パンドラの恋人

作者 櫛名田慎吾

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    完結おめでとうございます。途中どうなることかと思いましたが、ハッピーエンドが見れてよかったです! 冒頭の暗い感じからはこの爽やかなエピローグは想像もできませんね。また次の作品も楽しみにお待ちしています。

    作者からの返信

    ありがとうございますm(__)m

    なんとかハッピーエンドになれました。冒頭の綾からは想像もつかないほどの変わりようですよねw

    そして早速のレビュー、ありがとうございました!

    それから全然違う話ですが「違うミケランジェロ」(精神異常者)の話、芸術家はちょっと変わった人が多いですけれど、ぶっ飛んだ人もいたんですねえ……。岡本太郎が可愛く見えましたw

    2020年4月13日 20:35

  • 第45話 やっぱりコイツは僕の親友だへのコメント

    あ、やはり離婚という結果になったのですね。出生を前向きにとらえる俊の選択、これでお母さんのことも傷つけずに済んだのではと思います♪

    作者からの返信

    やっぱり離婚になりました……
    まあしょうがないですよねえ……

    出生の秘密のことを俊が前向きにとらえることができたのは
    見事に「大人!」になれたことも原因のひとつではないでしょうか!(推論)

    2020年4月13日 20:29

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    終わってた(笑)
    「あれ? あれ?」の高橋くんを優しくリードしてあげるとかあれとかこれとか、読み飛ばしてしまったみたいなのでちょっと読み直してきますね!

    お母さんの不倫疑惑も未解決なんですよね。ふたりは結ばれましたが、両親は今後どうなるのでしょうか。

    作者からの返信

    あれ、おかしいですね……、高橋くんが「あれ?あれ?」といって焦っているのを、「もう!」っていいながら綾がリードしていた濃厚な場面があったのですが……、一度モニターを火であぶったら出てくるかもしれませんよ(笑)、一回試してみてください!!

    さあ二人はめでたく結ばれましたけれど、やっぱりお母さんは……(>_<)

    2020年4月13日 20:27

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    母親を恨めない、ってのは、人を恨むってかなり辛いことなんだと思います。それが実の母親なら尚更。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます

    人を嫌いになるのと恨むのとではハードルが違いますよね、実の母親だったら本当に恨むのはキツいと思いますね。

    2020年4月13日 20:24

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    完結おめでとうございます。
    ふたりが幸せになってよかった……。
    途中、俊の親父のせいで、ハラハラしましたが……。
    いや、良かった……。

    連載を追う楽しさを堪能した物語でした。
    ありがとうございました!
    ……でも、掲載が終わってしまって寂しい……。

    作者からの返信

    最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございましたm(_ _)m

    色々ありましたけれど、なんとか二人とも幸せな状況に落ち着いたようです。
    俊の親父さんですよね……、さすがに救いようがないのですけど、ストレスもあったんでしょうねえ。可哀想な人といえば、可哀想な人でした。

    連載を追って頂いてありがとうございました、武州さんもまた新しいお話をお願い致しますm(_ _)m、楽しみにお待ちしています(今度はかなりホラーなお話を期待致します(笑))

    2020年4月11日 10:09

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    完結お疲れ様でした!
    あの暗い感じの綾ちゃんが随分と変わりましたね(´∀`*)
    変わったというよりも、元の綾ちゃんに戻ったということでしょうか。
    どちらにしても、そんな綾ちゃんの笑顔を引き出したのが俊くんということは間違いなさそうです。

    改めて「パンドラの恋人」のタイトルの意味を考えてみました。
    どちらにとってパンドラの恋人だったのか、お互いが開けてはいけない箱を開けてしまっていたのか。
    でも、伝説のとおり、最後に残っていたのが希望で救われました(*^_^*)

    作者からの返信

    ありがとうございますm(_ _)m

    プロローグの綾とエピローグの綾は別人になりましたねw
    いや~、どこで入れ替わったんでしょうねえ。元々は弟や家族思いの女の子だったので、ようやく素直になれたということでしょうが、まあツンデレですね(笑)

    「パンドラの恋人」の意味といいますか、タイトルの意味なんですけどねえ……
    南野陽子の歌のタイトルなんですよw
    パンドラ自体が人類に災いをもたらすために神様に送り込まれた女性らしいですからねえ、復讐心に燃えていた頃の綾のモデルですね。ツンデレになっちゃいましたけど(^_^;

    そして早速のレビュー、本当にありがとうございます
    二人の「希望」がこれからも育まれることと思います!

    (それにしても避妊のところのツッコミ、「キタキタ!!」と思いましたw)

    2020年4月11日 10:04

  • 第45話 やっぱりコイツは僕の親友だへのコメント

    今回は粕谷君専用暴れ馬十頭と粕谷君専用手榴弾を百個用意させていただきました!

    さあ、これで思う存分「爆ぜろ!」と暴れてください(^^)

    作者からの返信

    ありがとうございます、馬と爆弾で粕谷は思う存分暴れ回ったと思います!

    ……が、しかし!!

    粕谷「解せぬ……、実はこの俺が優花ちゃんに裏からコソッと教えて二人を引き離したのに、その結果なぜ俊が僕の憧れる長谷川さんとイチャイチャすることになったのか……、解せぬ……」

    2020年4月11日 09:53

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    まずは、完結お疲れさまでございます!

    オープニングから、いったいどのようなドロドロストーリーかと期待、いえ、ドキドキしておりました
    家族愛とは?
    本当の恋人とは?
    お見事な筆致にのめりこんでおりました

    このエピローグ、とても素敵です♡
    ありがとうございます♬


    あ、「連載中」となっておりますけど、今話で完結でしょうかしら?

    作者からの返信

    ありがとうございますm(_ _)m

    オープニングのドロドロからみると、綾の憑きものが落ちたかのようなラストになりましたけれど、最後までお付き合い頂きまして感謝致します!

    家族とか恋人とか、本当にその人に一番合っているのが現状かどうかなんて、分からないものですよね。まあそんなことを上手に書けたかどうか不安ですけれど、お褒め頂いて有り難いです。

    それからすいません、「連載中」ですけど、話は完結していますm(_ _)m

    ただ本編中の数話が4000文字以上/話になっているエピソードがありますので、振り返って読みやすいように分割するつもりです。それで「連載中」ですので、話は終わっています。ややこしくて申し訳ございませんでしたm(_ _)m

    2020年4月10日 13:35

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    完結、お疲れさまでした!

    人の関係は制度や法律で縛れないものだとしみじみ思いました。親子関係につきましては、判例も時の流れを重視したりしますからね。長年一緒だった親子が、明日から他人ですよとはなかなか言えないものです。

    そう考えると、人間関係の形というのには正解は必要ないのかもしれません。どんな形であれ、そこにいる人たちの想いが最終的に決めることだと思いました。

    結ばれそうにない展開の二人でしたが、終わってみたら爽やかなラストでよかったです。とりあえず尻にはしかれそうですが、それもまた二人の関係なんでしょうね(笑)

    今回も素敵な作品、ありがとうございましたm(__)m 青春ものはやっぱりいいものですね!

    作者からの返信

    最後までお付き合い頂きましてありがとうございます!

    僕もDNA検査のことを調べてみてビックリしました。確かに長年一緒にいて、血が繋がってないからアンタら親子じゃないよ、と簡単にはいかないものですよえ……。人間関係は遠くの親戚より近くの他人、というのが本当にあるものだと思います。全然知らない親戚の葬式より、近所のおばちゃんの葬式の方が何倍も悲しいですから。

    さてさて、どうやって二人を結ばせようかとエロい頭で考えた結果ですが、なんとか爽やかに終わらせてみました。
    >>節子「なんで始まると思ったらもう終わってしまうん?」
    という佐月先生のコメントには笑いましたけれど、エロシーンもっと入れた方がよかったですかね(笑)

    早速のレビューも頂きまして、このたびもお付き合い頂き、ありがとうございました!

