アンドロイドは魔法に服す

作者 深夜みく

キャラクターの命は描写に宿る。

  • ★★★ Excellent!!!

この物語を読んで私が最初に感じたのは『描写の細やかさ』でした。
もちろん、ストーリ構成やキャラクター設定、世界観もさながらですが、スッキリとした文章の中にこれだけの寸鉄を込めた作品は稀でしょう。周囲の風景や雰囲気といった情景描写、個々のキャラクターの容姿、登場シーン等多くの場面においてこの描写の細やかさは読み取ることが出来ます。
こういった『描写』が主人公の葛藤や、冒頭にて語られる過去の記憶の体感をより先鋭化し、読者に『臨場感』と『キャラクター一人ひとりが生きている』という実感を与えます。
私は大変感銘を受けました。今後の展開や作者様の技巧に目が離せません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー