始まりの、音

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

77

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 高校生活って、どんなです(した)か?

 このお話は、中学まで実績を残してきたバレーボールをやめた主人公が、高校で新しい部活動にチャレンジするお話です。(初々しい恋愛もあるよ!)

 アオハル!な題材ですが注目したいのが、主人公が部活動を続けたいと思える理由への気付きと、素直な(が適切な表現なのか悩ましいですが)主人公の入部による先輩方の関係性の変化です。
 こう、なんというか、優しいのです、雰囲気というか全体的に。作者さまのお人柄なんでしょうね。

 部活動や学校生活に閉塞感を感じている生徒のみなさんはもちろん、いろいろ壁が多いであろう社会人のみなさんにも読んでいただきたいのです。
 きっと、なにかのきっかけになる、そんなお話です。
 

★★★ Excellent!!!

ひょんなお誘いから、剣道部に入る羽目に?なった主人公。
個性豊かな先輩たちに囲まれ、どうなることやらとハラハラしながら読み進めていくうちに、あなたも気が付きます。

これが眩しすぎる青春小説なのだと!

最初は部活動まっしぐらに進んでいくのかと思っていましたが、こんなに可愛い恋の物語まであったとは!

すでに完結していますが、剣道の腕を上げていく主人公の様子も読んでみたいと願わずにはいられません。

★★★ Excellent!!!

中学時代、バレー部で活躍していた主人公。しかし先輩との関係などで悩み、「もうバレーはしない」と決める。そして高校で出会った部活は……剣道部!!

といっても半ば強引に誘われて、あれよあれよと入部までいってしまいます。
さらに試合に出ろと言われて……

部活に恋に友情に、まさにアオハルが詰まった作品。

個性強めの先輩たちに囲まれて、戸惑いながらも成長していく主人公は等身大の魅力たっぷりで応援したくなると同時に、共感の嵐で心はワクワクドキドキで読み終わった瞬間、ぶわあっと肌艶がよくなった気がしました。すべすべになった気がするっ。

若返りの力もある本作。おすすめです。

★★★ Excellent!!!

大人からすると部活ってもうそれだけで「良いわねー、青春ねー」って感じなんですけど、当の本人達は「あっ、いま私青春真っ只中!」とはあんまり思ってないんですよね。選手としての伸び悩みもそうですけど、人間関係!これです。先輩とのしがらみ、同期のやっかみ等々。

好きで始めたはずなのに、それ以外のことが面倒になって嫌になって、それでだんだんその競技すらも楽しくなくなったりして。

しかーし!
そんな時、主人公の芽衣ちゃんに転機が訪れるわけです。

そこの彼女、剣道やってみない?

いや、結構です、となるはずが、あれよあれよとやれ見学だ、竹刀握ってみんさい、振ってみんさい、ですよ。

そこからはもう押し寄せてくるわけです。青春の波がね。アオハルウェーブがね。
恋も始まっちゃったりして、もどかしくてね。

剣道も応援したい、始まったばかりの恋も応援したい。甘酸っぱいアオハルストーリーです!


★★★ Excellent!!!

バレーボールの試合でミスをした桃山芽衣。
新しく入った高校ではバレー部に入るのをためらいます。
さて、主人公の桃ちゃんはどんな学園生活を送るのでしょうか。

この物語、前半は剣道の防具のつけ方、竹刀の握り方、独自のルールなどが自然に無理なく頭に入ってきます。
周りの先輩も個性派ぞろい。
後半になると、桃ちゃんを中心とした恋愛小説になります。

青春っていいな、と素直に思わせる爽やかなお話でした。

★★★ Excellent!!!


 主人公が高校に入学して、剣道部に入部するところから始まる学園小説です。
 剣道を知らない新入生が、入学と同時に剣道部に入部します。

 物語は、入部、試合、文化祭、クリスマスと、大雑把にわけると四部構成。春から冬までの出来事を、その季節、その場面を切り取るように起きた事件にスポットをあてて描かれています。高校のころは、そういえばこんな感じだったなぁ、なんてちょっと懐かしく思いながら、主人公と一緒に一喜一憂。
 物語のなかでは、突飛な出来事とか大事件とかは起きないのですが、その割には出てくる先輩たちは個性的で、かえってリアリティーがあります。

 読んでいて、ちょっと学生時代を思い出してしまい、ノスタルジーに浸ってしまいしまた。

★★★ Excellent!!!

中学時代、大事な試合で力が及ばず、バレーボールから距離をとった主人公・芽衣ちゃん。
高校生になった彼女が勧誘されたクラブは……。
なんと、バレーボールとはまったく違う剣道部!

武骨で無口だけれど頼りになる蘇芳先輩、そつなくアドバイスをくれる椿先輩、モデルみたいに美人な桜宮先輩など、素敵な先輩達に囲まれて始まる芽衣ちゃんの高校生活は!?

剣道についてもしっかりした知識を元に書かれている本作。ぜひお読みください!

★★★ Excellent!!!

バレー少女だった主人公は高校に入って剣道に出会います。
熱気の伝わる試合の描写には引き込まれます。分かりやすく書いてあるので、剣道をまったく知らない私でも存分に楽しめました。

そして、先輩との恋。胸きゅん必至。

まさに青春です。ベッドの上でアラサー女(私)を悶えさせたこの小説!笑
ぜひ一読くださいませ!

完結寂しい(;A;)笑

★★★ Excellent!!!

訳あって、中学まで続けていたバレーをやめた主人公、芽衣。そんな彼女が高校に入って出会ったのは剣道の世界でした。
元々作者様が剣道経験者だけあって、その説明や描写が非常に丁寧。初心者である芽衣に教えるシーンもあるので、剣道のなんてよく知らないと言う方でも、芽衣と同じく、その魅力を知ることができると思います。

それともうひとつの見所が、先輩との恋。惹かれていく様子が、時に切なくなる姿が、見ていて本当にキュンキュンします。
アオハルだ。こんな青春送りたかった。そんな気持ちにしてくれる作品です。

★★★ Excellent!!!

過去に自分のミスでバレーの試合に負けて、厳しい先輩から責められて、コートに立てなくなった女の子、桃山芽衣。

そんな彼女が高校に入って出会ったのは、なんと剣道。
辛い過去を持つ剣道初心者の彼女は、個性豊かな剣道部の先輩達と一緒に、新しいスタートをきっていく。

剣道部で汗を流す姿。そして胸キュンなラブが見所の、青春ストーリーです!
さあ、竹刀を振るって、始まりの音を奏でましょう!

★★★ Excellent!!!

 高校生の春、ヒロインはバレー部での失敗を悔み顔向け出来ない先輩を避けていたら……隙を突かれて剣道部に勧誘されてしまう。

 弱小サイズの剣道部は濃厚メンバー!!

 あれよあれよと興味がないはずの「剣」の「道」に!!

 歩けば香り立ち、誰もが振り返る美少女の先輩に、クールマッチョな先輩、インテリイケメン先輩と……

 あぁ!私も誘われたい♡青春したい♡