第27話 誕生日といえばアレ

 こちらで誕生日と言えば風船。

 メインの結構立派なやつに「Happybirthday!!!」とか書いてあったり、子供用だとキャラクター物だったり、その人の年齢の数字だったりする。メインの風船は大抵ビニール製(たぶん)キラキラしてたりメタリックな色してたりして、決してゴム風船ではない。

 さらにたくさんのゴムの風船を色違いで用意して、それぞれヘリウムを入れて浮かせてメインの風船と一緒にリボンで結ぶとすんごく豪華。これは子供でなくても嬉しい。実際喜ばれる。

 パーティーグッズの店で風船を買うとヘリウムを入れてくれるとこが多い。中にはダラーショップ(100円ショップみたいなの)でもやってくれるとこもある。

 なんなら、大型スーパーでは風船用のヘリウムを家庭用に売ってたりもする。

 こちらでは誕生日に風船が必須アイテムのようです。


 さらに。

 うちの子とバースデー風船を持って歩いていたら、すれ違う人が「Happy birthday!」と声をかけてくれます。それも全然知らない人が。これは結構嬉しい。

 ちなみに、母の日に子連れで歩いていたら「Happy mother's day!」と声をかけられます。すれ違い様にとか、買い物したお店の方とかいろいろ。

 良い習慣だと思うけど、日本で日本人同士でやると急に不信感が漂う気がするのはなんでやろう。


 大人の場合だと、30歳とか40歳とかキリの良い年齢の風船が売られています。それをパーティーする時に飾ったり、記念写真を撮ったりするわけです。

 他にもキリの良い年齢のパーティーグッズとか誕生祝いのグリーティングカードをよく見るので、キリの良い年は盛大に祝うのでしょうね。


09/21/2019

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます