第2話 かしこまった席で

 佳鳴かなる千隼ちはやの母親寿美香すみかは、子どもを産みはしたが、育てるのには向いていなかった。


 赤ちゃんの頃は、泣いていればあやすぐらいはしたかも知れない。だが佳鳴たちが物心ついたころ、育ててくれていたのは父親の寛人ひろとだった。


 昔から仕事は真剣に取り組んでいた様だが、寿美香にはどうにも親としての責任感というものが欠けていた。


 産んだ子どもを育てるのは親の役目である。衣食住を子どもに与えるのは親の責任である。母親はそれのどれも行わなかった。


 結局寛人が働きながら佳鳴と千隼を育ててくれた。だから佳鳴と千隼はできる限り手伝いをした。千隼が料理の楽しさを知ったのはその頃だった。


 そして千隼が大学を卒業し就職した数日後、寿美香は家を出て行った。


 だから佳鳴と千隼は寿美香をあまり良く思っていない。憎んでいるとまでは言わないが、この先何かあっても寿美香に深く関わる必要は無いと思っている。


 それでもこうしてSOSが来たら行っているのは、単に後味が悪いからである。


 親に対して冷たいと思われるかも知れないが、親子の形というのはひとつでは無い。親とは、子どものころならともかく、大人になれば無条件に好きになれる存在でも、尊敬できる存在でも無いのだ。


 それは親の行動が返っているものなのだ。




 翌日の昼、千隼は家の電話から電話を掛ける。


「昨日の晩母さんからSOSがあったよ。普段は家政婦さんに来てもらってどうにかしているみたいだけど、それが切れたらぐずぐず」


『仕方が無いよ。そういう人だから。苦労を掛けさせてごめん』


「大丈夫だよ。こっちこそ心配かけてごめん。また電話するな」


『ああ。またね』


 そこで通話は終わる。


 相手は父親の寛人である。佳鳴と千隼が煮物屋さんをするために家を出たので、父親も単身者向けのマンションに引っ越してひとり暮らししている。


 両親はまだ公的には夫婦である。離婚はしていない。互いが別に一緒になりたい人でも現れれば離婚もするのだろうが、今はその必要性を感じていない様だ。


 なんとも不思議な夫婦関係だと思う。こればかりはふたりの問題なので、子どもであろうが佳鳴と千隼が口出しをすることはできないと思っている。


 両親の不仲では無く寿美香の育児放棄なので、佳鳴と千隼は寿美香に対して不満を言うことはできる。だがあの寿美香相手だとそんな気も失せる。言うだけ無駄だと判っているからだ。


 だから佳鳴と千隼は寿美香から距離を置くことに決めた。視界に入らなければどうということは無い。


 寛人には、煮物屋さんを始める時に一緒に来ないかと誘ったのだが、少しひとりでゆっくりしたいと断られてしまった。とは言え近距離での別居なので、会おうと思えばいつでも会える。


