パンドラの恋人

作者 櫛名田慎吾

パンドラに込められた想いに、胸が熱くなります!!

  • ★★★ Excellent!!!

自身の復讐の為に援交を通じて他人の家庭を破滅させようと企むヒロインという設定に、出だしからやられました。

しかし、この設定が実はダークな設定ではなく、物語のキーワードにつながると後にわかります。

こちらの作品のキーワードは、おそらく人間関係の嘘だと思います。登場人物たちは、誰もが色んな事情を抱えているがゆえに、こうあるべきという概念に縛られている、つまり、自分に嘘をついている状態にあります。

その為、本当に望むことに対して億劫になったり、目をそらしたりするわけですが、
やがて気持ちが抑えきれなくなった時に、嘘の代償のような災難が襲いかかってきます。

そうした状況と対面した時にどう判断するのかというのが、こちらの作品の見所ではないでしょうか。青春の不安定な空気感の中、未成年であるがゆえに簡単にはいかない問題などが出てきますが、ラストがどうなっていくかを皆さまご自身の目で確認していただけたらと思います。

青春ものが好きな方はもちろん、ヒューマンドラマが好きな方には特にオススメです。ネタバレになりますので詳しくは書けませんが、最後はよかったと思える素敵な作品でした!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

思春期まっしぐらの高校生が抱いた恋心。男子側から、女子側から、衝撃的な事件を交えながらも昇華していく過程を描いた、渾身のラブストーリーです。ショッキングなオープニング。まず最初のシーンで、読み手に振… 続きを読む

小森日和さんの他のおすすめレビュー 134