菖蒲V / 少女の回想

 男の名前は憶えていない。

 

 名刺を貰った気がするが、びりびりに破いて捨ててしまった。

 どうせ思い出す気もないのだから、今となってはどうでもいいことだ。面倒だから、ササキとでも呼ぶとしよう。

 

 ササキは、今まで家に来た男たちとは少し……いや、大分違っていた。


 話は面白いし、態度は紳士的。視線は気になることもあったけれど、気安く体を触ろうとしてくることもなかったし、手料理を振舞ってくれたこともあった。

 些細なことかも知れないけれど、少なくとも、当時の私にとっては衝撃的なことだったのだ。

 男なんて、と思っていた私が、ササキにだけはいつの間にか心を許していた。

 

―――許してしまっていた。


 その日も母は不在だった。

 男達を連れて買い物へ行っていた。どうせそのままホテルへ行くのだろうから、家に一人でいる事になるのは分かっていた。

 

 が、ササキは母とは行かず、家に残ると言い出したのだ。

 

 母も興味なさげに「そう」とだけ言い、早々に家を出た。

 私は戸惑ってはいたが、ササキならいいか、と妙な安心感を持ってたりもした。

 

―――これが、私の最大のミス。やり直したい過去そのもの。


 ササキは普段通り、面白い話をして料理を振舞った。

 両手に持った袋いっぱいのお菓子にジュース。海外のジュースだとか言っていたけれど、要はお酒だ。騙されるなよ、と当時の私に言ってやりたいが、今さらどうしようもない。

 

 浮かれた私は、いっぱい食べた。

 たくさん「海外のジュース」とやらを飲んで、気づけば酩酊してしまった。

 

 思考は回らず、言葉もまともに話せない。

 視界はぐにゃりとして気持ち悪かった。

 何かがおかしい、と気付いた頃には、私はとっくにササキの罠に嵌った後だったのだ。

 

「大丈夫。心配ないよ」


 そういって、ササキは私の服に手を掛けた。

 抵抗すら出来なかった私に調子に乗ったのか、ササキの手つきはすぐに大胆になっていった。好き放題胸を触って、何時間も身体中を舐め回されたり。前戯だけであそこまで楽しめる男もそうはいないだろう。

 

 当然、私は拒絶の意思を示した。

 

 必死で体を捩ったり、大声で助けを求めようともした。

 が、力の入らない体は簡単に組み伏せられてしまう。初めて感じる大人の男の力に、私はただただ恐怖を覚えることしかできなかった。

 

 やがて。

 

 ササキは我慢出来なくなったようで、カチャカチャとベルトに手を掛けだした。

 その中から出てきたのは、今思い出すだけでもおぞましい男性自身。

 吐き気と嫌悪感でいっぱいで、私は必至になって抵抗した。

 

「……あッ」


 抵抗する内に、振り回した手がササキの顔を掠めた。

 ネイルが趣味だったこともあって、私の爪はなかなかの凶器だったりする。

 運良く―――いや、運悪く。ササキの頬に、一筋の紅い線が引かれたのだった。

 

 

―――そこから先は、よく覚えていなかった。

 

 

 思い切り殴られたのは記憶にある。

 ツンとした鼻に、鉄の味。びりびりに破られた服と、痣だらけの身体。体の中から溢れ出る液体。

 

 よくもまあ、あそこまで酷いことができると思う。

 そうこうしている内に、私の初めてはあっさりと散らされていった。

 最低最悪の初体験だ。男というものにこれほど嫌悪感を覚えたのは初めてだった。

 

 おまけに、ササキとの行為はこれっきりではなかったのだ。

 

 何度も家に来ては私を犯し、暴力を振るって帰っていく。

 痣や切り傷を作った私を見ても、母は何も言わなかった。ササキがやったと言ったのに、母は「そう」とだけ言ってまた出掛けていく。絶望した私は、結局何年もササキの慰み者になった。

 

 

 ある時、ササキは私にこう答えた。

 「なぜ暴力を振るうのか」と訊いたときだった。

 この頃はもう行為一つでは動じなくなっていて、犯されようが何をされようが構うものか、と鼻で笑えるようになっていた。むしろそれがなければ、物足りないくらいに。


 思えば私は、とっくにおかしくなっていたのかも。

 

「力で相手の上に立てば、何でも言うこと聞くようになるだろ」


 なるほど、と思った。

 力で捻じ伏せてしまえば、誰でもモノになるのか。

 まさに身を以て体験しているだけあって、説得力は絶大だ。

 

 ササキは他にも、いろいろ教えてくれた。

 

「暴力って言っても、相手が嫌いってわけじゃないしな。欲しいもんは力づくで奪えって言うだろ?相手が好きで欲しいからこそ、暴力って力が必要なんだよ。好きなら好きなほど、俺は殴ってもいいと思うわけだ。そうすれば、そいつは俺から逃げられなくなるからな」

 

「他の奴らは真面目すぎんだよ。狂ってるくらいのが丁度良いんだ。相手をレイプしようが攫おうが、愛情の裏返しなんだからよ。ヤった奴を黙らせるくらいじゃないとな」

 

 笑ってしまうような理屈だ。

 それでも、それを体験した私にとっては真理だった。両親に見捨てられ、唯一私に構ってくれたのがササキだったからだ。心が自分を守ろうと、アイツを好きになろうとしたのかもしれないけど、知った事じゃなかった。