    2020年4月10日 13:29

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    俊の両親の事は残念でしたけど、今は幸せ。大切だって思える人がそばにいるから、辛い事だって乗り越えて行けますね(#^^#)

    綾の家族も、再会できてよかった(^^)/
    辛い事も悲しい事もありましたけど、それを乗り越えてきた二人ですから、これからは何があっても大丈夫。楽しい大学生活を送って、ゆくゆくは( *´艸`)

    明るい未来を感じさせるラスト。素敵な物語を、ありがとうございました(*´▽`*)

    作者からの返信

    俊の家族に関しては悲しいことですが、俊は吹っ切れていて新生活にも馴染んでいるようです。大切な人が側に居るのは羨ましい限りですねえw

    綾の家族、なんとかもう一度お店を開けるように頑張って欲しいです。そのためにも俊と綾がこれからも仲良く出来るように願ったラストでした。ゆくゆくは二人で新しい家族を作って欲しいものです!

    早速のレビューも頂きまして、このたびはありがとうございました!


    2020年4月10日 13:23

  • 第46話 二人のエピローグへのコメント

    共に第一志望に受かって、同じ大学に行けたのですね。幸せそうな二人が見れてよかった(*´▽`*)

    辛いことがたくさんあって、あまり人には言えない経緯を経て付き合うことになった二人。ですがこれからは、そんな悲しい思いが上書きされるくらい、一緒にたくさんの楽しい思いをしていってほしいです。

    二人のこれからが、笑顔で溢れるものになりますように。
    完結おめでとうございます。

    作者からの返信

    最後までお付き合い頂いてありがとうございましたm(_ _)m

    危うかったようですけれど、春になって綾と同じ新生活を送れるようになったみたいです。いろいろありましたけれど、落ち着くところに落ち着いたというところで、二人には良かったと思います。

    家族のことでいろいろありましたけれど、将来はこの二人が新しい家族になったらいいなと願いを込めたラストですw

    早速のレビューも頂きまして、今回は本当にありがとうございました。

    2020年4月10日 13:21

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    何事も最初は色々考えますよね(^_^;)妄想では予行練習ばっちりなのですが、本番になるとあれこれ考えるのは男の性です!

    この流れならワンチャンあるかもと考えるのは汚い大人の思考ですね(^_^;)やっぱり青春は打算のない成り行きが一番だなとしみじみ思いました。

    なんだか色々と濁流のような展開でしたが、最後はきれいに二人らしく落ち着くところに落ち着いた感じですね。

    さらにコメント欄で二大巨匠の容赦のないコメントもありまして、一番いい形でラストを迎えられるのかなと思います(笑)

    作者からの返信

    いろいろと妄想は捗るんですけどね、いざとなったときは「知識と実践は違う」という現実を叩きつけられますよねw

    ワンちゃんあるかも、なんて考えるのは心が汚れてしまってからですよね
    青いときは勢いと成り行きで、お互いドキドキっていうのが一番ですね

    いろいろありましたけれど、最後には両巨匠に容赦の無いコメントも頂きましたし(笑)、きれいに二人が結ばれたということで、なんとか明日最後の更新を迎えられそうですm(__)m

    2020年4月9日 21:03

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    鈴木「ちがうちがう、そうじゃ、そうじゃない」
    節子「なんで始まると思ったらもう終わってしまうん?」
    鈴木「君を逃せない~!」
    勝新「あったけぇなぁ……」

    作者からの返信

    勝新「もうパンツは履かない!!」
    ボク「さすが! そこにシビれる、憧れるぅ!!」
    俊「ゴム、持ってないよね」
    綾「でも安全日だから」

    2020年4月9日 20:57

  • 第43話 もう絶対にあの子には返さないへのコメント

    さてと……(人差し指でブラインドの一部を引き下げる行為を止め、窓を向いて座っていたデスクチェアーを徐に前へと向ける佐月)

    作者からの返信

    あれ、子供心に石原裕次郎はいつもなんでブラインドのある部屋にいるんだろうと思っていましたよ。そういえばああいうブラインド、最近見なくなりましたねえ……

    2020年4月9日 20:55

  • 第42話 なんで高橋くんが謝るの?へのコメント

    なんか思うんですけど、援交がどうとかいうより、二人の気持ちがどこらへんで落ち着くかを見てる感じになりました。お互いがお互いのことを悪く思っていないので、この流れはきれいだな、と。

    作者からの返信

    すいません、綺麗ですか? なんか嬉しいですねえ
    もう突然褒めないで下さいよ、脱いだパンツを履かないといけなくなったじゃないですか!

    2020年4月9日 20:51

  • 第41話 磨りガラスの向こうの人影へのコメント

    警察から解放された私は戦いからも解放されたいと思った。信じられぬ大人との争いの中で許し合い、一体何を解り合えたのだろうと思った。この支配から卒業したいと思った。チャイムが鳴って教室のいつもの席に座った。チクショーーーッ!

    作者からの返信

    盗んだエロ本を持って走り出す、抜きどころも解らぬまま
    暗い夜のとばりの中へーー

    誰にも知られたくないと、逃げ込んだ公園のトイレ
    自由になれた気がした、45の夜~

    2020年4月9日 20:49

  • 第40話 チャイムを鳴らすへのコメント

    俊「DNA検査をしてきます」
    母(チクショーーーッ!)

    作者からの返信

    母「D(できちゃった)N(のよ)A(あなた)!!」

    2020年4月9日 20:46

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    「暴れ馬だ~!」
    ドカカッ、ドカカッ、ドカカッ、ドカカッ

    「爆発するぞ~!」
    ちゅどーん! ちゅどーん! ちゅどーん!

    ……ふぅ、暴れ馬と手榴弾100個を用意しても足りませんね!
    どうぞお幸せに!

    非常に下世話な話ですが、こんなタイミングでこんなことに至ることは二人とも想像だにしてなかったはずなのに、避妊はどうしたんだろうと気になりました(^_^;

    ……はっ( ゚д゚)
    まさか俊くん、確信犯……!?

    作者からの返信

    二人に暴れ馬と爆弾の祝福、ありがとうございましたw

    非常に下世話な話なのですが、それなんですよ、それ!
    これを書いている時にその問題で十日ほど悩みました(笑)
    さすが愛の伝道師、ヒマリさん。いいところをついてこられます!!

    一応何パターンか考えたんですよ
    1.いそいそと二人で手をつないでコンビニにスキンを買いに行ったことにする

    いやいや、盛り上がってる途中で買いに行くのって……、全然フレッシュな初体験じゃない、却下

    2.綾が援交の時に使ってたヤツがまだ余ってたことにする

    いやいや、そうかもしれないけど、「高橋くん、これ使って」なんて言ったら綾の好感度が下がるじゃないですか、却下

    3.「今日は安全日だから大丈夫」と綾が言った

    いやもうそれビッチじゃないですか! 佐月先生しか喜ばないじゃないですか! 却下却下!


    4.外に出した(何をw)

    常識的にはこれかもしれないけど、それをわざわざ書いたら引くでしょ、読者さんが、で却下


    というプロセスを経て、あえて皆様のご想像にお任せすることになりました(笑)

    2020年4月9日 07:56

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    自分に非がまったくないのに心に傷を負うなんて……
    でもこれからはふたりで手を取り合って歩けたらいいな♡




    「私が何度でも癒やしてあがるから、」は、「あげるから、」ではないかなぁなんて、余計なお世話でごめんなさい!

    作者からの返信

    つばきさん、ありがとうございます(^_^;

    いやいやお恥ずかしい……、癒やしてあがる、なんてちょっと声に出してみたら笑ってしまいました。ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

    これからは綾に癒やしてもらえるなんて、俊も羨ましい限りですねw

    2020年4月8日 15:39

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    少し前まで、二人ともこんな関係になるなんて思ってもいなかったでしょうね。たくさん傷ついた分、お互いの思いで癒されてくれるといいです。

    ただその一方で、受験に進路という現実的な問題も待っていますね。
    同じ大学。現時点では楽観視できる目標ではありませんが、共にそんな未来を目指して頑張って(*´▽`*)

    作者からの返信

    この半年(綾は一年以上)で二人とも傷ついたり、ショックなことが重なったりしましたからね。これからは二人で癒やされて欲しいものです。

    受験……、果たして俊は煩悩を振り払って受験勉強に臨むことができるのかどうかが心配ですねw

    2020年4月8日 15:43

  • 第44話 人の肌って、温かいんだなへのコメント

    お母さんのことは恨めない。それでいいのです。
    素直な気持ちを、お母さんに伝えてください。そうしたらきっと、受け止めてくれますから(*´▽`)

