お金が無いので、VRMMOでキャンプがしたい

作者 結月 眠

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全35話

更新

  1. 第一章:芦谷栞のドタバタな一日
  2. プロローグ:芦谷栞は、感動する。
  3. 1:芦谷栞は、無職である。
  4. 2:芦谷栞は、脱線する。
  5. 3:芦谷栞は、ゲームの中でもお金が無い。
  6. 4:芦谷栞は、逃げ回る。 -1-
  7. 5:芦谷栞は、逃げ回る。 -2-
  8. 6:芦谷栞は、魔女に出会う。
  9. 7:芦谷栞は、魔女と語らう。
  10. 8:芦谷栞は、揶揄われる。
  11. 9:芦谷栞は、VRMMOでキャンプがしたい。
  12. 第二章:芦谷栞の星空キャンプ
  13. 10:芦谷栞は、旅に出る。
  14. 11:芦谷栞は、双剣少女に希う。 -1-
  15. 12:芦谷栞は、双剣少女に希う。 -2-
  16. 13:芦谷栞は、提案される。
  17. 14:芦谷栞は、エルフの店を訪れる。
  18. 15:芦谷栞は、称賛する。
  19. 16:芦谷栞は、低すぎる。 -1-
  20. 17:芦谷栞は、低すぎる。 -2-
  21. 18:芦谷栞は、スキルについて勉強する。
  22. 19:芦谷栞は、スキルを使ってみる。
  23. 20:芦谷栞は、もふもふしたい。
  24. 21:芦谷栞は、双剣少女と対峙する。 -1-
  25. 22:芦谷栞は、双剣少女と対峙する。 -2-
  26. 23:芦谷栞は、狂月級に遭遇する。
  27. 24:芦谷栞は、双剣少女に勝利する。
  28. 25:芦谷栞は、キャンプ候補地の下見をする。 -1-
  29. 26:芦谷栞は、キャンプ候補地の下見をする。 -2-
  30. 27:芦谷栞は、買い物する。
  31. 28:芦谷栞は、料理する。
  32. 29:芦谷栞は、目と舌で味わう。
  33. 30:芦谷栞は、恥ずかしがる。
  34. 31:芦谷栞は、あの日の夜を回想する。
  35. 32:芦谷栞は、分かりやすい。
  36. 33:芦谷栞は、夜明けに語らう。
  37. 34:芦谷栞は、次を見据える。