一点一画物語

作者 マレー・筆人

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あるタクシー運転手の話、ゲームに参加した大学生の話、殺人鬼の話。エピソードごとに登場人物の境遇もシチュエーションもまるで違う話が語られる。
しかし読み進めるにつれ徐々に一つ一つのエピソードが物語における重要な要素であった事が明らかになっていく。

各エピソードはいずれも起承転結がしっかりしている&テンポよく進むためエピソード単体でも面白い。
単体で完結している事もあり1話ずつ読み進める形でも十分楽しめるだろう。

そしてこの小説の真価は各エピソードが徐々に収束していく物語にある。
この「徐々に」というのがキモでエピソードが進むごとに少しずつ要素が繋がっていくのが読者にも分かりやすく描かれている。

1話ずつでも楽しめるとは書いたがそんな事情もあり特に中盤以降は一気に読み進めてしまうだろう。

本編が少なめの話数で綺麗に収まっているので気軽に読める本作。ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

 一番最初に私がこの作品を読んで衝撃を受けたのは、「物語の脳内への浸透度」です。セリフが頭に入ってくると同時に、脳内再生され、そしてまた文章を一つ読むことによって、そしてまた一つ矛盾点や不明点が見つかる。

 そして最後に、その矛盾点や不明点がパッと線になって無駄な点がなくなったときの爽快感や、開放感がとてつもなくスッキリ!
 これこそ、一話読んだだけで満足できる小説です。

 これまでいろいろな小説を様々な視点から切り込んできた私が言います。
 これは本当に、最強で、最高に面白い!


 読んでみてください。読み終わった直後、多分ですが作者様の事を拝んでいると思います。

★★★ Excellent!!!

平和な夜とか、大切な予定とか、君が今日何かいいものに出会う準備にあるなら、この作品は読まない方がいい。
事件は物語の中ではなく、君に起きる。

一話が長い物が多く、先に字数を見る人には取っ付きにくいかも知れない。そんなことでこの出会いを諦めてはいけない。
ちゃんと会ってから、好悪を定めて欲しい。

強いて言えばミステリー、でもジャンルを一枚飛び越えている。ミステリーじゃないところに極上の旨味が乗っている。

事件は君に起きる。
受け止めて欲しい。

★★★ Excellent!!!

一言で言えば、爽快!!
全ての線が一つにつながる瞬間の気持ちよさを、みなさんにも味わってほしいです。
これを読まないなんて、損してる!ほんとに!!

そして作者さんに個人的に望むこと。
一点一画物語をぜひ脚本にリメイクし、テレビ会社に持ち込んでいただきたい。このミステリーは俳優が演じる連続ドラマとしてぜひ観たい。ものすごく観たい!

★★★ Excellent!!!

コ〇ンや金〇一なんかより面白い本格推理物。

残酷描写が多いけど、読み終わった後のすっきり感が半端ない!

一見繋がってるように見えないけど、よく読むと面白い!
カクヨムで400作品以上読んできた私が推奨する!


じっくり時間のある時に時間をかけて読むほうが面白いです!