アイツもコイツも裏切り者!?

作者 綴屋すずり

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私欲に溺れ、滅亡の危機に陥った人類は神に対してある”賭け”を持ちかける。
その賭けの対象になった4つの国から集められた4人の子供達が、国の存続を賭け争い合う!

と、初めはデスゲーム物のような印象を受けた。
しかし読み進めていくと、デスゲームの様な設定をそのままにコメディチックに展開していく。

一見優秀そうに見える主人公が、ライバルである他の子供達に手玉に取られている様子などは本作品の見どころの一つだ。
本来暗くなる様な騙し合いのシーンなどもコメディタッチに展開してくれるので、ストレスなく読みやすい。

冒頭にも書いたが、いい意味で期待を裏切ってくれた作品。
今後どの様な結末を迎えるのかが非常に楽しみな作品となっている。

★★★ Excellent!!!

最初に読んだ時、「おっ、なろう小説かな?」と私は考えてしまった。普通のなろう小説らしく、最初はパロディを取り入れてギャグが続く。シリアスな笑いとでもいうべきか。
だが物語を読み進めるに従って、中々しっかりした設定や登場人物の意思の強さ、各々の役割を理解した姿などに心を打たれてしまった。
まだ5話しか無いが、テンポよく読み進めることができてもう少し話が進んだら「なろう系なら何がおすすめ?」と聞かれたとき、おそらくこれを答えるだろう。