海の雷鳥〜愛を探す者に花束を〜

作者 夏山茂樹

人間を見た

  • ★★★ Excellent!!!

普段、このジャンルの小説は忌避していたのですが、今回はご縁があったので閲覧してみることに
さすがに最初は抵抗がありましたが、読み進めていく度に、題名のように「人間を見ているような」感覚に陥りました。
近代の小説では、良くも悪くも「無機物な人間」がキャラを象っている。例えば、陰キャって言うのに女友達ばっかりいる男主人公。腕を切ろうが足を切ろうが気にしない覚悟完了形主人公。

しかし、この作品のキャラ達は全てに当たって人間味があり、本当にあったノンフィクションの話なのではないかと錯覚したほどです。

作者様の文才には頭が上がりませんでした。

特に現代なんかメンヘラは増えており、それだけ若者が自分の人生において悩んでいるという点では好ましい話ですが、個人的には琳音くんの人間臭さが1番好きでしたね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白黒飴さんの他のおすすめレビュー 21