは、紺だった。

 反省しているような声色で、少しだけ空気が震えていた。

「いや、謝ることじゃないよ…」

 末樹はベッドに腰を掛け、床に目をやった。

「驚いただろ。…不快だったら言ってくれ」

 紺は会話を続けた。電話の向こうからは、紺の声しか聞こえなかった。

「不快とか、そういうんじゃないよ。…でも俺にしては、勘が良かっただろ?」

「ああそうだな」

 末樹が少しだけふざけると、紺の小さく笑う息が聞こえた。

「なぁ糸村、こんなこと、聞くのはおかしいかもしれないんだけどさ」

「何だ?」

「莉々ちゃんの告白断ったのって、…俺のせい?」

「せい、ってなんだよ。それは俺自身の問題だろ」

「……そっか。……あのさ、なんで、俺のこと…?」

「好きかって?」

 末樹の言葉の続きを、紺ははっきりと言った。

「俺が好きなのはお前だよ、末樹」

 初めて、紺の口から聞こえた確かな言葉だった・

「…うん」

 末樹は頷くことしかできなかった。

「どうしてかって、理由なんて、いくらでも挙げられるけど…。言えるのは、そうだな…末樹自身が好きなんだよ」

 紺は落ち着いた口調で続けた。なんだか、紺が何歳も年上の落ち着いた大人のようにも感じた。

「それじゃ、理由にならないような…」

「確かな理由なんているかよ?」

 紺は、ふっと笑った。

「そう、そうなんだけどさ…。友達って言う関係じゃ、違うの?」

 末樹は紺の気持ちが分かるようで分からないまま、困惑した表情をしていた。

「それは違うな」

 紺ははっきりと答えた。

「勿論、友達としても好きだった。でも、いつの間にかそれだけじゃ足りなくなってきたんだよ。お前のことを、人間として好きなことにどちらもその変わりはない。ただ、友情とか、人間愛とか、そういうの超えて、この感情は、お前だけにしか向かないんだ。末樹」

「……糸村」

 紺の告白に、末樹は胸が締め付けられた。末樹も紺のことが、一人の人間として好きだ。でも、その気持ちがどちらを向いているのか、自信がない。

 こんな気持ちでは、紺の気持ちを受け止める資格などない。

 それにもかかわらず、紺は、大切な、末樹にとってかけがいのない存在だ。

 末樹は、紺との関係を続けたい、これまでのように紺を求める気持ちを、どこかにしまうことなどは出来そうになかった。

 末樹は、痛み続ける胸に、顔を歪めた。

「まぁ困るよな、こんなこと言われてもさ」

 紺は末樹の心中を察するように、微かに笑った。その声は、とても自虐的で、末樹にはそれも耐え難かった。

「とりあえず、受験も控えて大事な時期だし…」

 紺が言葉を発するたびに、末樹は何かを言いたくて口を開閉していた。しかし何も言えなかった。

「俺は、この気持ちをこれまで通りしまいこむからさ、…末樹もあんま気にしないでくれよ」

「…そんなことできるかよ」

 末樹は震えた声で呟いた。

「糸村の大事な気持ちだろ。自分で蔑ろにするなよ」

 自分がはっきり答えられないせいだと分かりつつも、末樹は紺を責めた。

「…そうだな。でも、俺はお前とどうにかなりたいとか、そういうことは端から望んでないし…望まないよ」

 紺の言葉は、本心ではないことに、末樹は気付いていた。しかし、自分には何も言う資格はないと、末樹は黙って聞いていた。

「末樹」

「なに…?」

「ありがとな」

「……」

 紺はそう言うと、電話を切った。末樹は、通話が切れたスマートフォンの画面をじっと見て、悔しさで拳を握った。

 自分の不甲斐なさに、末樹は情けなくなった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る