カフェオレと君と私

作者 きつねのなにか

少なくとも二回は読みましょうか。

  • ★★★ Excellent!!!

二回、もっとでもいいんだけど、少なくとも二回。

そうしたらわかると思うんです。
プレゼントを贈った彼の、その言葉の深さが。

一回目、しみじみカフェオレのほろ苦さを味わって、二回目。彼の帰ってきた意味がわかったら、もう涙が止まらないんですよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水凪 らせんさんの他のおすすめレビュー 256