第16話 外伝 「愛月白日」

 美月が誘拐された事件から一か月ほど経った。

「ハァ…」

 あれから美月は警察の事情聴取やマスコミからのインタビューが連日続いた。高校の教師が生徒を知人と誘拐したとなれば、マスコミが群がるのが分かり切っていたことだったが、それは予想以上だった。それらが落ち着いてきたある日、下校の準備をしている美月は幼馴染の祐介に話しかけられた。

「なあ美月。大丈夫か?」

「大丈夫。やっと嫌な声と音がなくなってきたから」

「……やっぱ大変だったんだな」

「だからもう大丈夫だから」

「……どっかに遊びに行って気晴らししないか?」

「却下。疲れるだけだから」

「………そうだ!久しぶりに俺んち来ないか?」

「……え?」

「俺らわりと家近いけど最後に俺んち来たの小学生ぐらいじゃね?」

「あんたんちに行ってなんかあるの?」

「………お茶とお菓子くらい?」

「……まあいいわ。それで」



「ただいまー!」

「お邪魔します」

「まあ家に誰もいないけどな」

「え?じゃあなんでただいまって…」

「クセかな?ってか鍵開けて入って来たんだからわかるだろ?」

「…っ!……見てなかった…」

「いや音は聞こえるじゃん」

「いや……気づかなかった…」

「ふーん。まあいいや。紅茶とお菓子持ってくから先に部屋行ってていいよ」

「……うん」

 美月は一人で二階に上がり、祐介の部屋に入った。

「へー、意外と片付いてる」

 美月はベッドを背もたれにしてテーブルから近い位置に座り、カバンから一冊の本を取り出して読み始めた。しばらくすると祐介が紅茶とクッキーを洋風のティートレイに乗せて持ってきた。

「お待たせー!」

「ありがと」

 美月は本から目を離さずお礼を言った後、クッキーに手を伸ばした。一方祐介は美月の隣に座って漫画を読み始めた。

「近いんだけど」

「だって届かねえんだもん」

「反対側に行けば?」

「背もたれないじゃん」

「………好きにして」



 二人が読書を始めて2時間ほど経ったが、その間二人は一言も会話せず無言だった。夕方になったため美月が帰り支度を始めた。

「じゃあ、そろそろ帰るから」

「ん。わかった。どうだった?」

「え?どうって?」

「ホワイトデーのお返し」

「………ごめん、意味が分からないんだけど。私チョコあげてないから返すものないでしょ?」

「いや、あの日俺は美月が無事に帰ってきてすごく嬉しかった」

「……何言ってるの?」

「俺はバレンタインで美月が帰ってきたっていう「安心」をもらったと思ってるんだ」

「本当に何言ってるの?」

「だから3倍かどうかはわからないけど、俺は「安心できる時間」で返そうと思ったんだ。美月ずっと疲れてただろ?だから少しでもリラックスして欲しかったんだ」

「…………なるほどね。ありがとう。リラックスできたし休めたかもね。まあまあいいお返しなんじゃない?」

「そう言ってくれると俺も嬉しいよ。あと、ホワイトデー関係ないんだけどもう一つ伝えたいことがあるんだけど」

「なに?」



 祐介は美月を家まで送るために二人並んで歩いている。

「……今日は寒いわね」

「そうか?」

「……うん…」

「……………………」

「……………………」

「最後に手を繋いだのって小学生だっけ?」

「うるさい」

「いてて。爪立てるなって」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る