雇われ降魔士の更科さん

作者 コールドマン

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全30話

更新

  1. 第一話 イエス・ユー・キャンで送り出される素敵な職場
  2. 第二話 おれはもっと楽な仕事でご飯食べていきたいのだけど。
  3. 第三話 仕事一筋だから出会いがなくて
  4. 第四話 証拠を残してなるものか!
  5. 第五話 中身そんなに入っている自信はないし、絶対に不味い自信だけはあります。
  6. 第六話 こちらが先に折れてしまえば万事上手くいくわけですよ。
  7. 第七話 いいえ。こちら、いつだって一杯一杯です。
  8. 第八話 〈お嬢様×グリモワール×戦略系魔術=殲滅令嬢〉の簡単な方程式。
  9. 第九話 ここ最近、やらかした記憶はほんとに無いのだけど
  10. 第十話 ……おれの人生どこでつまずいたのだろう。
  11. 第十一話 本日のサービス残業が確定した瞬間でした。
  12. 第十二話 基本グラスハートなんで、ハブられるのが一番ツラいんです。
  13. 第十三話 弊社の地下へご案内
  14. 第十四話 確かに前科はあるけれど、この勘違いはいつ晴れるのだろう。
  15. 第十五話 驚いている女の子の顔にペタペタとシールを貼りませう。
  16. 第十六話 さて、反省点を考えてみよう
  17. 第十七話 余計な仕事が入る前に九課の看板下ろしちゃえ♪
  18. 第十八話 平和を⁉︎ こよなく? 愛してる!
  19. 第十九話 もしもの時は化け物のせいにする、これ基本。
  20. 第二十話 降魔士と化け物は討つか喰うかのどつきあいこそが正しい関係だ。
  21. 第二十一話 優等生には教えてあげない
  22. 第二十二話 東雲さんは紛れもなくイケメンだ。
  23. 第二十三話 研修生が弁護してくれない件。
  24. 第二十四話 降魔士のおれがビジネスマンやっているなんておかしな話だけど。
  25. 第二十五話 我が身の安全が最優先です。
  26. 第二十六話 考えるな! 感じろ的な何を撃て
  27. 第二十七話 出来ることなら楽な現場に飛ばして欲しかった
  28. 第二十八話 指定危険種
  29. 第二十九話 これが九課のやり方だ(一発だけなら誤射かもしれない)。
  30. 第三十話 わずか数秒でフラれました。