    色んな事がありましたけど、受験生であることに変わりありませんね。
    同じ学校に行けるよう、頑張ってください(∩╹∀╹∩)

    作者からの返信

    お母さんまで恨んでしまったら、もう本当に家族はバラバラですからね。これで俊も綾も吹っ切れて欲しいものです。

    そして受験が間近ですけど、こんなハッピーなことがあって勉強に身が入るのか心配ですねえ。

    2020年4月8日 15:41

  • 第43話 もう絶対にあの子には返さないへのコメント

    うーむむ。綾ちゃん、勢いにまかせて思いの丈をぶつけましたし、俊くんもそれに縋るような感じになってしまいましたが、果たしてこれで上手くまとまるんでしょうかね(^_^;
    これで二人がハッピーエンドになればいいんですが、まだちょっと危うい感じがしてしまいます💦

    作者からの返信

    勢いに任せた二人ですから、このあと夜も長いですし、親もいませんし、二人っきりだし、キスもしちゃったし……
    次回、爆弾や暴れ馬を多数ご準備くださいm(_ _)m(笑)

    2020年4月7日 10:01

  • 第43話 もう絶対にあの子には返さないへのコメント

    大変な事態になってしまいましたけど、こんな形で素直になれるとは。
    たくさん傷ついた二人ですけど、だからこそ分かり合えるものがあるかもしれませんね。

    周りの目を気にしたり、自分でいいのかと不安になるのは仕方がないこと。
    だけどお互いに好きなら、どうかその気持ちを貫いてほしいです。

    作者からの返信

    俊にすれば色々これから周囲から言われる想像はしていますからね
    綾のことを思えば、こんな自分でいいのかと思うことでしょう
    でももうお互いに好きならいいじゃないかと思いますね(^_^;

    2020年4月7日 09:59

  • 第43話 もう絶対にあの子には返さないへのコメント

    かなり複雑になった二人の関係ですけど、俊にとって今の自分を受け止めてくれる人、好きだと言ってくれる人がいるのは、とても嬉しい事だと思います。しかもそれが、長谷川綾ならなおさらです。

    綾が絶対返さないと言っているように、俊もまた彼女を絶対に離さないで。

    作者からの返信

    そうですね、もう絶対に離せない存在になりそうです。

    2020年4月7日 09:57

  • 第42話 なんで高橋くんが謝るの?へのコメント

    綾ちゃん、混乱のあまりに洗いざらい俊くんにぶちまけてしまいましたね(^_^;

    でも俊くんは優しい子なので、きっと綾ちゃんの葛藤を受け止めてくれるはず。
    でも、綾ちゃんの気持ちまでは受け止めきれるのでしょうか💦
    優花と別れたばかりだし、お父さんのこともあるし、俊くんの反応が気になりますね(><)

    作者からの返信

    もう隠すことなく全部ぶちまけてしまいましたね……(^_^;

    俊は優しいですから綾の気持ちはすべて分かってくれると思いますよ。
    なにしろ今の俊には自分の出生に関する疑惑さえ抱えてしまいましたから。
    さてさて次回は俊の秘密の告白ですが……

    2020年4月5日 20:50

  • 第42話 なんで高橋くんが謝るの?へのコメント

    綾、俊のことを好きだとハッキリ言いましたけど、こんな形での告白になってしまうなんて。
    頭の中はグチャグチャ。辛い気持ちが、痛いくらい伝わってきます(>_<)

    だけど、俊はそんな綾のことも、ちゃんと受け止めてくれるのではないでしょうか。
    言い訳でもなんでもいいです。本当のことを、全部話してみてください。

    作者からの返信

    もうグチャグチャですけど、言いたかったこと、自分の中で溜まっていたいた感情をすべて出しました。ですので俊もその想いを受け止めてくれるはずです。

    2020年4月5日 20:46

  • 第42話 なんで高橋くんが謝るの?へのコメント

    謝るべきか責めるべきか、それとも許すべきか、軽蔑するべきか。正解なんてないのですから、それぞれが話を聞いて、心で感じた事が全てなのではないかと思います。

    綾は、自ら告白したことの中に、俊への想いも入っていると気づいているのでしょうか?

    作者からの返信

    確かに正解はないですね、でも二人の心はつながっているはずなので、俊も軽蔑することはないはずです。さらにいえば自分への想いも言ってもらったのですから……

    2020年4月5日 20:45

  • 第41話 磨りガラスの向こうの人影へのコメント

    やはり綾も綾で大変な事になっていますね。お母さん、大丈夫でしょうか(>_<)

    俊と会って何を話せばいいか、すぐにはわからないかもしれませんだけどどうか、話を聞いてあげて。今の俊には、気持ちを受け止めてくれる人が必要だから。

    作者からの返信

    自分の事件で母が病気になったので綾はかなりショックを受けていますね。
    そんなところに俊がやって来たものですから、精神状態はふたりともまともではないはずですが……。

    2020年4月3日 21:02

  • 第41話 磨りガラスの向こうの人影へのコメント

    他の援交もあるので、綾の復讐にかかわらず、俊の父親は逮捕されたでしょうけど、それでも気にするなと言う方が無理ですよね(-_-;)

    俊と会うことを選んだ綾。頭の中はぐちゃぐちゃでしょうけど、どうか落ち着いてよく話をしてください(>_<)

    作者からの返信

    まさか俊がやってくるとは思わなかったでしょうけれど、来たら来たで何を言ったらいいのかわからないでしょうねえ。とにかく再会した二人、どうなるでしょう?

    2020年4月3日 21:01

  • 第40話 チャイムを鳴らすへのコメント

    悪いことは重なるものですね(´-`)
    さて、エロに備えてウォーミングアップをはじめておきます。

    作者からの返信

    おっと、この時点でエロの匂いを嗅ぎ取られるとは!(笑)
    エロに至るまでもうしばらくお待ちくださいm(__)m

    2020年4月3日 20:59

  • 第40話 チャイムを鳴らすへのコメント

    お父さんが逮捕された時から覚悟していましたけど、やはり優花とは別れてしまいましたか。
    綾との間で揺れてはいましたけど、こんな形での別れになってしまって、切ないです( ;∀;)

    俊はもう、ボロボロですね。綾と話をして何がどう変わるのでしょうか。
    いよいよ最終章。最後まで読ませていただきます。

    作者からの返信

    優花の家はちょっとした家柄ですから、銀行の不祥事なんてすぐに耳に入るのでしょうね……、可哀想ですけれど俊とはこんな別れになってしまいました。
    身も心もボロボロになって、粕谷にも会えない俊が頼ったのは綾のところなのですけれど、綾は受け入れてくれるのでしょうか。

    2020年4月1日 20:51

  • 第40話 チャイムを鳴らすへのコメント

    誰にも言えない思い。だけど綾にだけそれを話したいと思ったのは、彼女の存在がそれほど大きくなっているからなのでしょうね。
    綾は今なにをしているのでしょう。そして、俊を見て何と言うのでしょう。決して穏やかな対面ですむとは思えませんが、それでもどうか、やり場のない俊の思いを受け止めてあげてほしいです(>_<)

    作者からの返信

    誰にも言えないけれど綾には言いたい、これは俊の甘えなのですが、果たして綾は受け入れてくれるのでしょうか?
    そして綾の方も本当の気持ちを俊に言えるのでしょうか? いよいよ二人の再会ですけれど……

    2020年4月1日 20:49

  • 第39話 僕は……いったい誰のへのコメント

    元銀行員の方に聞いたのですが、銀行員は結婚しないと出世しないそうです。身を固めていないと、女性絡みのスキャンダルが怖くて役職は与えられないそうです。スキャンダルについては、かなりシビアにかつ疑惑の段階でも処分するそうなので、お父さんの処分は仕方ないと思います。

    しかし、俊の運命には同情を越えたものがありますね((T_T))怒涛の展開の一番の被害者かもしれません。この仕打ちによって某探偵事務所に就職しないければいいのですが(笑)

    作者からの返信

    銀行員はスキャンダルに厳しいですからねえ。就職の際の身元調査も結構厳しいですし、反社との繋がりなんてもってのほかですからね。女子行員を採用するときでも親の資産があるかどうかで決める(貧困で横領しないように)という世界で、援交は……。

    俊の出生の疑惑、優しい俊ですから母親に詰問するすることは出来ないでしょうし、さらに次話でもいろいろありますし、本当にまかり間違って某探偵社に就職しなければ良いのですが(笑)

