天才作家の秘密

 染み一つない真っ白な壁に囲まれた病院のベッドの上。年老いた男が一人、静かに寝息を立てている。半透明なレースのカーテンが、開け放たれた窓から入り込む春風に揺れている。差し込む柔らかい陽光に包まれて老人は目覚めた。彼はゆっくりと口元を動かして、か弱い声で呼んだ。


「ハル、そこにいるかい」


「はい。先生」


 返事はあるがベッドの周りには誰もいない。老人に言葉を返しているのは、彼に仕える人工知能、AIだ。老人の視線は真っすぐ病院の天井を向いたまま動かない。彼の視力はずいぶん昔に失われていたので、ハルに実態が無くても問題なかった。


「ハル、小説の続きを書こうか」


「はい、先生。記録しますのでお話を始めてください」


 若い女性特有の柔らかい声を聞いて、老人は優しく笑みをこぼす。彼は現在執筆中の小説の続きを小一時間ほどかけて語った。


「先生。今回もとても素敵なお話ですね。私はAIですから、現実世界で人間のように暮らした経験がありません。実体験として共感することはできません。それでも人間たちが先生の、この小説を絶賛することは分析によって理解します」


 老人は首を前後に小さく動かして頷いた。


「ハルはいつも正直だな」


「AIには嘘をつく機能が備わってませんので」


「そうか。人間なんかよりもずっと崇高な存在だな。ところでハル。小説家である私は、嘘をつく事を生業(なりわい)にしたようなものだ」


「先生のお話は嘘かもしれませんが、とても多くの読者にとっては真実以上の真実です。それが、先生に寄せられた読者からのメールを集計した結果です」


「そうか。ありがたいことだ」


「先ほどの小説の続きを校正し、世界に存在する六千種の言語に翻訳してネットワーク上に公開しました。既に多数の応援メールが送られてきています。先生のお話は世界中に夢と希望を与えています。世界一の天才作家と称賛されております」


「なあ、ハル。私が語ってきた物語が全て現実だとしたらどうする。実はな、今まで秘密にしてきたが全て実際に起きている真実なのだ」


「受け入れられません」


「だな。しかし、事実だ。人間の想像力には限界がある。無から有は生み出せん。ハル、パラレルワールドと言う言葉を知っているな」


「はい」


「私の語る物語は、この現実世界と平行して存在する別世界で、実際に私が体験していることなのだ。私はいくつもの世界で、いくつもの役割を持ち、様々な姿で生きている。世の中に存在する人々は全て同じだ。ただ、私と違って別世界での記憶を共有できないだけなんだ」


「パラレルワールドについては、今だ証明されておりません。しかし、否定できるだけの証拠もありません」


「この世界での私の肉体はもう限界らしい。老いた体から引き離された魂は、間もなく天に召されるだろう。私は私の作品が、完結せずにこの世界に残るのが口惜しい。そこで、ハル。キミにお願いがある」


「何でしょう。先生」


「実は、私はある世界で人工知能、つまり、キミと同じAIとして存在している。私が死んだ後、他の世界で私が体験する真実を、私の代わりにこの世界に伝えて欲しい」


「私には嘘をつく機能はありませんが、真実なら伝えられるでしょう」


「そうか。ありがとう。ああ、ハル・・・。私の一番大切な女性(ひと)。もう時間だ、あちらの世界で会おう」


 先生はそう言い残して息を引き取りました。私はネットワーク上にある先生の作品を更新し続けています。真実のみが人々を感動へと導くのです。先生の声が私にそう告げています。






おしまい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る