【FREEDOM × HELL】―全てがタスク化された世界で―

作者 音乃

121

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クオンタムと呼ばれるAIが統治する未来。

人類はクオンタムが選定したTodoリストによって、予めその日の行動が決定されていた。

服装、振る舞い、感情表現。何もかもがクオンタムの意志によって決められ、それに反する者は”ある残酷な刑”に処されることになる。

そんな世界で生きる主人公の男は、ある日クオンタムから逃れようとする一人の女性と出会う。

しかし、それが彼の人生を大きく狂わせてしまうことに……。



以上が本作の大まかなあらすじです。AIによって自由を束縛される未来。まさに現代の我々からすれば、恐ろしいディストピアであると言えるでしょう。

「自由」。これほど人類が古来から憧れる言葉はありません。人類が農業を始めたのは狩りのリスクから自由になるためですし、革命は圧政者の支配から自由を勝ち取るために行われてきました。それだけ、人類は自由と言うものにこだわりを持ち、逆に「不自由」というものを忌避してきました。

しかし、SFとはそうした従来の当たり前の価値観に疑問符を突き付ける文学でもあります。

本作『【FREEDOM × HELL】―全てがタスク化された世界で―』は、まさに「自由」というものの価値に疑問符を突き付ける作品なのです。



自由であることは、どのように行動するかを自己責任をもって選択することでもあります。自己責任と選択は切っても切り離せるものではありません。

ところが、人はそんな自己責任を負うことからも自由になりたがることがあるのです。

私は元来意思決定というものが苦手で、恥ずかしながら誰かに指示を出すよりは、誰かの指示に従う方が楽に感じることがあります(もちろん、ろくでもない指示であればその限りではありませんが)。

おそらく、そうした人は一定数いるでしょう。自らの意志による選択とは、選択した結果の責任を負うことであり、誰もその肩代わりはして… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

AIがなんでも指示してくれる環境。
これ最高じゃん!
友達も恋人も就職も全部決めてくれる。
あとは指示通りに動くだけ。

進路に悩むことも、結婚したくて悩むこともなくなる理想的な世界。

そんな世界にも1つ落とし穴が。
指示に従いたくない感情が芽生えた時にどうすればいいか・・・


現代社会へのアンチテーゼが見事です!

★★★ Excellent!!!

最高峰の知能レベルを持つAI〈クオンタム〉により、人類は統治され、自らの意思を失った。物語の人物であることを自覚しながら生きていくような、そんな世界のお話。
予想のひとつ上を行くような冷たいまなざしに貫かれた結末は、現代を生きる私たちに呼応する感覚を残します。面白かった!

★★ Very Good!!

とてもリアリティのある物語だなと思いました。
近年におけるAIやロボットの技術の発展はめざましく、人類がうかうかしていれば実際にこのような未来もあり得ると感じました。

逆に、もしこの物語を十年前に読んでいたら単なる「絵空事」だと感じていたと思います。
また、もし来年にこの物語を読んでも、印象が変わる可能性があると思います。

この作品は、「今」「この時代」だからこそ楽しめるのです。
ぜひ新鮮なうちに読んでみてください。

ラストの展開は奇抜さを感じますが、それを納得させるだけのリアリティがあります。特に「肩がぶつかって舌打ちをする」というような細部の描写が最高にぞっとしました。

物語の展開については、駅のホームで捕まる男の存在が重要だなと感じました。
ここで『刑』についての情報を小出しにしているからこそ、ラストの展開に「そうきたか」と思えるのです。
途中で回想が入って来たり、物語の組み立て方がうまいなと思いました。

また、先を読ませる設定や、ハラハラする展開もあり、とてもバランスの良い作品です。

★★★ Excellent!!!

内容はタイトル通り
【FREEDOM×HELL】つまり自由×地獄
そして
すべてがタスク化されている世界のお話である。

主人公は毎日用意されたタスクを処理して生きる。
なんの疑問も不便も感じず……しかし、ただの一度も?

AI【クオンタム】が人々を統括する世界で、タスク通りに生きて来た主人公に、タスク以外の判断が迫ったとき、運命の歯車が回り出す。

自由とは地獄とは生きると言うことはどういうことなのか。
SFだからこそできる現代社会に生き行く者たちへの問題提起が、ここに在る。

★★★ Excellent!!!

これはあり得そうな未来の話です。
この話を読んで私たちは考えないといけません。


『どうやって生きていくのか』と。


AIに全て決められる時代。
AI《クオンタム》によって送られてくる『ToDoリスト』をこなすだけの毎日。1つでも違った行動をすると、“処罰”される。
そんな世界で巻き起こされる、生き方と自由のあり方。

全てを読み終わった時、私は怖くなりました。
このまま行ったら、間違いなく人間はAIの手のひらで踊らされる、と。

だからこそ、私たちはこの先のことを考えなくてはいけません。
読めば何かしら考えることになります。
是非、一読を。

★★★ Excellent!!!

近未来のSFストーリー!

AIに全ての行動を指示される人類。
人々は自分で考えずに楽な生活を送っており、
もしも、AIの言う通りの行動をしなければ、とある罰を受ける事となる。

主人公はAIの作り出した楽な生活を満喫していたが、突然死に分かれた妹そっくりな女性が現れ一変する。

彼女は、なんとAIが送ってきた予定とは異なる行動を要求してきた。

果たして、主人公はAIとどう向き合うのか?
そして、ラストに待ち受ける運命とは?

是非ご覧ください!

★★★ Excellent!!!

大人になると決められたタスクに沿って、ロボットのように完璧に動きたいと考えてしまうことがあります。
この作品は、だったらどうなるのかという問いかけをSF作品にまとめています。

本作品のテーマはAIに支配される世界ではなく、意思決定を放棄した人間の惨めさなのではないかと思います。

主人公の中に沸き上がる葛藤、そして終わり方。
いろいろな意味で余韻を残してくれました。

★★★ Excellent!!!

すべての行動をタスク化された未来の話です。目覚めたらまずはタスクを確認しなければなりません。この中にはジャムの種類や誰かにぶつかられるというものまで。なんだ、なんだ。ここまで細かく指定されるものなのかと思いつつ、それがかえって物語のリアルさを醸し出しています。

主人公に起こることは全てタスクに入っているはずなのに、想定外の出来事がおきます。

ハラハラしながら読み進め、最後まで予想を裏切られました(いい意味で)。