    2020年3月30日 15:33

  • 第39話 僕は……いったい誰のへのコメント

    怒濤の展開ですね……。
    もう、おとんもおかんも、やりたい放題やないか……。

    作者からの返信

    もうボロボロですよね、こういう時って一つの信頼関係が崩れたら一気にいきますよね……

    普通ならグレる(死語w)俊ですけど、優しい性格なのでいったいどうしたら……

    2020年3月30日 15:29

  • 第39話 僕は……いったい誰のへのコメント

    お父さん、そもそもあなたがしたことが原因で大変た事態になっているのに周りに当たって(-_-;)

    だけど事態は、更にとんでもない方向に。
    お父さんの言っていることは根拠の無い憶測ですけど、俊を動揺させるには十分ですね。
    もう真実がどうかがわかる前から、ボロボロです(;つД`)

    作者からの返信

    全面的に親父さんが悪いんですけどね。もう八つ当たりもいいところですね。

    ウソだと思いたい俊ですが、いろいろと昔から考えていた状況証拠が積み上がっていきます。そしてさらに次には……

    2020年3月30日 15:27

  • 第39話 僕は……いったい誰のへのコメント

    父親の援交、綾との関係。今までに起きたことで既に限界寸前の俊でしたが、そこから更に容赦のない事態に。

    ウソですよね。どうかウソであってください(>_<)

    作者からの返信

    これがウソだったらいいのですが、状況を見るにウソともおもえないところが……

    いろいろ耐えてきた俊ですが、もう耐えられそうにありません。そしてさらに……

    2020年3月30日 15:25

  • 第39話 僕は……いったい誰のへのコメント

    きたっw
    まさかの禁断ルート?
    実は綾と兄妹で禁じられた恋にはまっていく的な(笑)

    作者からの返信

    来ましたっ!!

    その禁断ルートも良かったのですが
    実の兄妹での禁断の愛はちょっと守備範囲をはずれていまして(^_^;

    昔の大映ドラマ的展開、確かに好きですけど!
    高校聖夫婦とか〇ヌスの鏡とか見てましたけど!(笑)

    2020年3月30日 15:24

  • 第38話 キミは、長谷川綾という女の子…へのコメント

    あと30年もすれば処女とかどうでもよくなると思いますが、
    心のどこかで実はやったんじゃないか疑惑が消えないお年頃。
    青春だな~~

    30年後の俊「え、僕ですか? もちろん処女以外は受け付けませんよ」

    作者からの返信

    30年後に48歳になった俊がまだそんなことを言ってたら
    高年齢DTまっしぐらで大賢者になってるじゃないですかw
    (とはいえ世の中には真面目にそう言っている中年男がいることも事実で……)

    2020年3月30日 15:20

  • 第38話 キミは、長谷川綾という女の子…へのコメント

    示談成立でかろうじて10日間の拘留は免れそう? でもこれで俊にバレたと綾も知っているんでしょうねえ(T_T) いやあこんなドロドロが待っていようとは想像しませんでした!

    作者からの返信

    示談成立でなんとか帰って来そうな雰囲気です。それはそれで一安心かと思いきや……。

    この先ドロドロとしたものがスッキリとなるかどうかは、エロ展開にかかっていますね!(笑)

    2020年3月29日 07:48

  • 第35話 弁護士へのコメント

    お母さんの気持ちお察しします(T_T) こういうおっさんはどんどん逮捕されてほしいですが、家族は辛いですね。

    作者からの返信

    こういうオッサンはどんどん捕まって欲しいですね。エロいことをするなら某警部のようにオープンでエロいことをしないとダメですよねw

    2020年3月29日 07:46

  • 第38話 キミは、長谷川綾という女の子…へのコメント

    着歴から綾ちゃんの方にも捜査が及んでしまったのですね(><)

    とりあえず俊君のために示談が成立したのはよかったですが(親父にはそれ相応の制裁が必要ですが)、同級生と父親がホテルにまで行ったというのはかなりショックな話だろうと思いますね。
    ただ、このモノローグの締め方だと、この先も綾ちゃんとの縁は切れないようですが……

    作者からの返信

    ついに綾のところまで行き着いてしまいました。お父さんも余計なことをしてくれたものです(怒

    このクソ親父には制裁が加えられて当然なのですが、俊はショックだったでしょうね。でも更に俊にはショックな出来事が続いて、自分では気づかないうちに綾に甘えるような行動をとってしまいます。なんて可哀想なことを作者は考えているのでしょうw

    2020年3月29日 07:45

  • 第38話 キミは、長谷川綾という女の子…へのコメント

    とうとう知ってしまいましたか(>_<)

    なんの関係も持たないように。お互いのためにも、そうするのが一番なのかもしれませんね。ですが思ったところで、本当にそうできるかは別問題。いざ彼女を目にした時、果たして平静でいられるでしょうか。

    作者からの返信

    いよいよ知ってしまいました
    知ってしまったからには意識せざるをえませんが、それでももうお互いに触れあわないようにしようと決心した俊にさらなる試練が。

    2020年3月29日 07:43

  • 第38話 キミは、長谷川綾という女の子…へのコメント

    そっとしておくのが一番。そうわかってはいるのに……。
    世の中得てして、思い通りにいかないものです。俊が望む望まないに関わらず、事態は動いてしまうのでしょうか(;゚Д゚)

    作者からの返信

    もうこのままそっとしておくのがお互いに一番だとは思いますが
    それでは話が進みません

    次に俊にはさらに試練が……(>_<)

    2020年3月29日 07:42

  • 第37話 示談金へのコメント

    わー、ドロドロしてきたー。
    蟲を見るような目をした俊が、
    「メス犬め!」と綾に吐き捨てるように言うシーンが浮かびました。

    作者からの返信

    優しい俊はそんなことしませんよ!



    俊「おい長谷川、俺の親父にもやったことを俺にもしろよ!」

    綾「……そんな、高橋くん、そんなことって……」

    俊「いいか? 俺にも同じ事をたっぷりしてもらうからな!」

    そう言い残して颯爽とバスルームに消える俊

    ――数分後、綾の消えた部屋で

    俊「くっ、やった……、これで俺も親父に並んだぜ!」

    2020年3月26日 21:16

  • 第36話 粕谷は親友だからへのコメント

    そのころ粕谷は。
    「(くいっ)誰にも言うなよ、ここだけの話だからな。実は俊の親父が……」

    作者からの返信

    粕谷「実は俊の親父が……僕の恋人だったんだ……」

    俊「知ってたさ。でも俺、言えなかったんだ」

    粕谷「俊は優しいんだな」

    俊「やめてくれよ、これでも傷ついてるんだぜ」

    この夜、無残にも初恋が終わった俊は(粕谷の)実家に派遣風俗サービスを呼ぶために電話を掛けたのだった。

    2020年3月26日 21:12

  • 第35話 弁護士へのコメント

    暗鬱とした気持ちのままで、高橋弁護士事務所を出たのだった……

    作者からの返信

    俊「母さん、そこのグリル高橋でご飯でもたべようか?」

    母「そうねえ、私は高橋蕎麦のほうが美味しそうなんだけど」

    粕谷「僕は高橋ピザがいいなあ」

    2020年3月26日 21:08

  • 第34話 父の逮捕、そしてすべてが変わ…へのコメント

    俊と綾の今後を考えると、
    『フハハハ、捕まった高橋は四天王の中で最弱。我こそが筆頭高橋!』みたいな感じで別の高橋が目の前に現れる展開をひそかに願っています。

    作者からの返信


    高橋父がやられた
    ようだな…
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄
         |
        _|_
       /ミ|彡\
      |<\|/>|
      |  ̄| ̄ |
      ∧ =|= ∧
     /\\_|_//\
     >  ゙ー―-″ <
    `| 高橋兄  |

    フフフ…奴は高橋家
    の中でも最弱 …
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /~三\
       /_三三三ヽ
      |\ヽニヽ/ニフ|7
      ヽ___L_|/
       ヽ三三三三/
     __|\三三∠__
    (||||  Y  |||)
     \||\ | /|/
     / ~|\Y⌒Y//|
       高橋母


