歴史上の人たちがTwitterのようなものを始めるようです

作者 文屋旅人