菖蒲Ⅸ

 私は人生で一度も嘘を吐いたことがない。


 比喩ではなく、本気で。

 適当な誤魔化しも、誰かのために良かれと思っての嘘も。

 ただの一度だって吐いたことはなかった。


 理由は単純で、ただ嘘が嫌いだったから。


 父はよく私に嘘を吐いていたし、母も同様だった。

 話す言葉の大半が嘘ばかり。その度に私は全身を嫌悪感に塗りたくられたような気分になって、洗面台へと駆け込むのだ。


 父も、母も、あの男も。

 優しく笑う先輩も、初めてできた友人も。

 物心ついた後も、学校へ通うようになっても、私の周りは嘘吐きばかりだ。


 そんな中で、彼だけは違っていた。


 取り繕わず、正直で誤魔化さない。

 一年間付き合ってきたが、彼が嘘を吐くところは見たことがなかった。

 調べれば彼も私と同じような過去を持っていた。傷付けられて、誰かの良いように扱われる玩具。

 だから私と同じように嘘が嫌いなのだ。きっと彼も母親からの暴力と凌辱の日々を送る中で、何度も嘘を吐かれたはずだから。


 だから好きになった。

 精一杯の愛を、彼に与えたかった。

 同じ傷を舐めて、永遠に二人きりの世界で過ごしたかった。

 

 彼もそれに応えてくれている。

 今はまだ色々と受け止められないかもしれないけれど、すぐに気付くだろう。

 私の愛がホンモノで、これこそが愛するということだと。同じ過去を持つ私だからこそ、彼を本当に愛することができるのだと。


 私がかつてそうされたように。

 私がかつてそうしたように。


 今度は失敗しない。


 嘘も裏切りはもうたくさんだ。












 画面に表示されたのは、見知らぬ番号だった。

 

 雪那は少し考えてから、無視することにした。

 仕事上、登録外の番号からかかってくる事はよくある事だ。が、今は休暇中だし、それよりも遥かに重要な問題を抱えている。仕事なんかに構ってられなかった。


「誰からです?」


 イライラした様子で、和葉が訪ねる。

 雪那の自宅、リビングのソファに我が物顔で座る彼女は、相変わらず機嫌が悪そうだ。

 協力すると言った手前邪険には出来ないが、もう少し愛想良くしてもいいだろうと思う。実際言ってやったのだが、効果はこれっぽっちもなかった。


 溜息を吐いて、雪那が答えた。


「別に。仕事か何かだろう。知らない番号だった」

「出なくて良いのですか?私は気にしませんよ?」

「面倒臭い」


 出たら出たでまた怒り出すくせに、とは言わない。

 スマートフォンを少し弄るだけで睨んでくるのだ。こんな小娘に気を遣わなければならないのは気に食わないが、彼女と手を組んでいた方が遥かに明楽を探し出せる確率はあがる。それまではこの程度の屈辱は何てことない。



―――♪



 再び電話が鳴る。

 見れば、また同じ番号からだった。連続での電話に、雪那の頭に血が昇る。要件なら留守電かメールで寄越せばいいのに、ちくしょう。


「…………」


 終話ボタンをタップしようとして、ふと考える。

 普段なら、電話に出れなければメールかメッセージアプリで連絡が来る。客先であれば仕事用の電話番号にかかるはず。であれば、この電話はある種のイレギュラーなのである。


 気になったのは、僅かな胸騒ぎ。

 じろりと視線を送る和葉を睨み返しながら、通話ボタンをタップした。


「もしもし?」

『もしもし、姉さん……良かった、出てくれたぁ……!』

「……明楽?」


 うん、と小さな声で返事をする弟に、雪那は思わず立ち上がる。

 全身が粟立った。ぼうっとした思考は一気にクリアになって、考えるよりも先に言葉で出た。


「明楽なんだな!?今どこにいる?怪我とかないか?電話してるってことは、逃げてきたんだな?」

「は、え、明楽くんからなんです!?」

「黙ってろ、聞こえないだろ!」

 

