幻の夏 はんぶんこ

作者 響ぴあの

見える世界が変わっても、世界そのものは変わらない

  • ★★★ Excellent!!!

 不平不満を言える間は充分幸せだ。感情を表に出して、態度に示せるのだから。問題なのは自分を誰かと比較してしまい、その悔しさに心を支配され、将来に対して消極的になることだろう。それは誰にでも起こることだが、それまで当たり前だと思っていた何かを失った者にとって、そのもどかしさは計り知れないと思う。
 視力が原因で前向きになれない少年が主人公だが、やはり膝を抱える“人”の心を引き上げられるのは同じ“人”しかいないのだろう。どうあったって孤独は何も生まない。周囲の優しさはそれだけで強い力となる。
 運命とは非情ながらも希望も与えてくるのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おこげさんの他のおすすめレビュー 27