ツッコミ錬金術師とクソボケ死霊令嬢、ド田舎雑貨店を営んで暮らす。

作者 坂神京平

死霊令嬢(ボケ担当)と神官少女(むっつり)―あなたはどちらがお好き?

  • ★★★ Excellent!!!

可愛くてHENTAIなヒロインを書かせたらカクヨム界では右に出る者がいない坂神さんの新作です。
今作は錬金術が登場するファンタジー・ラブコメ。
現代物のラブコメを多く執筆されてきた作者様ですが、実はファンタジー系のお話も大得意なのです。過去には『竜になるまで逃げないで!』という奇抜で綿密な設定のファンタジー・ラブコメも執筆されていました。
今小説も、『竜になるまで逃げないで!』を超える勢いで、ラブとコメとファンタジーが超面白な感じで仕上がっています。
特に、コメ(HENTAIヒロインたちとのコメディタッチな会話劇)はもはや匠の技……(*^^*)

わけあって国外追放され、田舎の村で雑貨店を営んでいる主人公の錬金術師サイラス。そして、彼を取り巻く二人のヒロイン。この三人のやり取りがとにかく面白いのです。


死霊令嬢(要するに、肉体が死んでる)のミュリエルは、元の人間の体に戻る手がかりを探すために主人公の店を訪ねてくるのですが……。
彼女の出身地ミルヴァートン地方では会話に『ボケ』と『ツッコミ』を織り交ぜるのが淑女(?)の嗜みらしく(お前の故郷は吉本新喜劇がある難波かよ)、やたらとボケるボケる。ボケまくる。ボケるためなら、自分が死体だということもネタに使う。下ネタにも突っ走る。ツッコミ気質の主人公はそれにツッコミ入れざるを得ず、見事な夫婦漫才が成立してしまいます。
坂神さんの作品ではヒロインと主人公のボケツッコミは定番と言っていいほどよくあることなのですが、それが作中世界の「土俗の風習(?)」として設定されているのが作者様の遊び心が出ていてグッドだと思います(笑)

そして、もう一人のヒロインの神官少女アメリアちゃんが私のイチオシです(*´Д`)ハァハァ
アメリアちゃんは何やら主人公に恩義があるらしく、通い妻のように毎日主人公の家にやって来て甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる清純派な女の子です。
主人公が好きすぎる健気なアメリアちゃんがとにかく可愛い。
好きすぎて、主人公の腹筋にハァハァ興奮しちゃうむっつりなところも可愛い。
物語が進むにつれてむっつり度合がエスカレートしていき、ミュリエルに「むっつりの逸材」「腹筋大好きどスケベ神官娘」と評されてしまう残念なところも可愛い。
しかも、真面目な性格なので、自分の性癖にちょっぴり罪悪感を覚えているっぽいのがこれまたすごくかわ……(以下略)
清純なのにエッチって、いいよね!!!(魂の叫び)


HENTAIな美少女は可愛い。可愛いは正義。すわなち、HENTAI美少女こそが正義なのです!!!

ひたすらHENTAIヒロインを追求してきた作者様が、ファンタジーな世界観でお送りするHENTAI美少女たちとのキャッキャッウフフなボケツッコミ会話劇。坂神作品の常連さんも、新規の読者さんも、200%楽しめる作品に仕上がっているのでぜひぜひ読んでみてください。

たまに竜退治とか迫力満点なバトルシーンも挟みつつ、ラブコメ定番の水着回もあります。(もちろん、ポロリもあるよ!!)

あなたは、死霊令嬢(ボケ担当)と神官少女(むっつり)、どちらがお好みですか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

青龍明良さんの他のおすすめレビュー 84