聖夜の贈り物

作者 辻 褄

54

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 他の方々も仰るように、視点が変わるなかで物語が展開していきます。さらっと描かれた残酷描写――その絶妙なバランスが、猟奇的な事件のえぐさを表現しているといっても過言ではございません。
 この作品を拝読するたびに狂気が付き纏っていて、戦慄と常に背中合わせでした。ただ1話1話が短いため、テンポは速めとなっております。

 簡潔した文の中に写実的な恐怖を植え付ける。それが辻褄さんの持ち味です。



 自分の中で気に入った人物がいるのですが、それはおもちゃ箱の中へ……

★★★ Excellent!!!

いろんな登場人物が入れ替わり立ち替わりで、目まぐるしく話が展開していきます。
あえてそうしているのでしょうが、人がバタバタ死ぬわりには会話が淡々と進行していきます、そこが却って不気味です。
まったく先が読めない。
どういう終わり方をするのか気になってしかたないです。
あ~~、気になる。