昼間の三日月 貧乏の度合い

@yokobamart

第1話 昼間の三日月 貧乏の度合い

飯山美宇は、三十歳になった。

三歳の子供を最新のイタリアのスーパーカーブランドのバギーカーに載せて保育園に向かう。

私は、なんでこんなに貧乏な生活をしているのだろう?

なんで、お金のことを、始終考えていなければならなくなったのだろう?

と考えるのである。

 彼女は、男には魅力的な中肉中背、中学、高校、そして大学、と一貫校に通い、一貫して青春を好き放題に謳歌してきた。気がついたら、こうなっていた。祖父母が資産家であった、というか、むか~し昔からの山や田んぼがいきなり都市開発、高速道路開通、私電開通によって知らないうちに資産になったのであって、何でも何があっても、金払えばいいんだろ?と、人を小バカにしたような、全員おバカ経済の住人である。無尽蔵に、いっぱいあると思っていた資産が、自然に減り続け、遺産相続とともに、全てを失うこととなった。旦那の方も似たようなもの。なんもしない、能力も知識も人望もないまま親の後を継いで、ごますりだけを命がけでする周囲の人のもと、親の会社の社長になった。こちらも、会社自体を、社長の椅子を、かなり優秀な番頭的な側近も、全て失った。旦那は、自分で、頭悪いといっているので、相当頭の悪い奴ではある。進学の受験のための勉強をしたこともなく、生き抜くための就活もしたことがない。親の会社に雇ってもらわなければ何も出来ない。社会にとって不用品でしかない。ところが、プライドだけは、ずば抜けて高い。先祖代々、貧乏人の教養なし、道徳なしではあるが、人の困るを敏感に察知して、それにつけこみ親兄弟であろうとむさぼってきた一族。

 美宇は、子供の学費を銀行の秘密の口座から降ろしておいたのだが、お昼には、ドコドコのフレンチのお食事会、とか、何々ホテルのランチ、とか、バイキングお試し会とか、なんやかんや、見栄の張り合い、付き合いで使ってしまった。納入期限が、明日に迫っていたのである。

 美宇は、今までお金に困ったことなんて今迄にない。お金は有るところにあって何処からか湧いてくるものだと思っていた。


ここで、貧乏の度合いと、金持ちの度合いを話してみたい。

 一時、流行った貧乏な人、金持ちの人の生きていく為の考え方、生活感を解くものではない。そして、金持ちになる事を礼賛らいさんするものでもないし、貧乏を卑下ひげするものでもない。どちらにしろ、よく言われる、あなたは、幸せですか?でもありません。

貴方の隣に居てくれている人は、本当に幸せですか?を問いたいのです。

 金持ちを礼賛したり、お金の為に、人のうんこを舐めて、お金を一枚ずつ舐めるような生き様を解いてはいないのです!そして、あなたの想いはかなう、夢は実現する物、とか言いません!


あるカリスマ的経営者のお話です。

とあるバカ坊ちゃん社長が、そのカリスマ経営者へ相談しました。

私の周りには、ブンブンと、ハエのような奴ばかりですよ!

訴え困惑うったえこんわくした顔をした表情で嘆き呟きました。その時に、そのカリスマ経営者は、その社長に言いました。

それは、あなた自身がうんこだからですよ。ハエや、ウジばかり集ってくるでしょう?と、言われたとか。

 まずは、ビンビンの貧乏の度合いから考えましょう。最強の貧乏は、遺伝性の貧乏。生まれた時から貧乏で、それは何の努力、好きに生きていれば代々受け継がれてゆくものです。

 貧乏で、教育のないままで、ただ、ただマンガチックにくっつき、子供を作ってしまうと、しつけ、教育に影響がでてしまうのでしょうか?親となった自分達が、道徳心が無いうえに、道徳も知らなければ、礼儀と仁義を間違えている。親が、どうしようもない人格しか持ち合わせがない者だから、教育学を学んだ先生達も、この子を教育し、しつけようとしようものなら、この子の親たちが何をしでかすか分からない。だから、教育しない。しつけない。見えないふり。

 教育されてない、道徳のない者同士では、気が合う。結婚する、子供が出来る。貧乏のスパイラルにはまって、自分達も気が付かない。しかし、金持ちの遺伝はないに等しい。余程の悪党は別として。

