猫にゃん様は語りたい

作者 水凪 らせん

71

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 ある意味では贅沢な主人公である。『彼女』とおそろいでクソ真面目でもある。
 そうした観点からすると重苦しさを感じるところながら、猫にゃん様が全てを和らげている。
 およそ恋愛は月の満ち欠けのようなものだが、主人公のそれは常人よりよほど大きくて満ちるのに時間がかかるのだろう。
 詳細本作。

★★★ Excellent!!!

皆木田が嫌いっていってますけど、いますよ、こういう青春を送るやつって。だって青春ですもの。何が正解かわかりゃーしないんです。
しっかりと書ききれているところに皆さんのヘイトが集まるんでしょうね。すごいです。

それでこの主人公くん、こういう人いますよ。すごいですよ主人公は、よく見てる、よく聞いてる、良く心を堪えてる。
結構女性が書くと男性がなよっとしてしまうことが多いのですが、この主人公に関しては本当に男性の心の中を覗き見ているような感じでした。ちゃんと地面に立って動いている、そう感じました。

シリーズものなので前のシリーズから続けて読むといいと思いますよ。作者ページから飛びましょう。

★★★ Excellent!!!

私が勝手にコミカライズして欲しいと思っている作品の一つ、「猫にゃん様は語らない」の別視点作品になります。

こちらでも大変悶えました。
他の人に先を越されてしまった辛さ。切なさ。
そして、なにより人をまっすぐ思う気持ち。
良すぎる……。可愛い!古澤君可愛い!

なにより、この別視点作品を見ると、恋愛云々は抜かして(いいんかい、それで)、頑張っていることを認められなくても、誰かは見ているんだよ、と感じることができて、とてもほっこりします。

この人間ドラマ。アオハルっていいなと思います。
いや〜、アオハルが書きたくなってまいりましたし、もっと読みたくなってきました。

★★★ Excellent!!!

 校舎裏に置かれているちっさい猫の彫刻。それは縁結びの神、その名も猫にゃん様。恋に悩む片想い相手の話を聞くために、主人公はにゃん様のお力(?)を借りることに。

 男子高校生がにゃんにゃんいっているこちらは、先に公開されています『猫にゃん様は語らない』の姉妹編です。

 こちらもまた、かわいいと切ないと青春がぎゅうっとつめこまれてます。さらに、お砂糖がどばぁーっとざばぁーっと追加されておりますよ。ぜひぜひ、前作とセットでお楽しみください。