    援交で捕まるとは
    高橋四天王の面汚しよ…
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      __/ ̄ ̄\__
      \_fニニ○ニニL/
     |ヽ_| \ / Lノ|
     ヽ_|  ̄ 」 ̄ L_ノ
    ___∧ヽ_ノ∧__
    \  ハ \ ̄/ ハ  /
    (\_/ ヾ_三彡ノ L/)
    `/ 人  |  / |
    / ∧ \_人_ノ| |
        高橋俊

      _(_
      ( ゚ω゚)
      //  ヽ
       粕谷

    2020年3月26日 21:05

  • 第37話 示談金へのコメント

    一気に大荒れになりましたね。昔聞いた話ですが、性犯罪系は地域によっては必ず女性検事が担当するそうです。当然ながら、吊し上げ以上の仕打ちを食らうそうです(^_^;)
    警察も、児童ポルノで行く場合はかなり厳しい態度を取るそうで、なかなか不起訴にならないらしいです。

    父親の逮捕は、冷静に考えたらヤバいですよね。本当に家族にとったらしゃれにならないのですが、今回のケースではさらに悪いことが潜んでいますので、俊がかわいそうでなりません。

    一体どう決着がつくのか。なんだかハラハラしてきました(^_^;)

    ※他サイトの作品、お付き合いいただきありがとうございましたm(__)mあちらの返信やりとりが不明なので、こちらで失礼します。普通にテーマから外れた作品ですが(笑)
    読んでいただきありがとうございますm(__)m

    作者からの返信

    女性検事につるし上げを食らう性犯罪者、これはかなり厳しい取り調べをうけるのでしょうねえ( ゚Д゚) もしかしたら美人検察官にアレコレと責められるプレイを想像するとそういう性癖の人にはたまらないプレイかもしれませんw

    児童ポルノ、かなりの確率で起訴らしいですね……。美人局みたいなことでもない限りほぼ起訴だとか聞きます。俊の父親の相手は結構な不良少女みたいなので、このあと不起訴になるよていなのですが……きっちり社会的制裁を受けて頂きます。ただ逆ギレした父親がまたひどいことを(゚´Д`゚)

    すいません、あっちの作品ホロリときてしまいました! あっちのサイトの返信のやりとり、自分もよくわかりませんw あれ、めちゃくちゃユーザー間のやりとり不便ですよね(笑)



    2020年3月25日 10:17

  • 第37話 示談金へのコメント

    例え法外な値段をふっかけてこようと、相手が未成年である以上向こうが被害者なのですよね。

    そして、もう一人の被害者。三百万も痛手ですけど、やはりそっちの方が気になります。
    当然、あの子なのですよね(>_<)

    作者からの返信

    向こうが十八歳未満でしたら著しい不良行為がなければ保護されるんですよね

    そしてもう一人の被害者、もちろんそうなんです。三百万よりももっと深刻な事態が俊を襲います。

    2020年3月25日 10:11

  • 第37話 示談金へのコメント

    もう一人被害者、それってもしかしなくても……。

    弁護士の先生、一瞬俊の方を見たのは、知っているからでしょうね。俊が事実を知ったら、どうなってしまうのでしょう。
    三百万円より、よほど大きなものを失わなければ良いのですけど(;つД`)

    作者からの返信

    もう一人の被害者はもちろんそうなんです……

    弁護士の先生はそれに気づきました、どうやって俊に言おうかと考えています。三百万よりも恐ろしい事実がこのあと次々と……

    2020年3月25日 10:09

  • 第36話 粕谷は親友だからへのコメント

    粕谷君の存在は俊君の支えになると思いますが、お兄さんにはわかってもらえないようですね(><)

    それにしても、綾ちゃんはどこに行ってしまったのか……
    俊君のお父さんの逮捕、知ってたりすんですかね💦

    作者からの返信

    兄貴と俊は徹底的にわかり合えない仲なんですよね……悲しいけれどこれが兄弟仲の悪い兄弟ということで(>_<)

    このとき綾はですねえ……、綾は綾でいま辛い立場にいます。俊の父親の逮捕はやっぱり知っています。

    2020年3月25日 10:08

  • 第36話 粕谷は親友だからへのコメント

    綾と父親との間に何があったか、もちろん俊は知るよしもありませんね。できることなら、永遠に知らないでほしいのですが:;(∩´﹏`∩);:

    お兄さんからすれば喋ったことは許せないかもしれませんが、こんな時に家族の間で揉めないで。落ち着いて、弁護士の先生の話を聞こう。

    作者からの返信

    綾とのことが知れるのはこのあとなのですが、俊には辛い事実ですね

    兄貴……悪者なんですが、こういう態度をとってしまうのも父親の逮捕があったからで、悪いのは父親なんです……

    2020年3月25日 10:07

  • 第36話 粕谷は親友だからへのコメント

    お兄さん、今は身内で争っている場合じゃないですよ(;つД`)

    粕谷が偏見を持たずに、力になってくれてよかったです。彼なら秘密をバラさずに、支えになってくれると信じています。
    こういう時、本当のことを話して頼れる人がいるのはいいことです。

    作者からの返信

    徹底的に悪者の兄貴ですが、まあ兄弟仲が悪いとこんなものでして

    粕谷はいいやつですよね、偏見を持たずに多分本当に親身になってくれると思います

    2020年3月25日 10:05

  • 第35話 弁護士へのコメント

    真面目だったはずの父が援交。家族のショックははかり知れません(;つД`)

    粕谷には、本当のことを話すのでしょうか?
    どうか俊の支えになってあげてほしいです(>_<)

    作者からの返信

    真面目だと思っていただけに辛いところです

    粕谷には本当のことを話さざるをえません、話さないと罪悪感が増すばかりですから(>_<)

    2020年3月25日 10:04

  • 第35話 弁護士へのコメント

    弁護士の先生に相談しても、不安は増すばかり。心が折れてしまいそうです(>_<)

    だけどここで挫けては、それこそ取り返しのつかない事になってしまいます。お母さんを支えてやらなくてはいけませんし、どうか気を強くもって。

    作者からの返信

    相談したところで逮捕されたものは覆りませんからね……
    そしてその後ろには俊も知らないあのことがありますから

    2020年3月25日 10:03

  • 第34話 父の逮捕、そしてすべてが変わ…へのコメント

    うわぁ……リアル((((;゚Д゚))))

    まさに家族をどん底に突き落としますね……
    こんなん絶対にやっちゃダメだ💦

    そして、俊くん、頼りになる息子です!
    ただ、彼のショックも大きいでしょうから、後から崩れてくるのではと心配です(><)

    作者からの返信

    援交容疑で逮捕されるときなんて呆然としてこんなもんでしょう……という自分の想像ですw

    さて父親のせいで家族がどん底に突き落とされ、それでも健気にお父さんのために頑張る俊ですが、そんな俊にこれからいろいろな難題が降りかかってきます

    2020年3月21日 09:12

  • 第34話 父の逮捕、そしてすべてが変わ…へのコメント

    急展開ですが、俊が思ったよりもしっかりしているのが救いというか。逮捕されたとなると証拠もすでに固まってそうですから、これから大変ですね……

    作者からの返信

    今のところ俊は沈着冷静なのですが、この先俊でさえ冷静でいられなくなる事態がやってきます! これから弁護士を頼んで大変な難局をむかえて……

    2020年3月21日 09:09

  • 第33話 挙動不審へのコメント

    え? 逮捕? え? え?
    悪いことは隠しておけないですねえ´ω`

    作者からの返信

    いま流行の「オッサン&JKモノ」って、あれ全部逮捕案件ですからねw
    あれを楽しんでるオッサンみんな逮捕されちゃえ!

    2020年3月21日 09:07

  • 第31話 ソファーとベッドの一夜 へのコメント

    謎の男タカハシの正体が気になりますね。深読みすると俊のお父さんが出張だというのもなんか怪しく思えてきたり。

    作者からの返信

    謎のオトコのタカハシは……、ご想像の通りです。悲しいお知らせですが(>_<)

    2020年3月21日 09:05

  • 第30話 ラブホテルへのコメント

    ガレージ付きの部屋……室内に車ごと入る感じでしょうかね? ラブホテルってなんか凄い構造なんですね!? 勉強になります!(^ω^)

    作者からの返信

    自分もよく知りませんけれど、ガレージの奥に二回に上る階段があるらしいですよ!

