第54話 間諜

 少女は、物売りの葵であった。


「止めてくれるな」

 親忠が割り込んできた葵を突き飛ばす。葵は土壁に身体を打ち付け、その拍子に、深めに被っていた布が外れた。

「い、痛っ」

「す、すまぬ、唐糸殿」

 慌てて葵に近づいた親忠は、そう言った。驚いた巴が、葵の顔を覗き込む。

「か、唐糸殿……」

 葵は、白粧もせず眉も描いていないが、言われて見れば、よく整った愛らしい顔立ちで、確かに唐糸の面影がある。

「このくらい平気よ。もう、せっかくうまく隠せていたのに……六郎殿が名前を呼び間違えるから、わかっちゃったじゃない」

 葵こと唐糸は、少し頬を膨らませて親忠を睨む。その口調や表情は、確かに唐糸のものである。そこで巴は、『物売りの葵』の印象が全く残っていないことに気付いた。『葵』は、極力、人の記憶に残らぬよう振る舞っていたのだろう。

「唐糸殿が、葵殿……」

「ええ、『物売りの葵』なんて最初からいないの。私の変装。知られてしまったからには、仕方ないわね。でも……彩女さんだけには、内密にしておいてくださるかしら、巴殿」

 すっかり正体を顕した唐糸は、雅な笑みを浮かべる。とても、人にものを頼む態度は思えない、勝ち気な言い草であった。

「彩女だけでいいのか」

「ええ、いずれ冠者殿や山吹殿、四郎殿達にはわかることだもの。でも、彩女さんや他の下女達に知られるのは、ちょっと困るのよ。今回、助けて差し上げたのだから、貸し借り無しってことでどうかしら」

「それは有り難いが……別に、私のために割って入ってくれたのではないだろう」

 割って入った時、唐糸は、「私は認められない」と言ったのだ。それは唐糸が、何より自分自身のために割って入ったということである。

「巴殿には敵わないわね。じゃあ、全部話すから、それでいいかしら」

「どうせ、いずれは皆に知れることを」

「ふふっ、それはどうかしら」

 微笑を浮かべた唐糸は、そっと妻戸を閉じ、『物売りの葵』の話を始めた。


 唐糸は、その父小室光兼の命で、物売り姿であちこちの館に出入りし、情報を集めているのだという。

 これまでは、義仲の嫡妻が誰になるのか、山吹以外に、本当に他の誰にも可能性がないのかを探っていた。隙あらば、唐糸を送り込もうとしてのことである。

 宴の席で巴に揺さぶりを掛けたのも、そのためであったのだ。

「内緒話は、こういう塗籠とかでしないと駄目よ、巴殿。海野殿の館、それも山吹殿のお部屋なんて、盗み聞きし放題だもの」

 唐糸が、可愛らしく首を傾げる。

 言われて見れば確かに、海野の館は人の出入りが多い。山吹の居室も仕える下女達が出入りし、人払いをしたと言ってもせいぜい廂や簀子縁までである。その外を歩く物売りの一人や二人、近づいたところで、誰も気にしないであろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます