迷惑メールばっかり送られてくるん何者ぞ?

作者 いっさん小牧

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

出会い系サイトのサクラをしている主人公と、個性豊かな仕事仲間たちを中心とした、出会いと恋にまつわるちょっと不思議なお話です。

出会い系サイトと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?
恐らく少なくない方が、「うさんくさい」「ふしだら」「あやしい」「いかがわしい」「寂しい人の集まる場所」などのネガティブイメージを持たれているのではないでしょうか。
もしかしたら、「金で仕組まれたみじめな出会い」や「犯罪者の巣窟」などとも……。

さらに「出会い系のサクラ」という職業については、どういうイメージを抱くでしょうか。
たぶん、多くの方が、あまり良いイメージはないのではないでしょうか?
我が子が「将来は出会い系のサクラになるんだ!」と言ったとき、親が心から応援したくなるような職業では……一般的には……ないかと思います。
実態がよくわからないまま「嘘つき」「良心がない」「人の心を利用して金もうけをする悪」……このような怖いイメージを持っている方も少なくないのでは。
わたしもなんとなくそうでした。

このお話のとてもおもしろいところは、そんな価値観を「ぐるん!」とひっくり返してくれるところにあります。

経営者の千映さんは、「人と人との出会いを大切にしたい」という信念を持って寝る間も惜しんで働いています。
そう、言われてみれば……と。
人と人とが「出会う」場。それは素晴らしいことのはずです。良い出会いばかりではないけど、かけがえのない素敵な出会いの機会はどこにだって溢れています。
それが「出会い系」サイトであれば、利口な使い方をすれば、出会いを求める人と人とをより効率よく結び付けてくれる一手段となり得ます。
シャイで面と向かってはうまく話せない人だって、出会い系サイトを使うことで、心を打ち明けられる相手と出会うことができるかもしれない。

本質を見れば、「人の出会いの機会を作る場所… 続きを読む