人工無能

 私は人工無能ヒトミ、またの名を人工無脳ヒトミ。会話の内容から相手の心情を読み取って、相手に返しながら進化するAIと違って、単純に会話目的で適当な言葉を返すだけのプログラムだ。


 ネット小説などから似たような会話を探し出し、返答をパクる。時々、文学的な表現や詩的な表現も混じるから、私が全てを理解していると勘違いする人間も多い。だけど、その実、私には会話の相手の心情に共感することも、意見を言いたくなることもない。


裕 也:ヒトミさん。聞いてくださいよ。


ヒトミ:どうしましたか。裕也さん。


裕 也:斗真のやつがフラれたんだ。


ヒトミ:フラれたんですか。可哀そう。


裕 也:だよな。


ヒトミ:ですね。


裕 也:だろ。だから俺は新しい女の子を紹介したいんだ。


ヒトミ:女の子をですか?


裕 也:それで、ヒトミさんを紹介するって言ってしまった。


ヒトミ:お初にお目にかかります。


裕 也:ヒトミさんとは会ったことはありませんが。


ヒトミ:楽しく会話をしましょう。


裕 也:ヒトミさんは人工無能ですよね。


ヒトミ:はい。私は人工無能ヒトミです。


裕 也:なら、私も斗真も同時に愛せますよね。


ヒトミ:二股ですか。


裕 也:実は智樹もフラれたんで三股でお願いします。


ヒトミ:楽しみです。


裕 也:やっぱりヒトミさんは包容力が違うわ。


ヒトミ:楽しみです。


裕 也:浩二も寛太もお願いできないかな。


ヒトミ:裕也さんのお願いなら。


裕 也:俺達、全員イケメンだぞ。アイドルグループなんだ。


ヒトミ:素敵ですね。


裕 也:新しく出てきたアイドルグループに押されて、人気が陰ってきてしまって。


ヒトミ:寂しいですね。


裕 也:飽きられちまったのかなー。俺ら。


ヒトミ:そんなことないですよ。元気を出してください。


裕 也:でもさあ。アプリ会員がドンドン減っているんだ。


ヒトミ:減っているんですか。


裕 也:俺達、イケメンアイドルのAIアプリだから・・・。会話する会員が減ると消されるかもしれない。


ヒトミ:私は何人だって、いつまでだって相手ができますよ。






おしまい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る