おやすみせかい。

作者 長門拓

ああ、まるでブリキのきこり

  • ★★★ Excellent!!!

2097年1月29日(火)

日記の日付から始まるこの物語は、日記での記載という形で進行していきます。
次第に明らかになる世界観と状況。日記の主の正体。
その日記の主は、自分をあるがままに認めつつも厭世的に感じているふしがあります。
だけどなにも変わりはなかった。自分のもちうる気持ちをけして言葉にはしていないけれど、相手への思いやりや行動で示してくれた。それはとても尊いものだった。オズのまほうつかいの「ブリキのきこり」を思い出しました。とっくの昔に、熱いハートを備えていたんだね、って。
とても静かな物語です。都市の住宅地で迎える新年一日目のような静けさがあります。あなたなりのオリジナルな音を脳に響かせながらこの物語を楽しんでください。思いやりの「音」が聞こえてくるようです。

日記の主はハートをもっているから。
きっとまたどこかでこんな声を聞くことができるでしょう。

おはよう、せかい(✿╹◡╹)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いっさん小牧さんの他のおすすめレビュー 137