バンソー!

作者 志馬なにがし

すべての登場人物が愛しく思える名作

  • ★★★ Excellent!!!

盲目の美少女と一緒にフルマラソンを走る。
バンソー(伴走)とは二人三脚のようなものだ。

この作品をどうジャンル分けしようか。

スポ根?
ラブコメ?
飯テロ?

強いて言えば、この作品のジャンルは「なにがし」(作者の名前)である。

それほどまでに完成されたテンポとエモーション。

軽い書き味に騙されて、いつしか登場人物全員を好きになっている。

なんという筆力であろうか。

ともかく。
美少女が出てくる胸アツの物語が読みたいなら、この作品は読むべきだ。

早くしないと書籍化して非公開になるかもしれぬぞ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

これを書いているのが二〇二〇年二月三日。その前日、マラソン女子視覚障害クラスで、道下美里選手が二時間五十四分二十二秒の世界記録を樹立したというタイムリーなニュースが入ってきました。彼女は東京パラリン… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 作品タイトルのバンソーとは、視覚障碍者がマラソンを走るときの伴走者のことです。そしてこの物語においては『はまゆうの花言葉』と連なる人生の伴走者という意味につながっていきます。


 主人公は、子供… 続きを読む

飛鳥休暇さんの他のおすすめレビュー 216