    一階が駐車場、二階が部屋という構造で、誰にも会わずに使えるらしいですよ、自分もよく知りませんけれど!!

    2020年3月21日 09:05

  • 第29話 次の電車が無いへのコメント

    期待通りの寝過ごし♪ 田舎の駅に取り残されるのは怖いですね、ここは俊に頼りがいのあるところを見せてもらわないと! でもなんか危機感なさそうですが。

    作者からの返信

    深夜の電車に乗ったら寝過ごすというテンプレは回収しないといけませんからねw
    さて取り残された田舎の駅、はたしてどこに泊まるのか(^_^)

    2020年3月21日 09:03

  • 第34話 父の逮捕、そしてすべてが変わ…へのコメント

    ……なんかこう……。
    ついさっきまでの、高校生同士の恋愛物語が……。

    一気に、違う側面を見せて、物語が加速して……。

    ってか、これ。奥さん、つらいだろうなぁ……。

    作者からの返信

    今回はほのぼの恋愛から崖の下に突き落としたということで
    なんとか俊と綾には這い上がってきて欲しいです(作者の勝手ですが)

    お父さん……、アンタ分別のついた大人が……

    2020年3月21日 09:02

  • 第34話 父の逮捕、そしてすべてが変わ…へのコメント

    自分達読者からすれば、伏線もありましたし、何よりこれは小説の中の出来事。なのに、物凄いショックを受けています。
    ましてや俊やお母さんからすれば、その衝撃はいったいどれ程のものなのか。

    彼らに何か言葉をかけてやりたいのに、なんと言っていいかもわかりません。無力です(>_<)

    作者からの返信

    何も知らなかった俊やお母さんはショックだったでしょうねえ
    堅い銀行員だと思っていたお父さんならなおさらです

    ただこの出来事が俊と綾の運命を変えてしまう発端になるのですが。

    2020年3月21日 08:59

  • 第34話 父の逮捕、そしてすべてが変わ…へのコメント

    父親の突然の逮捕。事情を全く知らなかった俊やお母さんにとっては、世界が変わってしまったくらい、ショックだったことでしょう。

    しかもこれ、全くの絵空事ではなく、現実に起こりうることだと言うのが……。読んでいてこっちまで、切ない気持ちになりました。
    お父さん、何してくれたんですか(;つД`)

    作者からの返信

    大体早朝にピンポーンと来るのは本当らしいですね
    ウチも早朝にピンポンが鳴ったら何もして無くても緊張してしまうと思います

    援交とかで捕まるのは先生とか役所の人とか、あと警察とか結構堅い職業の人多いですよね、多分その家庭では俊の家と同じ事が……

    2020年3月21日 08:58

  • 第33話 挙動不審へのコメント

    ほんと、こういう親父は許せないですね(゜д゜)

    過去の過ちはともかくとして、せめて綾ちゃんに逃げられた時点でやめればいいのに……

    作者からの返信

    あまりのヒマリさんの怒りにネタバレしてしまいますと
    このオッサンは綾と未遂になってからビビって援交してません
    捕まった原因は綾の前に出会った女の子との一件です……

    それにしても捕まって当然ですからね、社会的制裁を受けてもらいましょう!
    可哀想なのは俊と綾ですが……

    2020年3月19日 08:29

  • 第33話 挙動不審へのコメント

    ……なんで、捕まってんねん……。親父……。

    作者からの返信

    シンジも笑っていられないような父親の逮捕……



    あははははは、父さんなにやってんねん
    これ笑てるんちゃうで、どないやってシメたろかと
    考えてるんやで
       ____
      /     `ー-、
     / フイ/ノ レ ヾ ヾ \
    <    人     ヽ
    /  /|ノ  )Λ ヽ ヽ |
    7ノノノ      \|\N |
    .レN / ̄ヽ   ̄ ̄` 从|
     Λ ⌒ |  ⌒ / ))
     ( Λ ″ `   ″ ノ/
       ̄ \ ヽニフ . /ソ
         ヽ _ / /_
       _/)    L/ヽ_
      / ./ /-- --/ | .ヽ
     /ヽ | |_ノ⌒レヘ|/ |
    / | レヽ  厂/   /  |

    2020年3月19日 08:26

  • 第33話 挙動不審へのコメント

    考えていた最悪の事態が起きてしまいました。お父さん、どうするんですか。いえ、もうどうしようもないですね(>_<)

    続きが気になるのと同時に、これから起こることを想像するととっても怖いです:;(∩´﹏`∩);:

    作者からの返信

    まさか本人も捕まるとは思っていなかったでしょう
    俊にとっても最悪の事態ですが、綾にとっても最悪の事態になりました

    これから起こることはある意味、最悪の事態以上の最悪の事態かもしれません……

    2020年3月19日 08:22

  • 第33話 挙動不審へのコメント

    お父さん……。
    あなたが捕まるだけならいいですけど、息子が大事な時期に、何をやっているのですか。
    家族に迷惑をかけるなー(;つД`)

    作者からの返信

    父親もまさか自分が逮捕されるとは思わなかったでしょうねえ
    やっぱり悪いことはしちゃいけません
    家族に迷惑をかけるようなことは……

    2020年3月19日 08:13

  • 第32話 最悪の……、偶然へのコメント

    偶然とはいえ恐ろしい運命ですよね。こうなると、綾だけが苦しむわけで、当然ながら俊は何もわからないままになるという……。

    この現実にどう決着つけるのか、悶々としながら次章を待ちたいと思います。

    しかし、現実にこんな展開があったらシャレにならないですね(笑)「親父、俺より先に~」と俊が暴走しかねないと思います(笑)

    作者からの返信

    恐ろしい偶然ですけど、今の段階では綾だけが苦しみますよね
    でもご安心下さい、サディスティックな某作者は俊にもキチンと苦しみを与えます!!

    「親父いいい、俺より先に長谷川をぉぉぉ」と暴走するような俊ではありませんが、痛めつけられたあとにはご褒美が待っているもので……(笑)、というこの先の展開な感じです。

    2020年3月17日 20:32

  • 第32話 最悪の……、偶然へのコメント

    五章おつかれさまでした~。
    最悪の偶然って、改札でつまづいたら丁度そこに俊が裸で横たわっていて、たまたまノーパンだった綾とホールインワンだと思ってました(笑)

    作者からの返信

    そんなの最高の偶然じゃないですか!!

    俊「ドキドキ、ここで裸で寝てたら偶然長谷川とホールインワンするんだっ」

    綾「……駅員さん、ちょっとこの人が」

    駅員「あ~、キミキミ。いいモノ持ってるねえ。ちょっとこっちに来なさい、僕とドッキングしよう」

    俊「あーーーーっ」

    こうですか?よくわかりません(>_<)

    2020年3月17日 20:28

  • 第32話 最悪の……、偶然へのコメント

    いや、違う違う違う違う……。
    高橋なんて、ありふれてるじゃないですか。
    違う違う違う違う違う違う違う。

    作者からの返信

    あああ……、夢であって欲しいですよねえ
    ところがどっこいこれが現実。



    あははははは、父さんなんて知らないよ
       ____
      /     `ー-、
     / フイ/ノ レ ヾ ヾ \
    <    人     ヽ
    /  /|ノ  )Λ ヽ ヽ |
    7ノノノ      \|\N |
    .レN / ̄ヽ   ̄ ̄` 从|
     Λ ⌒ |  ⌒ / ))
     ( Λ ″ `   ″ ノ/
       ̄ \ ヽニフ . /ソ
         ヽ _ / /_
       _/)    L/ヽ_
      / ./ /-- --/ | .ヽ
     /ヽ | |_ノ⌒レヘ|/ |
    / | レヽ  厂/   /  |

    2020年3月17日 09:05

  • 第32話 最悪の……、偶然へのコメント

    まさかと思っていたことが現実に(><)

    だからと言って、これは胸の内にしまっておくことしかできない事案ですよね💦
    綾ちゃんの心に何か変化が出てくるのでしょうか。

    第五章お疲れ様でした!
    次章も楽しみにしています(^^)

    作者からの返信

    俊はまだまだ気がつきませんけれど、綾にとっては最悪の偶然に気がつきましたよね(>_<)
    胸の内にしまおうとする綾ですけど、どう考えてもそれは苦しいはずです。その苦しさを倍増させるような出来事がこのあと……(どこまで二人を痛めつけるのかとSな作者がw)
    ありがとうございますm(_ _)m、次章「姉さん、事件です!(高嶋弟)」

