第11話 抱擁

 現れたのは、義仲であった。

 見たところ供もいなければ、馬も連れていない様子である。

「冠者殿、何故このようなところへ……」

「お前を、探していた。春風がいなくなっていたからな、多分ここだろうと思ったのだ」

 そう言って義仲は、口の端を上げる。

「申し訳ございませぬ。今から、戻るところです」

 巴は、無断で外出したことを詫びた。本当は、気付かれないうちに戻るつもりだったのだ。やはり、春風を走らせるべきだったかと、少し悔やむ。

「何も、咎めに来たのではない。ただ、話がしたかった」

 義仲がそういうのなら、自身の不在が問題になることはないだろうと、巴は安堵した。

「話、ですか。それでしたら館に戻ってからでも……」

「それでは、誰に聞かれるか分からんからな。だが、もういい」

 今度は、晴れ晴れとした笑顔を見せた。

 義仲の言葉に、巴は首を傾げた。こんな朝早くから、何の話だったのだろうか。しかも、館で帰りを待つのではなく、探しにまで来たというのに。

「用が、済んだのだ」

 そう言うと義仲は、巴を優しく包み込むように抱き寄せた。

「か、冠者殿、このようなことは……」

 突然の行動に、巴は動揺する。胸が高鳴りを覚え、二つの手が小刻みに震えた。

「巴、お前の気持ちが聞けたから、もういいんだ」

 柔らかな声が、耳をくすぐる。けれども、話を聞かれていたことを知った巴は、さらに驚き慌てた。

「聞いて、いらしたのですか」

「しっかり、聞こえたぞ。俺ばかりが、気持ちを押付けていたらどうしようかと、少し不安だったのだ。いや別に、お前の忠義を疑っているわけではない。ただ、忠義だけなのか、それとも別の感情も持っていてくれるのか、それが不安だったのだ。巴は、何も言ってくれぬからな」

「言えるわけ、ないではありませぬか」

 巴は義仲に体を預けると、そっと囁いた。


――巴、ともえ……

 自分を呼ぶ、低い声。以前と同じはずのそれが、全く違うものに聞こえる。その甘い響きが耳に届く度、心の内に温かいものが広がり、全身が優しい感覚に包み込まれる。遠乗りに行こう、弓矢で勝負だ、珍しい漢籍が手に入った……ほんの些細な用事でも、それが兄達の同席するものであっても、自分に掛けられる誘いの声が嬉しい。

 けれども巴は、極力自身の感情を表に出さないよう、努めた。義仲が巴を誘う頻度は、元より兼平達に対するそれと同じであったし、巴もまた、家臣の一人として、常に付き従ってきた。今まで通りであれば、傍目には、何の変化もないように見える。そのはずであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます