◆第4回ネット小説大賞を受賞した、ある書籍化作家のエッセイ◆

作者 名もなき多肉

117

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 心臓を直接握られているかのような息苦しさを読み進めながら感じていました。似たような経験をした覚えがあるからかもしれない。ただ、改めるのに遅すぎるということはないというように、幸せになるのに遅すぎるということはない。
 多くの人に読んでもらいたいエッセイです。

★★★ Excellent!!!

自尊心とはなんだろう?
人のレビューに自分語りで申し訳ないが、私は彼の文を読んで我が身を振り返った。

自分は音楽関係の仕事をしていたのだが(今はやめている)音楽の世界と小説の世界は似ている思う事が多々ある。
この独白にも、旧帝という全てを持った天才が出てくるが、音楽の世界でも、実際演奏だけで食べていける選ばれた人間なんて一握り
それでも皆その魅力に取り憑かれ、その道のプロになる事を望み、多くの人間がどこかで諦め、折り合いをつけてそれぞれの人生を歩んでいく。

音大受験の1年半前、とある教授にこの子はダメだと言われた事を、今でこそネタのように話せるようになったが
当時は、それこそ毎日何時間も練習してレッスンにのぞみこれを言われたわけで
その言葉は紛れもない事実だったとはいえ、やはり相当ショックだった。

そこで私が自分の傷を軽くするためにした事が、自尊心を捨てることだったのだ。
最初からそこ目指してないですよ、上の人達は凄いなあ!と傍観者として下から見上げていれば、全く傷つかずに日々を過ごしていられる。

思えば私は、一生懸命必死にやってダメだった経験をもうしたくないがために
音大に入ってからも、バイトが、お金が、周りほどピアノが好きじゃないなどと言い訳して
自尊心を捨てたふりをしながら、自尊心を保っていただけだったのかもしれない。

この小説を書いている彼は、私から見たら、一度書籍化した経験があるだけでも凄いのだが
自分が小説を書いてきた事にプライド、自尊心を持ち続けている。

それでいて、自分が今何者でもない事と真っ向から向き合い文章にしている。
プライドを守るために嘘をついた事も、成功者への妬みも、全て赤裸々に描き
目を背けていたかった、自分自身の心の奥底にある狡さ、醜さ、弱さ、自尊心を揺さぶってくる。

正直私は文学に造詣が深いわけでは全くないのだが、三島由紀夫さ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

私は名もなき多肉氏ではない。
そんなの当たり前なんだが、自分とどこか重ねてしまうほどに生々しい文章がそこにはある。
自分自身もいわゆる「無敵の人」に限りなく近い「いい歳」になりそうな年齢だが、唯一違うとしたら多肉氏と比べたらそこそこ能天気だった事だろうか。ただ、それが作品と向き合うプライドの無さや、人生への諦めの表れなのかは分からない。
だがこの文章を読んでいると「小説家」という立場がいかに不安定かつ自分との戦いが続く事がよく分かる。それを頭で理解していても、数字や評価に固執して小説を書き続け、文に向き合い、心が撓んでしまう作家陣はきっと多い。

この心に爪痕を残す独白文を、作家志望の人々は「警告」として受け取っておいた方がいいだろうなと思い、レビューを残させて頂く事にしました。自分としても色々と学びが多いなと感じた部分もあり、肝に銘じなければならないのでしょう。とても苦しい事ではありますが、同時に大事な事です。

最後に、この場で公開してくださった事を作者の名もなき多肉氏に厚く御礼申し上げます。

★★★ Excellent!!!

根っこの気質が違うので全く共感は出来ませんでしたが、それでもグイグイと引き込まれて感情移入させられました。素晴らしいエッセイです。著者の魂の叫びですね。出版社にはランキング目的のしょうもない作品ばかり書籍化してないで、こういう本物を書籍化して欲しい。私が編集者なら、迷わず書籍化しますね。これは話題になるし多くの人の支持を得ると思います。

★★★ Excellent!!!

 さて、書籍化作家と言えば、我々インターネットで物語を書いている人間が神の如く崇める存在である。
 我々は趣味として文字を書き、感想やフォロー、そしてPVを喜び、読者に感謝しつつ、それを糧にまた文字を書く。
 しかし、我々はカクヨムロイヤルティプログラム等で小遣いを貰う事はあっても、それで飯を食べている訳では無い。
 一方で書籍化作家は、出版の対価として印税を出版社から貰い、それで飯を食べている人間。すなわちプロである。
 これはそんなプロの小説家が無敵の人へジョブチェンジしてしまったエッセイである。

 無敵の人とは、もう失うものも守るものも無い状態の人であり、プロの小説家からは遠く離れた存在のように見える。
 しかし、殆どの書籍化作家が商業界では生き残れないという現実の前では、プロの小説家はこうも簡単に無敵の人へなってしまうのかと、あまりにも残酷な現実が迫真性を以て我々に提示される。
 勿論、『名もなき多肉』先生に全く問題が無いとは言わない、しかし、その問題をここまで赤裸々に自らの手で書き、ネット上に公開する勇気を私は称賛したい。少なくとも私には出来ない。
 だからこそ私は先生を勇者と呼び、讃えたい。

★★★ Excellent!!!

いつも、どんな時も小説を書いていた作者。好き、という気持ちでひたすら書き続けていた甲斐あって、ある小説の賞を受賞した。すべてを得られたような、人生の勝者になったような、そんな素晴らしい一日。誇らしく、嬉しさに酔う、そんな人生の1ページ。彼はそこからメインで収入を得ていた仕事を辞め、出版された本は売れ行きが思わしくなく、1冊で打ち切りになった。物語だったらそこから転落人生を歩むか、思いもよらない発想で一発逆転することになるのだろうが、人生とはそんなものではない。ただ、ただ長い日常が口を開けてぽっかり待っているものだと思っている。これは作者が書き綴るつらく恥ずかしく、醜く、ひたすら痛い悔恨の『受賞してからのその後』エッセイだ。こんなことまで書かなくてもいいだろうに…と思うほど腹を掻っ捌いて赤黒いはらわたを見せてくる。読めば目をそむけたくなる気持ちもわかるし、同じ匂いを感じて叫ぶ人もいるだろう。凄いのは『でも書いちゃっている』ことだ。彼はエッセイや小説をそれでもひたすら書き続けている。私はどんな売れっ子だって小説家一本で食うことは、ひとつの仕事が終わったら『次の仕事まで待機している現在無職』だと思っている。そしてその待機時間が長ければ長いほど人は病んでくるし、どんどん書けなくなっていく。でもこの作者はなんの注文がなくても『でも書いちゃっている』のだ。これはお世辞でもなんでもなく、凄い才能だと思う。みんな幾度も一次落ちしたり、いいところまでいったけれど受賞はしないまま心が折れたり、受賞してもやはり打ち切りやその後の注文がないから疲れて書くことを辞めていく。『でも書いちゃっている』人はこの世にどれだけいるだろう? 私は、誰もいない暗闇でもひたすら踊り続けることこそ小説家だ、と信じている。

★★★ Excellent!!!

はじめまして、銀河革変と申します。

貴方が無職だろうが、嫌味なお人、自業自得だと誰かが言おうが僕は気にせず、書きます。

魂が震えました。

貴方がそれが正しいと思った決断も間違いだったかもしれませんが、必死に足掻いて生きてここに記されたこの“文魂”を継ぎ、書こうと思いました。

丁度、僕は次話投稿にこの話で良いのかわからず渋っている所でした。
最初に軽い気持ちで読んでいましたが、貴方が足掻く美しさを見て、自分はまだまだ未熟だと感じました。

貴方が自分をさらけ出して書いた文章が僕に勇気をくれました。

最後に僭越ながら一言書きます。

『貴方の存在自体が才能である』

良いエッセイでした。今から貴方の小説を読みに行ってきます。

★★★ Excellent!!!

ここで綴られるのは人を信じることができなかった、そして自分さえも信じることができなかったある男性の、ありのままの心情です。

幼少期より積み重なっていた小さな歪みが、ある時男の心の支柱を叩き折る。
心が砕けたその時、自分を引き上げてくれる他者がいなければどうなるのか? この作品が指し示すのは、そんな誰にでも起こり得た可能性の、その先です。

人は一人では生きられない。ありふれたこの言葉を何よりも痛烈に伝える、黒く歪んだエッセイ。

孤高の道を歩む前に、是非ともお読みください。

★★★ Excellent!!!

幼少期・少年の時に辛い思いをされて、体だけ大人になった人間。
その人間が自ら人になろうとする努力や挫折を表してくれている。
そして、率直な言葉ですが、「哲学という沼にハマって、もがいている」
そう思います。

話ことばで書いたっていいじゃない。
わざわざ難解な言葉で伝えなくてもいいじゃない。
プライドが邪魔してたって、いつかそのプライドが必要になる時がくるかもしれないからいいじゃない。

これからに期待したい部分として
言葉としての「意味」だけではなく、その中に含まれた「感情」「思惑」
その他もろもろ。
それを全て自分から出しきった時、この自分という小説は更に飛躍出来る気がしています。