 寿美香は相変わらずひとりで好きにしている。本人がそれで良いのなら佳鳴と千隼に問題は無いのだ。


 時折入るSOSに応えつつ、適度な距離を取って行けたら良いと思っている。




 とある日、起きて家事などをしていた時、家の電話が鳴った。電話のあるリビングに掃除機を掛けていた佳鳴が出る。


「はい、扇木おうぎです」


『ああ、僕だよ』


「あらお父さん。元気?」


『元気だよ。忙しい時間に済まないね』


「大丈夫。どうしたの?」


『あのね、悪いんだが、店が休みの日に時間くれないかな。千隼も』


「ん、それはいいけどどうしたの?」


『ああ、ちょっとね。まぁ食事にでも行こう』


「分かった。じゃあ千隼に都合聞いてまた電話するよ」


『ああ。よろしく頼むよ』


 そうして会話は終わる。佳鳴は受話器を置くと、キッチンで昼食の支度をしている千隼に声を掛けた。


「父さんが飯行こうって?」


「うん。なんか話がある風だったけど」


「ふぅん? 俺はいつでも構わないぜ」


「じゃあそれでさっそくお父さんに電話しとくね」


「おう」


 佳鳴は置いたばかりの受話器を上げた。




 数日後、煮物屋さん定休日の夕方。佳鳴と千隼は少しばかりドレスアップして某都心の駅に降り立った。


 父親との約束の日である。フレンチレストランを予約したと言うのだ。その連絡を受けた時、電話に出た佳鳴は「え?」と驚いた。


 こうして定休日に寛人と3人で食事をすることはたまにあった。だがいつも居酒屋だった。千隼が探す美味しい店だ。和洋中の違いはあれどどこも手軽に入れる店ばかりだ。当然ドレスコードなど無い。


 だが今日はそういう訳にはいかない。カジュアルレストランということだったが、ラフな格好では行けない。そこで佳鳴は紫色のワンピースを、千隼は淡いブルーのシャツとグレイのスラックスを引っ張り出して来た。


「どうしたんだろうお父さん、もしかして再婚でもしたい人でもできたのかな」


「だったら離婚が先だろ。いくらなんでも離婚と再婚を一緒に言うことは無いだろうし」


「それもそうか」


 千隼と佳鳴はスマートフォンの地図を見ながら少し歩き、寛人に指定されたフレンチレストランに到着する。


 ドアを開けて予約のむね告げると、ギャルソンに奥まった席に案内される。半個室の様なそこに掛けていたのは寛人と、そして寿美香だった。


「母さん?」


 千隼が驚いて声を上げる。佳鳴も驚愕きょうがくで目を見開いた。


「どうしてお母さんも?」


 すると寿美香は苦笑する。


「何、いちゃ悪い?」


「いや、聞いて無かったからさ」


「まぁ座りなよ。私お腹空いちゃった」


 寿美香がそう言って手をひらひらと振るので、佳鳴と千隼は戸惑いながらもふたりの正面に掛けた。


 すると近くに控えていたギャルソンがメニューを手に近付いて来る。見るとワインリストなどのドリンクメニューだった。


「コースは予約しているからね」


「はい。その様に承っております。お飲み物はどうなさいますか?」


 ギャルソンが聞いて来るので、寛人に任せる。佳鳴も千隼もワインにはそう詳しくは無いのだ。


 ギャルソンが一旦下がり、すぐに食前酒を手にして現れる。


 親子は静かに食前酒グラスを軽く掲げた。少し口に含むとミモザだった。


 食前酒が無くなるころに白ワインが供される。テイスティングは寛人が。寛人が頷くとソムリエがそれぞれにグラスワインに注いで回った。


「それではお料理を始めさせていただきます」


 ソムリエがそう言ってその場を去ると、食前酒を飲み切った千隼がワイングラスをさっそく手に取り、ぐいと半分ほどを飲んだ。


「あ〜やっと落ち着いた。で、父さん、今日はこんなレストランまで予約して、一体どうしたんだよ」


「ああそうそう、実はね」


 寛人もワイングラスを傾けて、ゆっくりと口を開いた。


「父さんと母さん、離婚することにしたよ」


 ……ああ、とうとう離婚するのか。不仲では無いと思ってはいたが、佳鳴たちの知らないところで何かあったのだろうか。そもそも別居していてそれぞれ仕事もしているのだから、婚姻関係を結んでいる意味など無かったのかも知れない。


 喜ばしいことでは無い。だが落胆らくたんとも違う。この表現が難しい複雑な感情。佳鳴も千隼も同じ気持ちを抱いた様で、顔を見合わせてしまう。


「でね、父さんと母さん、同居することにしたから」


「はぁ!?」


 佳鳴と千隼は揃って声を上げてしまう。夫婦でありながら別居していて、離婚して夫婦で無くなるのに同居するとは。どういうことなのだろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る