 

 私はその言葉を信じ、行動に移した。

 ササキは私を愛していると言った。行為こそ酷いものだったが、それも彼なりの愛なのだ。ならば、私も彼を愛さなければと思った。与え合うのが愛なのだと、どこかの少女漫画の一コマが思い浮かんだ。

 

 ササキの愛は、いつも素手だった。

 殴って、蹴って、首を絞めて、獣みたいに私を犯す。

 とは言っても、私は女の子で非力だ。殴ったところで痛くもないだろう。

 

―――それはダメ。痛みがなければ、意味がない。


 ササキの理論で言うなら、捻じ伏せられなければ愛ではない。愛の深さイコール痛みである。

 愛していればいる程、苦痛がなければならないのだ。

 

 そう思った私は、素手ではなく道具を使うことにした。

 家中を探して、痛そうなものをかき集めた。バット、包丁、ドライバーにハサミ。とりあえずこれくらいでいいかと、私は嬉々としてササキを待った。

 

 

 ササキがやってきた。

 この頃から母は当たり前のように家に帰らなくなっていたから、好都合だった。

 いつものように玄関先で出迎えて、一回。リビングに戻って一回。そこからササキは、私に酒を持ってこいと命令した。

 

 キッチンへ行って、ウイスキーをロックで。これもいつも通り。

 普段と違うのは、友達から貰った薬を混ぜたこと。

 間延びした話し方の変わった友人だ。いろいろ詳しくて、相談したら「これ使ってみるといいよぉ」と二錠くれた。

 

 言われた通り砕いて酒の中へ。

 ササキは疑いもせず、ウイスキーを一気に飲み干した。

 

 そこからは、私がやられた時と違って鮮明に覚えている。

 

 骨の砕ける音。

 肌が裂けていく感触。

 泣き喚く悲鳴。

 暖かい赤の温もり。


 バットで殴って、包丁で刺して、ドライバーを突き立てて、ハサミで切った。

 真っ赤に染まった彼に跨って、嗤いながら腰を振った。

 泣き喚くくらいに喜んでくれたのだから、私は気分が良くなって更に愛情を注いでいった。

 

 私が持てる精いっぱいの愛情を、ササキに注いだのだ。

 

 それから程なくして、ササキは動かなくなった。

 びくびくと痙攣したりはしているが、叫ぶことも逃げようとすることもなくなった。

 面白い話もしないし、以前のように愛を振るってもくれない。サラミのようにスライスしてしまったから、もうセックスはできないだろうけど。

 

 そこでようやく、私は気付いた。

 

 

―――ササキは私の愛を受け止め切れなかったのだ。

 

 

 なんだ、と私は落胆した。

 私は受け止めてきたのに、彼はその器がなかった。それほどまでに私の愛が大きかったと考えると、少し誇らしくもなったりした。

 

 やがて母が帰り、絶叫して家から出ていき。

 何か月ぶりかに会った父が、何か色々言ったり。ササキの処理は早々に済んで、私は家を出て一人で暮らすことになった。

 

 あっと言う間に、私の家は崩壊したのだった。

 

「いきなり愛し過ぎなんじゃなぁい?ゆっくりじっくり、徐々にしていかなきゃねぇ」


 友人はそう言って、私の反省点を淡々と述べた。

 とは言え、総括的には「私は概ね間違ってない。段階を踏んで愛すべきだった」とのことらしい。なるほど、勉強になる。

 

 

 それから何年か経って。

 若気の至りを恥じつつも、私はササキを超える愛を見つけた。

 

 少女のような、可愛らしい男の子。

 聞けば、私と似たような過去を持っているのだとか。その上、母親からの「愛」を受け止め切ったと言うではないか。その話を聞いて、私は酷く興奮した。

 

 

―――この子なら、私を受け止めてくれるかも。



 幸いにも、私たちの仲は順調だった。

 一年かけて普通の関係を築き上げ、愛し合う準備が整い始めたところで。

 

 邪魔者が現れたのだ。

 年下で、美しいと騒がれていた女。

 愛しい少年と同じ学年、同じクラスらしい。あっという間にその女は彼を攫っていった。

 

 当然、許せるわけがない。

 彼は私のもので、私の愛を受け止めてくれる唯一の男性になるのだ。

 横から掻っ攫っていくなんて認められない。ならば、と私は、力づくで彼を奪い返すことにした。

 

 なんて息巻いていたら、チャンスは予想外に早く訪れた。

 どうやらあの女がヘマをしたらしい。悩んでいた彼は、最も信頼できる私の元へと戻ってきたのだ。一年掛けて築いた信頼のたまものだ。運命の赤い糸なんて信じる歳でもないが、この時ばかりは信じてもいいと思った。

 

 そして、今。

 

 ようやく、彼に愛を注ぐ時がきた。

 今度は失敗しない。

 ゆっくり、徐々に。最初は優しく、様子を見ながら愛せばいい。私のすべての愛を、彼に注ぐのだ。

 

「あぁ、楽しみね。今度はヘマなんかやらかさない。一生かけて、キミを愛してあげないと、ね」

 

 高らかに嗤ったところで、私は夢から覚めた。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る