ポニーテール

作者 aoiaoi

48

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 美那と詩音。幼馴染で親友の二人。成長するにつれ変わっていく『好き』の気持ち。

 それぞれの『好きだからこそ』の行動が、相手と自分の心を縛りつけ、その存在の大きさを突きつける。

 苦く凍るような冬を越えて迎える春。繊細で危うい少女たちの想いとその行く末を、ぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

BLをテーマに大活躍のアオイさま。数々の名作を公開されていますが、今回のジャンルは、なんと百合! 同性同士のコイバナであるならば、BLと百合はどう違うのか、結局同じ味付けなのでは、と大変失礼な気持ちで拝読いたしました。
土下座して謝罪いたします。まったく次元の異なる世界観に驚きと、感動をいただきました。BLは男性同士の恋愛を描きます。互いに意地を張ったり甘えたり、むしろ男女の恋愛物語に近いのかなと思っております。今作は百合ですから、女性同士の恋物語なのですが、男性同士の恋愛には見られない女性特有の心情を見事に描かれています。イチャラブもアマアマもありません。むしろ凍った湖の上をそっと割れぬよう歩いていくような、独特の緊張感があふれています。その緊張感が解放されたとき、今作のテーマが光り輝きます。
一読の価値、充分にあり。お薦めいたします。 

★★ Very Good!!

 祝いと呪いは根源を同じくするらしいが、本作は呪いそのものだろう。誤解のないよう強調しておくが、誉めているので念のため。
 さておき、百合物の定番をそつなく押さえた展開で楽しめた。
 大学生活というのは多くの人々にとって青春の締めくくりとなる。にもかかわらず、主人公達が味わった心境を考えるとぞっとする。自分の気持ちを一方的に与え、相手の気持ちを一方的に奪い、それら自体が実行された側はもちろんした側の人生をも束縛している。だからこそ、結末は……。
 詳細本作。