ディアナは全てを救いたい。

作者 國信

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主要キャラの本音と建前による思惑が丁寧に描写されているので、行動に納得できます。だからこそそれらがどう着地するのか、展開が予想できません。

 元女神だがその記憶は無く、今はまだ周りに流されている天才美少女の主人公。
 母を見返すために騎士を目指していて、大好きなはずの主人公に嫉妬してしまう親友。
 娘を守るために地位を捨てて地方の下っぱ騎士を演じる、主人公の父親。
 他国との戦争を控え、王都から勧誘に来た騎士団長とエリート騎士。
 そしてなぜか主人公を助ける、他国から送り込まれた正体不明の暗殺者。

 メインストーリーのゴールはあらすじにもあるように「異世界の神を倒す」なのでしょうが、まずは主人公の身の周りのキャラを厚く描いて動機付けをしているという印象です。

 そんな序盤の段階でも和むような日常パートあり、緊張感のある戦闘シーンもありで、とても読みごたえがあります。単なる異世界無双ではなく人間ドラマです。

 魔法ファンタジー好きならオススメで、一応欠点をあげるなら場面転換が多いかなと思いました。

★★★ Excellent!!!

転生を司る女神、ディアナは人間の世界に介入してしまった罪により、最高神からとんでもない仕事を押し付けられる。
かつて地上に逃走した神の一柱を倒すこと。
そしてディアナは人として世界に産まれることになるが……
巧みな心情描写、練られた設定、どれも一級品でした。
良作発見!