亜麻色の髪の彼女は僕にしか見えないようです

作者 tsugumi

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

不思議な美少女に翻弄されつつ、惹かれていく主人公の現代劇。
都会の情景や、登場人物の心理描写がとってもリアル且つ自然。絡むミステリアスさや大人の恋愛の機微などの配分がこれまた絶妙で、ぐいぐい引っ張られていきます。

主人公のもどかしさや不器用さなど、毎話毎話突っ込みたくなるので、コメントが出来ないのが寂しいです笑

★★★ Excellent!!!

 主役の彼は階段から落ちて頭を打ってしまいます。
 目覚めたのは当然の如く病院。誰も居ないはすの病室に高校生くらいの美少女が居ました。
 どうやら彼にしか視えないその少女。
 幽霊!? かと思いましたが、何故か触れます。
 しかし、確かに彼にしか視えない。
 彼は退院後、同窓会へ行くことになります。そこで少女の正体の片鱗が見えて来ます。 
  
 大事なことなので、もう一度書きます。
 彼に視えているのは美少女です。しかも触れます。
 因みに、会話も出来るんです。
 
 この不思議な美少女の正体を知りたい方は読んで下さい。最初から読んで確かめて見て下さい。