 和葉にも聞こえるよう、雪那はスピーカーをオンにする。

 電波が悪いのか音質は悪いものの、電話の向こうから聞こえるのは紛れもなく明楽の声だった。


『今、先輩がお風呂入ってて、なんでかスマホを忘れてったみたいで、電話かけてて……!』

「そうか……いや、分かった。時間がないんだな」

「明楽くん、今どこにいるんですか!助けに行きますから、早く教えてください!」

『場所は僕も分からないんだけど、すごく遠いらしくて―――』


 ああもう、と和葉が苛立つ。

 やっと辿り着いたのに、はっきりとした情報が何一つ出てこないのだ。やり場のない憤りが胸中を渦巻くが、それを明楽にぶつける訳にもいかない。

 冷静さを欠いた和葉を制して、雪那は頭をフル回転させて言葉を続けた。


「GPSをオンにしろ。地図アプリか何かで居場所が分かるはずだ。前に出かけたとき、使ったのは覚えてるな?」

『うん。覚えてる、と思う……えっと、これかな』


 電話は繋げたまま、明楽は地図アプリを操作した。

 数秒の読み込みの後で自身の居場所を示した矢印が現れる。画面には小さく住所が表示されていた。


『あった、〇県×市……〇〇町の―――』

「よし、分かった。今すぐそっちに向かうから、お前は大人しくしていろ。いいか、くれぐれもバレるなよ」

『うん……』

「明楽くん、聞こえますか!?そこなら数時間もあれば着きますから!すぐ助けに行きますから、待っててください!」

『うん、わかった……ごめんね』


 言って、和葉はすぐに何処かへ電話を掛け始めた。

 ヘリがどうとか、住所を伝えたりもしている。こういう時はやはり協力していて良かったな、と雪那は痛感した。


「すぐに助けてやるから……待ってろ、いいな?」


 遠くでドアの開く音。

 途端に明楽は電話を切った。きっと菖蒲が戻ったのだろうと推測して、雪那はスマートフォンを握り締める。今この瞬間にも弟が酷い目に遭わされるのではないかと思うと、やり切れない思いでいっぱいだった。


 とはいえ、今はそんな感情に浸っている時間はない。

 居場所は手に入れた。あとは一秒でも早く明楽の元へ向かうだけだ。

 

「居場所は分かった。さっさと行こう」

「ええ。ヘリがもうすぐ来ますから、それで向かいます。気付かれるかもしれませんが、逃げる暇なんて与えません」


 和葉はカバンを手に取った。

 最低限の持ち物だけを手に、早々に外へと出ていく。雪那もそれに倣った。



 ヘリの音が聞こえ始めたのは、ほんの数分後のことだった。













「あれ、もう起きてたのね」


 髪をバスタオルで拭きながら、菖蒲がリビングへと戻ってきた。

 バスローブ姿はやけに妖艶で、言われなければ高校生だなんて気付かないくらいの色香がある。何度も見てはいるが、どうしても慣れない。


 目を逸らした明楽に、菖蒲は可笑しそうに笑った。

 

「お腹空かない?もうお昼過ぎよ」

「いえ、あんまり……あ、いや、そうですね。何か食べたいです」

「……ふふ、おかしな明楽さんね。じゃあ何か軽いものでも作りましょうか」


 バスタオルを首にかける。

 冷蔵庫を開けて、中身を確認。食材は色々あるが、出来れば簡単に作れてつまめるものがいい。


 トマトにレタス。ハムがあって、作り置きのポテトサラダが目に入る。

 すぐに思い付くのは一つしかなかった。


「うーん……そうね、サンドイッチがいいかしら。作り方は―――」


 アプリで作り方を調べようとして、冷蔵庫を漁る手が止まる。

 そう言えばと思い出した。電話をして、スマートフォンを何処に置いた?