    2020年3月17日 09:01

  • 第32話 最悪の……、偶然へのコメント

    やはりあの時のあの人は、俊のお父さん……。

    知りたくなかったですけど、知ってしまった以上、また今まで通りではいられなくなりそう。
    と言うかお父さん、何してくれてるんですか(;´Д⊂)

    作者からの返信

    やはりといいますか、当然といいますか、恐ろしい偶然に出会ってしまいました。
    今まで通りにはいかない綾と、事情が分からない俊。この二人が次に真剣に向き合うのはある事件のあとです。

    2020年3月17日 08:57

  • 第32話 最悪の……、偶然へのコメント

    じゃあ、あの時のあの人はやっぱり……
    まだ100%高橋くんのお父さんと決まったわけではありませんが、状況証拠としては十分。できればこれ以上の真実は知りたくないです(>_<)

    元々高橋くんに言えるようなことではありませんが、より一層秘密にしておかなくてはならなくなりましたね。

    作者からの返信

    最悪の偶然ですからね、もうここまで状況証拠が固まったらいくら綾でもわかるでしょう……。この真実を言える綾ではないので、俊に対してどう接したらいいのか分からずに時間が過ぎていくことになります。

    2020年3月17日 08:56

  • 第31話 ソファーとベッドの一夜 へのコメント

    自分も高橋くんのことは信頼しているので、何も心配はしていません。
    ですがそれはそれとして、彼の精神状態は大変なことになっていますね。果たして今夜は眠れるのでしょうか?(^o^;)

    作者からの返信

    彼は真面目ですから優花を裏切るようなことはできないはずです。それを分かっていて綾も誘惑みたいなことをしたのですが……、まあ俊の心は天使と悪魔が戦ったでしょうねえ(^_^;

    2020年3月14日 10:04

  • 第31話 ソファーとベッドの一夜 へのコメント

    作品のモラルとして、いたさない事は理解できます。
    しかし、それ以外に出来る事はまだまだあるはず。
    例えば綾の使った歯ブラシを使うとか、綾の入った風呂の残り湯を飲むとか、朝起きてベッドの抜け毛をコレクションするとか、とか、とか。

    作者からの返信

    もちろん俊は綾の使った歯ブラシをコソッとカバンにしまいましたし
    綾が寝ている隙に思う存分〇〇〇しましたよ!当然じゃないですか!
    あとは排水溝に引っかかった何かを蒐集したり、綾の寝顔をスマホで撮ってクラウドに保存したり、って、これじゃ温泉のお湯を飲んだミスター藤堂じゃないですか(笑)

    2020年3月14日 09:54

  • 第31話 ソファーとベッドの一夜 へのコメント

    高橋は紳士ですから、変な気なんて起こしませんよね!(^^)!

    綾が復讐を止めたのはいいですけど、好きな男子とこの状況。しかも好きと言えないのは、複雑ですね(-_-;)

    作者からの返信

    俊はいい加減な男子じゃないので、なんとか理性を保ってくれました。
    でも綾にとってはどうしようもない一夜でしたね、果たしてこのあと復讐をやめて彼への思いを断ち切れるのでしょうか

    2020年3月14日 09:50

  • 第30話 ラブホテルへのコメント

    「ようやくか……」(全力待機中)

    作者からの返信

    「タイトル詐欺だったか……」(店じまい中)

    2020年3月14日 09:48

  • 第29話 次の電車が無いへのコメント

    二人は始発まで何処で何をするのか。まさか此処でずっと星を見ているのか。旬のベガと綾のデネブの行く末は。そして大人の大三角形は!

    そしてその頃、彼らを尾行していた影がひとつ……
    ??「(くいっ)」

    という流れですよね °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

    作者からの返信

    俊「見て長谷川、これが僕のベガ。立派だろ」
    綾「え? そうなんだ。私、見たことないから……」

    俊「このベガが今日長谷川のデネブと出会うんだ、素敵だよね」
    綾「でも高橋くん、ベガって一等星だよね。高橋くんのベガって……ホントに一等星?」

    俊「……比べられるんだ、長谷川」
    綾「……まあね」

    ジャパネットたかた社長「ソニーのベガ!!!」

    2020年3月14日 09:48

  • 第28話 模試の帰り道へのコメント

    寝過ごしですか、寝過ごしフラグですよね?
    終着駅まで熟睡からの終電なくなってお泊り展開ですよね?
    え、違います? そうですか、失礼しました……クッ

    作者からの返信

    深夜の電車に二人で乗ったら出てくるテンプレですよねw
    テンプレは美しくテンプレとして昇華することに意味があるのです

    ただ今回は終着駅まで行っていた方がよかったのではないかと……

    2020年3月14日 09:43

  • 第30話 ラブホテルへのコメント

    昔、似たようなことがありましたとコメントしようとして、サブタイトルに釣られてそのまま流れるように次話に行ってしまいました(^_^;)

    羽モノのパチンコばりに、「入れー!」と二人を応援したことに下心はありません(笑)

    ちょっとずつ二人の関係が縮まるのとは裏腹に、この出来事が後に修羅場のフラグになりそうでなんとも言えない緊張感があります。

    単に泊まっただけだとしても、世間は許しませんからね(^_^;)それでも、こういう場面は泊まるのが男の性ですよね!

    作者からの返信

    羽根モノのパチンコww
    たしかに、たぬ吉くんとか、ビッグシューターとか「入れ!!」と念を送りましたがw(特に二回開くチャッカーに入った時には)

    綾と俊の関係が深まる絶好の機会ですけれど、単に泊まるだけなのか、それともムフフがあるのか? いやあ緊張しますねえw

    そして修羅場に向かって物語は着々と進みます……

    2020年3月13日 20:35

  • 第30話 ラブホテルへのコメント

    混乱した時にやらかしがちですが、どう考えても悪手悪手を選んでますよね(^_^;

    パトカーに見つかったのなら好都合、寝過ごして終電を逃した話をすれば、多少は叱られても未成年なら保護してもらえる可能性が高いですよね?
    悪いことをしたわけでもないのにラブホに逃げ込んでしまっては、自分の首を締めているも同然ですよね(^_^;

    まあ、読者的にはおいしい展開なので、いいぞもっとやれ! ですけど(笑)

    作者からの返信

    読者の思い通りに悪手悪手へと進む二人(笑)
    パトカーに捕まったら→補導、と考えてしまうのは高校生なら仕方ないかもしれませんが、そのままラブホに二人で入るのは……(^_^;

    まあ、作者的にもこのままで終わらす訳にはいきませんけど!!

    2020年3月13日 20:32

  • 第30話 ラブホテルへのコメント

    タイトルを見てどうなるかドキドキしましたが、これは思った以上にやばいかも( ; ゚Д゚)

    逃げるべきか、事情を話して分かってもらうべきか……(; ・`д・´)

    作者からの返信

    ラブホテルというタイトルですから、入らずにスルーするとタイトル詐欺と言われかねません!

    警察に捕まるか、それともラブホに入るか……
    まあ、入るんですけどねw

    2020年3月13日 20:29

  • 第30話 ラブホテルへのコメント

    パトカー、間の悪い時に来てくれちゃって(^_^;)
    できることなら気づかれずに逃げるか、パトカーがどこかへ行ってくれることを願いますけど、そう上手くはいかないかな( ̄▽ ̄;)

    作者からの返信

    パトカーから逃げるように入ったラブホですが、どうやら警察は近くを捜しているようです(^_^; 

    ここはもう部屋に入るしかないですよね、どう考えても、ストーリー的にもw

    2020年3月13日 20:28

  • 第29話 次の電車が無いへのコメント

    ようやっと追いつきました☆

    作者からの返信

    つばきさん、追いついて頂きありがとうございますm(__)m
    一応隔日で更新していますので、どうぞごゆっくりしてください。

    2020年3月11日 20:45

  • 第29話 次の電車が無いへのコメント

    終電を逃してもあまり危機感がない綾ちゃん。
    心のどこかで俊くんと長く一緒にいられることが嬉しいのかもしれませんね(*^_^*)

    うーん、でも、こんな田舎だとファミレスやカラオケなど夜を明かせるような場所もなさそうですよね💦
    俊くんの親に車で迎えに来てもらう?
    それはそれで悪い予感しかありませんが……

    作者からの返信

    終電を逃したことより、またもや俊と同じタイミングになったことが嬉しいのかもしれませんねw
    さて、何も無い田舎駅。ファミレスもカラオケも無いでしょうし、俊のお父さんの車で迎えになんてきてもらったら……ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

    2020年3月11日 20:44

  • 第29話 次の電車が無いへのコメント

    ああ、やはり寝過ごしてしまいましたか。
    けど大丈夫、電車が来るまで、たった一晩待つだけです。一年間会えないベガとアルタイルに比べたら、一晩なんてすぐですよ。幸い、一人じゃありませんしね!(^^)!
    ……一人じゃないからこそ、ドラマも起きそうですけど(;^_^A

    作者からの返信

    そうですね、ベガとアルタイルに比べたら一夜のことですからね
    といいつつ、始発電車が来るまでの一晩、この二人はどこで過ごすのでしょうか
    一人じゃないですからね!

    2020年3月11日 20:43

  • 第29話 次の電車が無いへのコメント

    今更ながら出てきたデネブですが、場をなごませるのに思わぬ効果を発揮しましたね。
    さて、問題はこれからどうするか。とりあえず、駅の周りを散策しますか?

    作者からの返信

    場を和ませましたが、電車は来ませんw
    とりあえず駅から出てはみたものの……

    2020年3月11日 20:41

  • 第28話 模試の帰り道へのコメント

    夜の8時まで! そりゃあ寝ますね。綾の心境は見えませんが、知らない場所で1人で受けるより心強かったのでは。優花に誤解されて一悶着のフラグも立ってますね(^ω^)

    作者からの返信

    朝の八時から夜の八時まで試験をしたら疲れますよ~、そして疲れ切って寝てしまいましたw 電車で熟睡してしまった二人に、送っていって優花に誤解されるよりももっと大変な事態がやってきます!

    2020年3月9日 20:58

  • 第28話 模試の帰り道へのコメント

    センター試験の受験科目を一日でやるのは相当大変そうです(^_^;
    自分も模試を受けていたはずですが、一日でやっていたかどうか忘れましたね(笑)

    遅い時間帯の電車で居眠りする二人……もう嫌な(読者にはおいしい)予感しかありません!

    作者からの返信

    自分も受けたんですけど、リスニングとか無かったですし、理科は二科目も受けなかったですし、多分もっと早く終わったと思います(もうかなり前ですからw)

    帰りの電車で寝てしまった二人、もうこれはおいしい展開しかありませんよね!

    2020年3月9日 20:56

  • 第28話 模試の帰り道へのコメント

    「優花に誤解されるより長谷川が襲われるほうが心配なんだけどさあ」

    男気あるれる台詞ですね。綾をしっかり、送り届けてください!(^^)!
    ……と思ったのに、寝ちゃいましたね(^_^;)

    作者からの返信

    あの時自分が送っていっていれば……、という後悔はしたくないんでしょうねえ

    でも送る前に寝てしまいました(笑)

    さて電車で熟睡してしまったら……

    2020年3月9日 20:54

  • 第28話 模試の帰り道へのコメント

    えっ、二人とも寝ちゃったの!?Σ(・ω・ノ)ノ

    時間も遅いですし、果たして無事に帰ることができるのでしょうか? もし帰れなかったら、その時は……(^o^;)

    作者からの返信

    ええ、二人とも寝てしまいましたw

    寝てしまったら誰が降りる駅だよと、起こしてくれるのでしょう?
    このまま行くと、その時は…… 

    2020年3月9日 20:52

  • 第27話 すごい偶然へのコメント

    失恋した綾ちゃんにとっては、こうも俊くんとの偶然が重なるのは複雑でしょうね(^_^;
    優花から奪うつもりがあるならチャンスとも取れますけど、綾ちゃんにそんなつもりはなさそうですし。

    作者からの返信

    綾にはですねえ、彼を奪うつもりなんて(今のところ)無いのですが、こういう縁って一度結ばれてしまうと拗れていくものでして……
    失恋したと本人は思っていても、向こうからやってくる場合もありますし(^_^;

    2020年3月9日 20:51

  • 第27話 すごい偶然へのコメント

    人生にはこんな偶然がたまにありますよね。俊は隣が気になって模試に集中できないに100ガバス。綾の心境が気になります。

    作者からの返信

    偶然が重なって今日一日を一緒に過ごすことになった二人ですけど、この先さらに恐ろしい偶然がガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
    綾の心境は複雑でしょうね、本当は自分の本心を出したいところなのでしょうけれど。

    2020年3月7日 20:54

  • 第26話 失恋したから…… へのコメント

    失恋したからというのは本音かどうか分かりませんが、俊への嫌味も混じっていそう。髪を切ってもそう簡単には吹っ切れないものですよね(´-`)

    作者からの返信

    失恋したからは半分以上本音で、俊への嫌みも混ざってます。まさにその通りです! 髪を切って吹っ切れるなら苦労はしませんよね……

    2020年3月7日 20:49

  • 第27話 すごい偶然へのコメント

    転校してきたヒロインは必ず主人公のとなり。
    休日に街へ出かければ必ず二人は鉢合わせ。
    町内会のくじ引きで必ず二人が温泉旅行に当たる。

    これは偶然ではなく必然ですよねw

    (イン率が暫くさがるので探さないでください…)

    作者からの返信

    遅刻遅刻!といってパンをくわえて出て行くヒロイン
    四国四国!といって杖を持って出ていくお遍路さん
    士郎士郎!といって実は息子のことが心配な雄山

    いろいろと世の中にはテンプレがあるものですw

    (探さないで下さいなんて……、押すなよ、押すなよのダチョウ倶楽部じゃないですか!)

    2020年3月7日 20:46

  • 第27話 すごい偶然へのコメント

    センター試験の模試なんて受けたこともありませんが、全部受けるとそんなにかかるのですね。考えただけで大変そう(>_<)

    すぐ近くに知っている人がいれば、少しは心強く思えるかもしれませんね。

    作者からの返信

    理科を二科目を受ける人は理系ですから、だいたい半分以下になりますね
    結構大変だと思います……

    すぐ近くにいる二人ですが、模試が終わったあとに……

    2020年3月7日 20:42

  • 第27話 すごい偶然へのコメント

    続いていく偶然のことを、縁と呼ぶのだと思います。
    二人の縁は、この先どこに向かうのでしょうね。

    作者からの返信

    偶然も何度か続くと必然ですし、そのうち切れない縁になるんでしょうねえ
    この先切れそうで切れない縁が二人を縛っていきます

    2020年3月7日 20:40

  • 第26話 失恋したから…… へのコメント

    主人公の鈍感さもテンプレでした。
    多分、髪を切って吹っ切ったつもりが吹っ切れてないヒロインもテンプレなんじゃないかなと予想(笑)

    え、エロコメですか?
    何ですかねそれ、よく解りません。

    作者からの返信

    主人公には「鈍感力」(誰の本でしたっけ?渡辺淳一エロ大先生だったと思いますがw)が必要なんですよ! 気づけよ!という読者のツッコミがチカラになるんです(笑)
    髪を切って吹っ切れるなら、リーブ21を必要としている人は人生で何回吹っ切れるんでしょうねえ……(^_^;

    エロコメですか?なんですかねえ、それ。僕にもわかりませんし、書いた記憶もないですよ!

    2020年3月7日 20:39

  • 第25話 涙の意味へのコメント

    怒涛の四章お疲れさまでした。

    まさかの展開でした。確かに高橋という名前はよくありますが、これは意識しないわけにはいきませんよね。

    二人の関係が近づいたところで壁になるという設定もたまりません!正体はなんなのか、若き暴走はどうなるのか、見所満載で後半が楽しみです。もちろん、コメント欄の後半も楽しみです(笑)

    作者からの返信

    怒濤の第四章までお読みいただきまして、ありがとうございます。
    高橋という名字なんてそこらじゅうにいますからね、まさか関係があるとは思えませんけれど、そのまさかが起こるのが物語の世界です!

    後半はいよいよ、若さ故の過ち(byシャア)が起こるのでしょうか?」 それともコメント欄の方が先に暴発するのでしょうかw 

    2020年3月5日 20:20