いつかの魔法

作者 紀之貫

161

59人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

けしてラノベ勇者譚でもチート成り上がりでもない。じゃあなんだよって聞かれたらまるで良くできたN〇Kドラマ、かな。
だから、ただし、しかし・・・・そのリアル感は他の追従を許さない。
何のスキルもなく人を殴ったことさえない弱虫小僧が凄まじい武器や強さを手に入れドラゴンさえ簡単に屠る!走ることもままならなかったのにお姫様や美女に囲まれついには空さえも飛んでしまう!読み飽きちまったまたかよ的な強さのインフレも絶対に起こらない。それこそがリアリティ!おれでも出来るんちゃうかって、ちょとだけ思うよ・・・ただしね、竜殺しも空中浮遊も実はやっちまうんだよこれが。お姫様的な魅力のキャラもちゃんと居るしね。
なんだかんだ言って、実は異世界ファンタジー要素は全てあるんだよこれが、実にリアルなN〇Kドラマだからまあ、読んでみなよ。

★★ Very Good!!

本作は魔法設定が細かく、Aという図形にBという文字をあわせて「魔法A-B」を起こす、といった具合に魔法という技術についてロジック的な説明をしています。主人公が少しずつ色々な魔法を覚えて成長していくのが魅力的ですが、その分設定説明が多くテンポはあまり良くないです。
ですが、キャラクターの内面的な葛藤や成長、予想外だったり熱い展開など、物語として完成度が高いので是非おすすめしたいと思います。
魔法設定を読む部分を重く感じたら、ピンと来なくても軽く読み進めて良いと思います。それでも作品の良さは損なわれないと思いますので。

★★★ Excellent!!!

まず最初に言っておきたいのが、クライマックスの面白さ。オリジナルの世界観がしっかりと作られていて、その描写のためにほかのレビューにもある通り説明臭くなっている。しかしそれも日常パートのみ、日常だからこその話。クライマックスになると、日常パートの伏線を回収しながらテンポをあげていき、どんどん熱い展開に盛り上がっていく。この物語の緩急の付け方がとにかく上手い。

チートなし主人公の活躍にワクワクし、登場人物たちの人物描写で物語にのめり込み、戦闘描写で燃える、とにかく完成度が高い作品。


そして何より女の子が可愛い。
はよくっつけ

★★★ Excellent!!!

序盤は慣れていらっしゃらないのか、分かりづらい箇所(説明や究明シーン)がややありますが、すぐそれも気にならなくなり、とても丁寧な描写、日々の生活。
工夫して努力して関わっていく人々を支えていく。
転生にありがちなチートはほぼなく、主人公がどうなるのか先の気になるお話です。

★★★ Excellent!!!

魔法あり、チートなしです。転生してから魔法を覚えていく過程において、細やかな説明と描写があり、実験もあり。
まるで、魔法の論文を読んでいるかのようです。
風景や戦いの描写が細かく、文章を読みながら映画を見ているような気持ちになりました。
これからの展開がどうなるか楽しみです。