 部屋をざっと見回した。

 先ほどまでの自分は何処で何をしていたのだろう、と思い出していく。


 ソファの近くで話して、少しだけ苛立って、そのまま投げたのだ。

 じゃあソファにあるはずだと、そちらを向く。少年が座ってこちらを見ていた。怯えた子犬のような目で、目が合った瞬間に伏せる。怯えるのはいつもの事だったが、何故かそれが気になって仕方がなかった。


 ぱたん、と冷蔵庫を閉めて、明楽のほうへと歩き出す。

 その音に明楽の体がびくりと跳ねた。一歩一歩をゆっくりと踏み締めて歩いてやると、笑えるくらいガタガタと震え出した。それを見て、菖蒲の心に黒く濁ったモノが渦巻き始めた。


「ねえ、明楽さん」


 自分でも驚くくらい、冷たい声。

 はい、と小さく少年が答えた。


「私はね、明楽さんを疑いたくはないの。こうして何度も体を重ねて、ずっと一緒に暮らしてるんだもの。これから先もそう。だから、私たちの間に余計なモノは混ぜたくないのよ」

「…………」


 生まれた疑念は、加速度的に大きくなっていく。

 そんなはずはないと誰かが叫んでる一方で、腹の底にいる誰かが許すな、と耳元で囁くのだ。


「言いたいこと、分かるわよね」


 少年はまた目を伏せた。

 決定的な反応だった。欠片程の小さな疑いは確信となって、菖蒲の心を突き刺した。


 明楽の傍に立って、首を傾げて覗き込む。

 目はまだ合わない。瞬きを一度もせずに、明楽を見つめる。湿った髪が真っすぐに床へと伸びていった。


「ねえ」

「……っ」

「私のこと、裏切ったりしてないわよね」


 耳障りなくらいに少年の歯がかちかちと鳴る。

 心臓は張り裂けそうなくらいに鼓動して、冷たい汗が額を流れている。凝視する彼女の真っ黒な目はまるで化け物のように血走っていた。


「ねえ」

「…………」

「ねえ」

「……裏切って、なんか」

「へえ」

「……本当、です。僕は……」

「そう、なら良いの。嘘吐いたり、裏切ってなければ」


 この期に及んで。


 そう言って、視線はそのまま。

 覗き込む顔はピクリとも動かさず、手でソファを探る。目当てのモノを手に取ると、ロックを外して操作し始めた。


 がたがた、と音が聞こえるかと思うくらい、体が震えている。

 息が苦しい。うまく呼吸が出来なくて、視野がどんどんと狭まってくる。何も言わず、明楽を見つめたままの彼女が、ちらりとスマートフォンを見た。


 にたり、と口元が歪む。

 真っ赤な口蓋が覗く。白く光る歯が恐ろしかった。


「……ふうん」

「……ぁ、っ」

「知らない番号。しかもついさっき。ふふ、バレちゃったわね?」

「ちがっ―――」


 ごっ、と鈍い音。


 火花が見えた。

 ちかちかと光って、一瞬目の前が白く光る。追うように頬を熱が覆い尽くした。


「明楽さんは嘘を吐かないって思っていたのに」


 がん。

 もう一度火花が散る。

 今度は視界に捉えることができた。女性とは思えない力で、握られた拳が振るわれたのだ。首が捻じ切れるかと思うくらい、顔が弾け飛んだ。


「君が裏切るなんて。もう、ほんと最低ね」


 正面から真っすぐに振り下ろされる。

 鼻がぼきりと鳴った気がした。すぐに鉄の匂いがして、視界に赤い液体が飛び散るのが見えた。


「まぁ、もう……仕方ないわね。ホント、馬鹿なんだから」


 何が、とも言えなかった。

 菖蒲はそれきり何も言わず、ひたすら明楽を殴り続けた。

 骨が折れても、血で真っ赤に染まっても、ただひたすらに腕を振った。手が痛むようになったら、今度は足で。少年がぴくりとも動かなくなるまで、ひたすらに蹴り続けた。



―――あーあ。



 ふふ、と笑みが零れる。

 可笑しくもなんともない。ただ何故か、気持ちとは裏腹に笑みが零れた。


 菖蒲はほんの少しだけ涙を流して、彼を寝室へと引き摺って行った。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る