始まりの、音

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

アオハルだ!これはアオハルだ!!!

  • ★★★ Excellent!!!

大人からすると部活ってもうそれだけで「良いわねー、青春ねー」って感じなんですけど、当の本人達は「あっ、いま私青春真っ只中!」とはあんまり思ってないんですよね。選手としての伸び悩みもそうですけど、人間関係!これです。先輩とのしがらみ、同期のやっかみ等々。

好きで始めたはずなのに、それ以外のことが面倒になって嫌になって、それでだんだんその競技すらも楽しくなくなったりして。

しかーし!
そんな時、主人公の芽衣ちゃんに転機が訪れるわけです。

そこの彼女、剣道やってみない?

いや、結構です、となるはずが、あれよあれよとやれ見学だ、竹刀握ってみんさい、振ってみんさい、ですよ。

そこからはもう押し寄せてくるわけです。青春の波がね。アオハルウェーブがね。
恋も始まっちゃったりして、もどかしくてね。

剣道も応援したい、始まったばかりの恋も応援したい。甘酸っぱいアオハルストーリーです!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

宇部 松清さんの他のおすすめレビュー 567