椿姫の激昂

作者 坂井令和(れいな)

217

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なぜ、美しい彼女の周りから次々と人が遠ざかっていくのか。

考えうる可能性を総動員しながら読み進めましたが、最後のオチまでわかりませんでした。

(物凄く個人的なこというと、ショートショートを結構創る私は、絶対にオチを当ててやるもんねと思って読んでいました。伏線全部見逃してやるものかって)

いや、鮮やかに落とされましたね。
まるで綺麗なまま散ることなく落ちてしまう、椿の落花の如く。

★★★ Excellent!!!

生徒から椿姫と呼ばれる女教師が、なぜ周囲の人が離れていくかの謎に迫る。
究極の自意識過剰女が心の中で「ぶっ殺してやる!」と叫ぶ。

坂井文学では既に定番となりつつある、web小説ならではの(両方の意味で)行間を読ませるレタッチ手法が冴える。

ミステリーと、そこはかとないホラー感、そして爆笑のギャグセンスは、やはり既存のカテゴライズが不可能。

★★★ Excellent!!!

すっごいナルシストでとっても美人な音楽教師の主人公。
彼女は最初こそ周りの人々から好意的に受け入れられますが、すぐにそんな彼らから避けられてしまいます。

こんなに美しいのに何故?

あ……
今、そんなの決まってるじゃん!って思った?
本当にあなたの予想は当たってるかな??

私は当たらなかったよ……
ビックリな真相でした☆

★★★ Excellent!!!

本人視点ではあるものの、美人であることは間違いなさそうな音楽教師。

けれど、彼女の回りには人がいません。最初こそ皆がちやほやしてくれますが、ひとり、またひとりと離れていくのです。

なぜ?
こんな美しい彼女なのに、なぜ?

気になるその理由は――もちろん本編で。

ルビの使い方もお見事です!!

★★★ Excellent!!!

鏡がお友達の主人公。
いつも美しい自分を映す鏡を綺麗にするために拭き拭き。

主人公が美しいのは言うまでもない。だがしかし、なぜか人は主人公と距離を置くようになっていく。

それはなぜなのか。

答えは生徒の足立君がつけた「椿姫」というあだ名にあり!

面白かったです! ぜひ一読あれ!

★★★ Excellent!!!

容姿端麗なのに、何故か同僚や生徒に避けられる先生。
これだけいつも気を使っているのに、何故?
綺麗な顔を見るために、今日も鏡を綺麗に磨く。

そんな自己評価が高すぎる「椿姫」とあだ名をつけられた先生のお話し。

先生の狂気じみた自己評価の高さが怖いですが、最後を読むと、

何故避けられるのか? 
ニックネームに込められた意味は? 

全てに納得です。
ただ納得できても、先生は怖いです(笑)

★★ Very Good!!

 としか表現できない、残念な性格(または人格)の主人公。
 この類の人間は、自分の老後を予想もしなければ受け入れもしない。あたかも野生動物のように、『現在』しか理解しない。いや、野生動物は過去から得た教訓を学習するからまだましか。なにしろ本作の主人公は学習する気すらないのだから。
 まあ、最愛の鏡と生涯を共にして欲しい。
 詳細本作。

★★★ Excellent!!!

是非読んでみてください。読みやすい文章でわかりやすい内容です。
しかし、内容がちょっと怖い話?という雰囲気もありますが、
最後に驚きの展開が。彼女の真実は最初の描写で実は秘密を描いております。
しかし、気づかないですよね。という内容。本編を確認してみてください。

★★★ Excellent!!!

やはりルビづかいが秀逸。

学生時代って、あだ名付けのセンスが抜群の子って、いますよね。
今作は、そんな安達君が、なぜ先生にその名をつけたのか、というところが話題。
美人先生で姫がついていたらプラスイメージ? マイナスイメージ?
さてさて。
椿姫と名付けられた先生の理由は?

★★★ Excellent!!!

ルビの使い方、次々に現れる謎。
ここでも作者のミステリーの醍醐味が味わえます。
いったいどういうこと??と、どうしても謎を解き明かしたくて、先を読む手が止まらなくなります!
謎が解けたあとは、もうすっきり♬
この爽快さ、さすがです!

★★★ Excellent!!!

主人公椿姫はニックネームです。
安達君という生徒が命名しました。
椿姫は音楽教師。
美人でしかも体形維持やファッションに気をつけています。
最強です。
でも、あまり人気が長続きしません。
生徒からも、男性からも、じょじょに避けられてしまいます。
椿姫ってニックネームに秘密があると推理します。
さあ、捜査開始です。