薔薇がこぼれた原稿用紙

作者 剣城かえで

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全22話

更新

  1. 『空の青みを知る井戸住まいの蛙』
  2. 『頒布する本の価格の話と、文章が書けるという力について』
  3. 『読めなかった本の話』
  4. 『満月がいっぱい』
  5. 『喉元を過ぎても、炎のことは覚えていたい』
  6. 『心が減る、という文章を書いたときのこと』
  7. 『白は善良な色なのか』
  8. 『繰り返されるぼろぼろの一冊目』
  9. 『全ての人が、薔薇が咲ける心を持っているわけではないと気づいたとき』
  10. 『「作家志望」と言うことをやめた理由』
  11. 『過去の私は今の私のフォローボタンを押すだろうか』
  12. 『耽美という無謀』
  13. 『チート設定と慢性的な評価不足の話』
  14. 『執着という名を騙る保身』
  15. 『毎日が同じようだと思う原因』
  16. 『ありのままでいられる姿より、誰とでも戦える仮面がほしい』
  17. 『私を2番目にする人に縋らなくなった話』
  18. 『飼っている訳ではない猫と過ごした一年のこと』
  19. 『女子高生に私の小説を読んでほしい願望』
  20. 『紅茶なのに、ブラックティー』
  21. 『学校は自己肯定感を食い荒らす』
  22. 『生活の匂いがしない仕事』