月夜に輝く少女リリアと六神龍

作者 玉瀬 羽依

55

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公・リリアは幼い頃に両親を亡くし、花屋を営むミリアに育てられた。穏やかに暮らしていたリリアだったが、ある日レイウェンという青年と出会い、リリアの運命が大きく動き出す…!

不思議な力には光と闇、二つの属性があり、魅力的なキャラクターたちが技をくりだすシーンが好きです。とてもかっこいい!コンビネーション技にも注目です。

黒幕の歪んだ想いによって世界の均衡が崩れていく…リリアたちの力で救うことができるのか?

わくわくする戦闘シーン、恋模様にもドキドキします。面白かったです。温かい文章で紡がれるファンタジー世界をぜひ堪能してください!

★★★ Excellent!!!

花を愛でる娘、リリア。
彼女は母と共に穏やかな日々を過ごしていたのだが……

ある時、貴族のレイウェンと出会う。

レイウェンは、ずっとリリアを探していたのだと言うがその実像は?

失われた記憶と、不思議な守る存在たち。そして光と闇の二属性の力をめぐる運命の歯車が――今、回り出す。

個性豊かな仲間たちと、壮絶な過去。それでも前に進むリリアの胸にあるのは、大切な人たちを守りたいという強い思いなのかもしれません。
全てを包み込む光と闇。それらの間で揺れ動く娘は、未来を掴み取ることが出来るのか?

あたたかな空気感に包まれた本作、是非。