 金持ちは、時代のエリートたちの転覆によって変わってしまう。公家から、武士へ、武士から軍人へ、そして、軍人から、鬼畜へ、悪党へと移り変わる。エリートたちは、教養と道徳があるので自分を犠牲にしてしまう。前代のエリートたちが人の為に死んでいったため、その家族も食うに困る。その時、鬼畜は、食い物と、食うに困った人の持っているものを交換して、蓄財してゆくのである。戦後、第二次大戦後であるが、焼け野原、それも戦死して帰ってこない人達の土地を、ワシの物だ!と言って勝手に登記してゆくやからが、大金持ちになっていったのだとか。このように人の物、親の物、兄弟の物、友達の物などを奪い取った金持ちは、金持ちとしては遺伝しない。次の世代で、教養なく道徳のない馬鹿なその子供たちに食い散らかされるのである。親が困ろうが、兄弟が困ろうが絶対に、手に入れたものを渡さない。身内を助けるどころか、骨までしゃぶって奪いつくす。こんな父の息子たちは、土下座までして、親からお小遣いをもらう。勉強などしている時間はないし、教養も道徳も必要ない。奪い取る、それが生きる知恵である。こんな金持ちは続かないのであろう。これが、二次的貧乏。

 そして、三番目の貧乏は、突然理不尽りふじんな貧乏。これは、親が、突然亡くなったなどという場合である。本人は、この世に神も仏もない、と思っているであろうが、居るのである。貧乏神という神様。しかし、もともと、教養とか、道徳とかある方々であるので、突然の悲しみは、なかなか去ってはくれないかもしれないが、諦めない限りは幸せな人生は復活するでしょうね。

 美宇は、目の前を、トボトボ歩いている、スラッと背の高い、黒のバーバリーらしきトレンチコートを着込んだサラリーマン重役風の男に声をかけてしまったのである。

あの~、すみません。お金貸していただけませんか?なんでもしますので・・・

などと言ってしまった。言ってしまってから美宇は、慌てた。

いえ、あの、なんでもないです。

 生涯で、初めてそんなことを言われた男は、まじまじと美宇をみつめた。

お困りの様ですね?いくらくらい必要ですか?

男は聞いてきた。美宇は、顔を俯せながら赤らめて小声で答える。

あの、三十万くらいなんですが・・・

かなり男は驚いた。 

は?なんか、高級娼婦みたいですね?今時、ドバイの王族相手の娼婦なみですよ。で、取り合えず、今はおいくら必要でしょうか?

十万くらいかな、‥それくらいか・・・・、困り悩みながら、美宇は、答えた。五十代らしき、自分の旦那とか親族と同じ匂いのする、裕福そうなその紳士は、手招きをして、部屋に行けば十万くらいは置いてあったと思うな。あとは、今の時代カードローンとか、何とかあるでしょう?

しかし、美宇は、

ちょっとそういうのは、持ったことがないので・・・

と答えるしかなかった。ず~っとゴールドやプラチナカードは持ってはいた。それを出せば何でも出来た。だから、それがなくなった今、現金経済しか知らない。

 美宇は、相手の品の良さと、唐突になんてこと言ってしまったのか?という戸惑い、恥ずかしさで、頭が混乱していた。ただ、呆然と男について部屋に上がった。 海辺のマンション街にそびえる、高層マンションである。子供とともに、バギーカーごと、男の部屋に入った。

1LDKではあるが、かなり広い。窓越しに東京湾が望める。

ちょっと、キッチンお借りします。

と、美宇は、子供用のミルクを造りにキッチンに向かった。こぎれいなアイランドキッチンもある。使っている気配はないので、独身なのか?と、哺乳瓶にお湯を注ぎミルクを造り、フィルター越しの水道水で冷まし始めた。男の手が、美宇の胸をまさぐり始めた。

あの、ミルク飲まして、寝かしつけてからで、ね。いいですか?

と、こちらも子供をあやすようにあしらった。やはり、男である。やることはやるのだ。

昼間に三日月が、ゴミ焼却炉の煙突の真上に見える。半分かけているので、上限?とか、下限?とかいうのであろう? 月の形は半分である。半分が消えてなくなっている。誰にも見られないように、薄い光を反射して、薄い白色である。空は、雲一つない青である。半分身を隠した。月は、恥ずかしく、誰にも見られたくないように、薄くぼんやりと白を浮きだたせていた。消え入るように。やがて暗闇となる空で輝くのをまつ。何時か輝き、貧乏を克服する。道徳を重んじ、貧乏の連鎖を断ち切る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます